SV650 ABS インプレと評価 SUZUKI

SV650 ABS

SUZUKI SV650 ABS インプレと評価をまとめます。

1999年にSUZUKIから発売された初代SVシリーズ。

多くのライダーに「Vツインスポーツの楽しさ」を味わってもらいたいという思いからこの世に登場しました。

その意思を受け継ぎ、SUZUKIの最新技術を搭載した新型SV650 ABSに関してまとめます。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


SUZUKI SV650ABSってどんなバイク?


SV650 ABS

SV650 ABS は“Vツイン ファン マシン”をコンセプトに開発されました。

エンジン構造は水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブで、排気量が645ccと特徴ある仕様となっています。

低回転域は独特の鼓動感、中回転域は力強く高回転域へ繋ぎ、パワフルなエンジン性能を発揮。

低速トルクは粘りがあるため、Vツインの独特の鼓動を感じながら運転を楽しむことができます。

SV650 ABSの特徴である“デュアルスパークテクノロジー”


SV650 ABS エンジン

エンジン1気筒に2本のスパークプラグを装備する、スズキ独自のデュアルスパークテクノロジーを採用しています。

燃焼率が向上することでスムーズな走り出し、燃費性能の向上や排出ガス低減に貢献しています。

最新の欧州排出ガス規制EURO4もクリア。26.6km/Lの低燃費により、高いコストパーフォーマンスを発揮します。

先代となるグラディウス650でもデュアルスパークテクノロジーは採用されていましたが、SV650ABSから高着火ニッケルプラグを採用することで性能はグラディウス650と同等でありながら、より安価に製造することが可能となり、ユーザーのメンテナンスコストを下げることに成功しました。

SV650 ABSの意匠


Vツインの為に作られたスチール製トラスパイプフレームにより、車体、エンジンのかっこよさを演出してくれます。

シートが高く足つきは良いと言えません。しかし、サイドカバー部がスリムになり、車重が196kgと全シリーズより9kg軽量化したため、加速時、ハンドリング、取り回し時などにはその恩恵を受けやすいです。


SV650 ABS シート

SVの名称の由来は、Sporty V-twin=スポーティーなVツイン、Superior Value=優れた価値、Simple and Versatile=シンプルで多用途、と様々です。その答えは乗るあなたが決めます。

SV650 ABSのメインターゲットはヨーロッパですが、北米、大洋州、そしてアジア諸国での販売を開始しています。メーカー希望小売価格は738,720円です。

そもそもVツインエンジってなに?


日本でVツインと聞くと馴染みがあるのがYAMAHAドラッグスター、HONDA VツインマグナやHARLEY-DAVIDSONなどネイキッドアメリカンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

実は知られていないだけで、Vツインは各メーカーから発売されており、人気どころだと、YAMAHA MT-01 、HONDA VTR、SUZUKI GLADIUSなどもVツインエンジンを採用しています。

そもそもVツインってなに?って思いますよね。

Vツインとは、2つのシリンダーが「V」字型に開かれて配置されているエンジン構造のことです。


SV650 ABS vツインエンジン

Vツインの「V」の開き具合のことをバンク角と言います。同じ排気量であってもバンク角が異なるだけで出力特性や振動特性も変わり、乗り心地に違いが生まれます。ちなみにSV650ABSのバンク角は90°で、日本で人気なYAMAHAドラッグスターは75°。HARLEY-DAVIDSONはバンク角45°と様々です。

また、「Vツイン」という呼び名が主流ですが、バンク角やエンジンの置き方によってドゥカティだと「Lツイン」、モト・グッツィだと「Y型エンジン」などと呼び方が変わります。

よく聞く、最新の欧州排出ガス規制EURO4ってなに?


SV650ABSでも適用されている“欧州排出ガス規制EURO4“とは、2016年1月からヨーロッパで販売されるバイクに適用される二輪車排ガス規制のことで、シリーズで発売されているバイクに関しては2017年1月から適用されます。

EURO4の主な内容は、より厳しくなった試験モードWMTCへの統一。排出ガスの排出量が半分以下に規制されたテールパイプエミッションの規制値強化など。

他にも、クランクケースガスのゼロエミッション化。燃料蒸発ガス規制の新規導入。耐久走行試験の新規導入。車載式故障診断装置の新規導入・・・といくつかあります。

まとめると、カタログ通りの走行性能!地球環境への配慮!細かいけどそれが守れないバイクは作っちゃダメ!ってな感じです

まとめ

新型SV650 ABSに関してまとめました。SUZUKIのSV650 ABSに対するこだわり、お分かりいただけましたか?

SV650 ABSは乗る人を楽しませてくれる最新バイクです。

まさに“Vツイン ファン マシン”あなたも体感してみて下さい。

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.02.18

中古バイクの上手な選び方

中古バイクの選び方:排気量別(原付・125・250・400cc・大型・スクーター )

2017.12.01

中古バイクの選び方:走行距離の目安(原付・125・250・400cc・大型 )

2017.11.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる





複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービス! ⇒ バイク比較.com


メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA