GSX-S125 新型スペック 日本での発売日や価格は?

GSX-S125

東京モーターサイクルショー2017で初めて、国内のスズキファンにお披露目されたGSX-S125。

そんなGSX-S125のお姿やスペックを紹介し、最後には日本での発売日や価格についての予想を紹介したいと思います。


スペックの前に


GSX-S125
http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/products/gsx-s125/#photos



やはり、スペックを知る前に大事なことがありますね。それは、見た目です!この好み次第で、バイクを大切に出来るか?安全に乗り回せるか?が決まると思います。

私の中での第一印象は、カマキリのようなバイクです。正面からのお顔立ちがカマキリのようだと連想したというのもあります。しかし、それだけではありません。カマキリは草原におけるヒットマンです。その名の通り大きなカマを持ち厳つく見えるカマキリは、緑生い茂る草原においては緑色の姿で溶け込み、枯れ葉生い茂る草原では茶色の姿で風景に溶け込みます。

このGSX-S125も同じです。ストリートファイター特有の人を寄せ付けない独特の怖さを連想させますが、緑生い茂る田舎風景にもビルが立ち並ぶ都会の風景にも馴染んでしまうデザインとなっています。



GSX-S125の主なスペック


GSX-S125

国内向けの細かな仕様変更となる可能性もあるので、ここでは、主なスペックだけを紹介します。

車長×車幅×高さ 2020×745×1040(mm)

250ccクラスのGSX250Rが 2085×740×1110(mm) です。車幅や車高がほとんど違いません。なので、250ccクラスの車両と見間違うほどの大きさですね。


シート高 785(mm)
車重 133(kg)

GSX250Rの178(kg)と比較して45(kg)も違います。これは、女性一人分もの重さが減量されていることと同じです。これで、GSX250Rの二気筒に負けないポテンシャルを発揮してくれることが期待できます。


エンジン 水冷4ストロークDOHC単気筒
ギア 常時噛合式6速

GSX-S125の目立った機能


GSX-S125

キーロックシャッター


原付でたまに見掛けることがありますね。これは、鍵穴を無理矢理壊して、エンジンスタートさせて盗む手口に対抗したものだと思います。盗まれる時は、盗まれますが、盗難防止としてはあって欲しい機能ですね。

キーレスシリンダー?(GSX-R125)


GSX-R125
http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/products/gsx-r125/#photos



GSX-S125について調べていると気になるGSX-R125。こちらの海外仕様のバイクには、なんと、キーレスシリンダーがついています!バイクにキーレスと知った時は、驚きました。

最近では、キーレスの車をよく見かけます。自動車学校でさえキーレスのところがありますよね。自動車学校でプリウスしか運転したことがない友人が、父親の所有する車の鍵を挿したまま固まるような現場を見たことさえもありました。

公開されているGSX-R125も車と同じように、ポケットに鍵を入れておくだけで、ハンドルロックが解除されてエンジンスタートができるようになります。このキーレスシリンダーがGSX-S125にも標準装備されることに期待したいですね。

ABS 2018年の新車より標準装備?


GSX-S125

バイクの免許をお持ちの方であれば、誰しもが一度は経験するブレーキロック。転倒にも繋がるブレーキロックの恐怖は、突然の急制動を無意識的に妨げてしまうこともあります。そのブレーキロックを機械的に抑制するシステムがABSです。

原付二種においては、CBSと呼ばれるものもあるそうです。CBSもABSと同様にブレーキロックを抑制する装置で、前後どちらかのブレーキをかけると残りのブレーキに対して最適な力でのブレーキをかけてくれるそうです。

公開されているGSX-S125は海外仕様であるためABSが搭載されています。これとは別に国内仕様でのCBSも発売される可能性が高そうです。

日本での価格と発売日予想


日本仕様でのGSX-S125は海外仕様の主なスペックそのままで、販売されると思います。キーロックシャッターと盗難抑止アラームが標準装備で販売され、発売時期次第でABSとCBSは標準装備かオプションとなると思います。

以上から、気になる価格はメーカー希望小売価格で¥400000ではないかと思います。ただ、150ccのジクサーが¥316400ということから、価格は40万円を下回ることも予想されます。

また、発売時期については、2017年の終わり頃から来年の頭のほうでの発売になると予想しています。この発売までの期間が一番わくわくしてたまらないですね。

これからバイク日和な時期がやってきますが、他のバイクに浮気をせずにGSX-S125の情報を追い続けましょう!

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.02.18

中古バイクの上手な選び方

中古バイクの選び方:排気量別(原付・125・250・400cc・大型・スクーター )

2017.12.01

中古バイクの選び方:走行距離の目安(原付・125・250・400cc・大型 )

2017.11.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる





複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービス! ⇒ バイク比較.com


メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA