GSX-S750 ABS 2018年新型 インプレ 発売日や価格は?

GSX-S750 ABS 2018

2017年に国内販売を開始したGSX-S750 ABSは、欧州や北米では2018年モデルが発表されました。

日本国内市場では、マニアックなバイクとして根強い人気があります。その魅力と2018年モデルGSX-S750 ABSのインプレ、発売日や価格に関する最新情報をお伝えします。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2018年モデル 新型 GSX-S750 ABSの主な変更点


GSX-S750 ABS 2018
引用元:http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/products/gsx-s750/



欧州や北米から先行発表されたGSX-S750 ABSの2018年モデルは、じつは日本国内では未だ正式な発表がありません。

まずは海外モデルとして公開された、新型のカラーリングをご覧ください。


GSX-S750 ABS 2018
GSX-S750 ABS 2018
GSX-S750 ABS 2018

これらカラーリングを見て、お気付きの方もいるかと思います。2017年モデルとして国内販売されているカラーリングと非常によく似ています。

現段階では、国内仕様に関する情報は公開されていませんが、海外モデルとは違ったカラーリングがラインナップされるでしょう。


GSX-S750 ABS 2018

デビューイヤーから間もないこともあり、エンジン仕様や走行性能に関する装備やスペックにも変更はなさそうですね。

フロントフォークのアウターチューブやホイールのカラーリングが変更になる可能性はあります。

2018年モデルのGSX-S1000がブラックの引き締まった仕上がりになっていたことから、同様の仕様を踏襲するかもしれません。

2018年モデル 新型 GSX-S750 ABSの発売日


GSX-S750 ABS 2018

発売日についても明確な情報がありませんが、新型SV650・新型GSX-R125が発表されはじめています。

これらのことから、2018年モデルは2018年3月から4月ころには発売されるでしょう。

2018年モデル 新型 GSX-S750 ABSの価格


GSX-S750 ABS 2018

予想新車価格:¥969,840

先行発表された海外モデルの2018年仕様は、国内販売された仕様と大きな仕様差がないことがわかりました。

カラーリングのみ変更のマイナーチェンジとなることが有力ですので、前年モデルから据え置きの価格となることが考えられます。

いまでは希少になったマルチエンジン搭載モデルを100万円以下で購入できるのは、購入を決める大きなポイントになりそうです。

2018年モデル 新型 GSX-S750 ABSのインプレ


GSX-S750 ABS 2018

V型2気筒エンジンやパラレルツインがスポーツバイクの主流となってから、長い時間が経ちました。

750ccクラスのマルチエンジンは、正直に言ってマニアックなジャンルです。どどうして600ccと1000ccの中間を敢えて選ぶのか??

600ccの魅力である中高回転域を意図的に使う楽しみと、1000ccクラスの低速域の力強いトルク感を両立させたのが、750ccクラスのマルチエンジンの醍醐味として好まれているからでしょう。

ツーリング先の市街地では、繊細なクラッチワークを必要とせずに、力強いトルク感がゆとりのあるライディングをサポート。

さらに高速道路やワインディングなどでは、ワイドなアクセルワークでバイクを操る楽しさを体感できます。


GSX-S750 ABS 2018

フロント重量の軽いネイキッド仕様ですので、フルカウルモデルよりも軽快なコーナリング性能とハンドリングが爽快感を演出。

市街地やワインディングでは、自分が上手くなったと錯覚するほどライダーの感覚にダイレクトに反応します。

しかし高速道路などでは走行風をモロに受けてしまうため、疲れやすい一面も。しかし防風性に特化したハイスクリーンを装着することで、解決できるでしょう。


GSX-S750 ABS 2018

2017年モデルから主なスペックを踏襲することが予想されます。

設定されるシート高は、820mmと日本人にも優しい足つき性を実現。初心者の方や女性のユーザーでも安心できる仕様に。

燃費性能は、リッターで29,3km/Lとマルチエンジン搭載モデルのなかでは優れた性能を発揮。ハイパワーなエンジン性能との関係性をみれば、優れたコスパを実現していると言えます。

エンジン回転数を使い切ってバイクを操りたいベテランライダーから、扱いやすいエンジン性能を求めるエントリーライダーまでおすすめできるバイクです。

2018年モデル 新型 GSX-S750 ABSの最新動画




まとめ


GSXシリーズのスポーツ性能をネイキッドモデルにパッケージングした仕様は、幅広いライダーに最適な仕様と言えます。2018年モデルの国内仕様はカラーリング変更が期待されています。

スズキらしさを踏襲しつつ、都会的なシチュエーションにもフィットするハイセンスな仕上がりが発売されることでしょう。メーカーからの正式な発表が待ち遠しいですね!

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.04.18

中古バイクの上手な選び方

中古バイクの選び方:排気量別(原付・125・250・400cc・大型・スクーター )

2017.12.01

中古バイクの選び方:走行距離の目安(原付・125・250・400cc・大型 )

2017.11.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA