東京モーターサイクルショー2018 ヤマハ 出展バイク情報とみどころ

東京モーターサイクルショー2018-yamaha

デザインのヤマハと世界中から賞賛されているヤマハ。東京モーターサイクルショー2018は新型モデルからカスタムバイクまでヤマハの最先端を見ることができそうです。

以前から生産開始されると噂されていたバイクの発表はあるのか、今回の見どころを紹介します。


注目の出展車輌


2018年モデルとして発売される予定の新型モデルが多くラインナップ。正常進化を遂げた注目すべき出展車輌をまずはご紹介します。

MT-09 TRACER


MT-09 TRACER

エキサイティングなエンジン特性が特徴のMT-09をベースとしたツーリングモデル。前年モデルのデザインを踏襲しながらも、デザインをフルモデルチェンジしました。

イメージを一新した新型MT-09 TRACERは、実車で仕上がりの高さを感じたいところですね。

MT-09 SP


mt-09_sp

2017年にフルモデルチェンジしたばかりのMT-09。2018年モデルには新たに上級グレードとなるMT-09 SPをラインナップに追加しました。

オーリンズ製リヤサスペンション・ KYB製スペシャルフロントフォーク・反転液晶メーター・スペシャルカラーなど、上級グレードにふさわしい高級パーツで構成されています。

実際にまたがってみて、前後のサスペンションがどう違うのか、是非とも体感しておきたいですね。

NIKEN


NIKEN

ヤマハの独創的な技術「マルチリーニングホイール」を採用して製作されたNIKEN。MT-09譲りのスポーティーな走行性能を革新的なスタイルに落とし込んでいます。

これまではコンセプトモデルとして公開されましたが、今回は市販車に近い完成度の高さで見ることができそうです。

カスタムビルダー渾身の1台


東京モーターサイクルショー2018-yamaha

ヘリテージカテゴリーにラインナップされているXSR700をベースに製作された1台。

ヤマハのカスタムコンセプトである「ファスターズサン」をもとに、腕利きのカスタムビルダーが手がけたバイクはハイセンスな仕上がりに。

欧州市場では、カスタマイズされたモデルが市販化されていることもあり、今回の評判次第では市販化もあり得るでしょう。


東京モーターサイクルショー2018-yamaha

東京モーターショー2018では、ヤマハのXSR700をベースとしたカスタムバイクが多く展示する可能性が高いです。欧州や北米で披露された時には世界的に多くの支持を得ていたこともあり、期待したいところですね。

北米で公開された注目のコンペモデル


YZ65

モトクロス競技のエントリーモデルとして開発された新型YZ65。北米市場ではかなり需要のある65ccクラスのモトクロスバイクです。

日本国内でもモトクロスの入り口として、早くも注目を集めています。


YZ65

アルミ製のシートレール、スイングアームを採用し、YZ85と同じように倒立フロントサスペンションをセット。

2サイクルエンジンのピーキな特性を扱いやすくするため、排気デバイスであるYPVSを装着。高い走行性能を発揮しながらも、モトクロスの基本を学ぶことができる仕様になっています。

子供が乗るエントリーモデルとは思えない、本格的な作り込みが特徴的です。

ワークスレーサーバイクの展示


東京モーターサイクルショー2018-yamaha

バレンティーノロッシがMOTO GPカテゴリーで駆るYZF-M1。ヤマハの最先端テクノロジーが結集された仕上がりだけでなく、ハイセンスなカラーリングやデカールの配置にも注目すべきでしょう。

東京モーターサイクルショー2018-yamaha

コンペモデルとしてラインナップされているYZ450Fをベースに製作されたワークスレーサー。過酷なモトクロスレースで勝つためのモディファイは、スポーツバイクファン必見です。

現在では珍しい後方排気エンジンを搭載したモデルのカスタム方法は、参考になるかと思います。

ワイズギアの最新アクセサリー


東京モーターサイクルショー2018-yamaha

ヤマハブースの隣には、ヤマハらしいハイセンスなデザインを採用したアパレルやウエア、ヘルメットが公開されます。

ヤマハのバイクに乗っていなくても、着たくなるようなデザイン製の高いウエアが魅力的です。今回のショーでは、新作のヘルメットを公開することも決定しています。

その他にもオーセンティック外装セットやオリジナルカスタムパーツの展示など、ヤマハブース同様に見どころに溢れた内容になるでしょう。

関連動画




まとめ


東京モーターサイクルショー2018の中では、ヤマハの独創性とカスタムスタイルが強い印象になりそうですね。ストリートシーンにもフィットするように製作されたバイク達は、バイクに興味がない方にも見ていただきたいです。

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.06.11

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA