ヤマハ マグザム250 新車価格や中古相場は?(年式・型式)

マグザム250

2005年に販売を開始したマグザム250は、これまでのビッグスクーターの概念を覆したアウトサイダーです。

2017年に新たに施工された新排気ガス規制の影響もあり、惜しまれながら生産終了となりました。しかしその人気は中古車市場へと移り、現在も人気車種となっています。

マグザム250の魅力を探るべく、型式別の特徴や市場の価格相場などをご紹介したいと思います。


マグザム250の魅力


マグザム250
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/maxam/index.html



アメリカンバイクのようなゆとりのあるライディングポジションを採用し、特徴的なローアンドロングフォルム。

グランドマジェスティ250と共通のDOHC水冷単気筒エンジンを搭載。力強いトルク感がシティユースに最適な走行性能を発揮しています。

このエンジンの特徴はパワフルなエンジン性能だけでなく、優れた耐久性と低燃費性能にもあります。

国内外のカスタムメーカーから多くのカスタムパーツがラインナップされているのも魅力の一つ。バイクに個性を求める方に最適な1台でしょう。

マグザム250の型式別の特徴


マグザム250

2005年のデビューイヤーから2017年に生産終了までに、大きく分けて2つの方式が発売されました。それぞれの特徴を整理していきましょう。

SG17J


マグザム250

2005年から2006年まで生産されたSG17Jの大きな特徴。それはフロアボードやステップボードなどのインナーパーツが、FRP素材そのままのカラーリングとなっていることです。

マグザム250は一貫して大きな変更がありません。そのため中古車購入時の初期コストを抑えたい方は、この初期型を狙うと良いでしょう。

SG21J


マグザム250

後期型となるSG21Jの特徴は、インナーパーツがボディーカラーに合わせて塗装されていることです。

空前のビッグスクーターブームから、インナーパーツを塗装するカスタムが多くあったことを受けて、メーカー出荷時に塗装して販売することになりました。

当時施工された新排気ガス規制をクリアするため、二次空気導入装置を装着し、エキゾーストマフラーを変更。ルックスを大きく変更することなく、クリーンな仕様となりました。

マグザム250の中古車選びの注意点


マグザム250

中古車市場には、ライトカスタムからフルカスタムまで点在しています。安全性を損なうカスタムや故障を引き起こすようなカスタム車輌には注意が必要でしょう。

エンジンや足回りを外装で大きく覆っていることから、購入時に状態確認をしづらいです。外装が綺麗でも必ず足回りからエンジン周りをチェックしてください。

年式不明の車輌が多く販売されている傾向があります。メンテナンスノートや修理履歴を確認できる書類を確認しましょう。

ビッグスクーターの駆動系や外装パーツの修理が後から必要になると、高額の修理費がかかる可能性もあります。

マグザム250の新車価格


マグザム250

新車価格:¥702,000

2017年モデルとなる最終型のマグザム250は、ライバルと比較すると高めの価格設定になっています。

エクステリアの塗装の仕上がりは、250ccとは思えない迫力と質感となっています。

マグザム250の中古車相場


マグザム250

中古車市場でもタマ数が多いマグザム250。年式や走行距離・状態に応じてどのような中古車相場になっているのでしょうか。

もっとも安く購入できるのは、2005年から2010年の年式です。走行距離が15000kmを超えた車輌であれば、10万円から25万円ほどが相場となっています。

価格が高くても安心できる車輌を購入したい方は、年式ができるだけ新しく、走行距離が少ないものを選ぶと良いでしょう。

その際にはカスタムされた車輌ではなく、ノーマル車輌がオススメです。


マグザム250

マグザム250の中古車市場には、フルカスタムを施した煌びやかな車両が販売されています。なかにはベース車両が年式不明の車両であるケースも。

どこのカスタムメーカーのパーツを使用しているのか、年式やメンテナンス履歴を確認できる書類の有無が信頼の鍵となります。

年式が古くなると、多くの流通経路を得て流れ着いた中古車は、走行距離やエンジンの状態を販売店側が把握していない可能性もあります。

まとめ


2017年まで12年間生産されたマグザム250は、ノーマルでカスタム感のあるフォルムが魅力の一つです。人気のある車種が故に、中古車選びには多くの注意点がありました。

中古車購入の際には、記事の情報を参考にしていただき、素晴らしいマグザム 250を手に入れてくださいね。

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.06.25

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA