トレーサー900/GT スペックインプレ 発売日や価格 足つき性や予約納車状況

tracer900-1

欧州市場で人気のアドベンチャー・クロスオーバーカテゴリーは、日本国内でも盛り上がりを見せています。それは、国内外の二輪メーカーから多くのライバルがラインナップしていることも意味しています。

今回ご紹介するヤマハのトレーサー/GTは、独創的でエッジの効いたデザインが特徴的なクロスオーバーモデル。

注目を集めるカテゴリーの中でどのような存在感を放っているのか、スペック、発売日や価格、足つき性、予約状況等、明らかにされた情報をご紹介したいと思います。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


トレーサー 900/GTの仕様


tracer900-2
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tracer900/index.html



日本国内ではMT09シリーズの派生モデルとして発売されていました。2018年モデルからは車名を欧州仕様と共通化し、仕様を新たにブラッシュアップしています。

まずはトレーサー900/GTのそれぞれの特徴についてご紹介したいと思います。

トレーサー900


tracer900-3

トレーサーの標準タイプとなるグレードには、スポーツバイク顔負けのパーツで構成しています。

  • 前年モデルから60mm延長したスイングアーム
  • アシストアンドスリッパークラッチ
  • モード切り替え対応トラクションコントロール機能
  • 3モード切り替え可能D-MODE
  • マルチファンクションメーター

クロスオーバーモデルらしい利便性の高さと、スポーツバイクの組み合わせでえアグレッシブな仕様になっています。

トレーサー900GT


tracer900-4

上級グレードとなるGTには、さらに洗練された高性能パーツで構成されています。

  • フルアジャスタブル倒立フロントサスペンション
  • リモート調整機能付きリヤサスペンション
  • クイックシフト
  • クルーズコントロール
  • グリップウォーマー
  • フルカラーTFTマルチファンクションメーター

グリップウォーマーやクルーズコントーロールは、ロングツーリングで優れた利便性を発揮するでしょう。

高性能なサスペンションとクイックシフトは、ライダーの疲労軽減とスポーツライディングを強力にサポート。

プラス10万円でこの機能差は、かなりお買い得感を感じますね。

トレーサー 900/GTのカラーリング


tracer900-5

それぞれのタイプには、ヤマハらしいハイセンスなカラーリングが設定されています。それぞれの特徴を写真と一緒にチェックしていきましょう。

トレーサー900 GT


ブラックメタリックX


tracer900-6

ブルーイッシュグレーソリッド4


tracer900-7

マットダークパープリッシュブルーメタリック1


tracer900-8

トレーサー900


ブルーイッシュグレーソリッド4


tracer900-9

マットダークグレーメタリック6


tracer900-10
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tracer900/index.html

トレーサー 900/GTのスペック


tracer900-11
全長×全幅×全高2160mm×850mm×1375mm
車輌重量214kg
ホイールベース1500mm
シート高859mm (LOW) 865mm (HIGH)
エンジンの種類DOHC水冷3気筒エンジン
排気量845cc
最高出力116PS
最大トルク8.9kgf
燃料タンク容量18L
燃費性能28.4km/L

トレーサー 900/GTの足つき性


tracer900-12

クロスオーバーモデルであるトレーサー900/GTは、シート高が高めに設定されている特徴があります。これは欧州市場を見越した仕様を踏襲したのかもしれませんね。

しかし、工具無しでシート高を2タイプに切り替えることが可能です。

ライダーの体格やライディングシチュエーションに応じて、シート高を調整できることは大きなメリットになるでしょう。

一方で日本人の多くは足つき性に不安を感じやすいシート高であることも事実です。その場合は、ローダウンカスタムやローダウンシートへの換装で簡易的に改善することが可能です。

  • フロントローダウンスプリング
  • ローダウンリヤリンクマウント
  • ローダウンシート

これらを装着すれば、30mmから60mm足つき性を改善することができます。必要な方は、販売店に確認してみると良いでしょう。

トレーサー 900/GTのインプレ


tracer900-13

MT09シリーズのアグレッシブなエンジン性能をベースに、クロスオーバースタイルを形成しているトレーサー900/GT。

ライバルと比較すると、並列3気筒エンジンとコンパクトなデザインが特徴的。このあたりはスポーティーなモデルを好む方にフィットするかもしれません。

ホイールベースを60mm延長することで、ツーリングシーンにおいても優れた直進安定性がこのバイクの特徴になるでしょう。


tracer900-14

海外メーカーの高級バイクにしか搭載されなかった機能の多くが、トレーサーには標準装備されています。性能だけでなく機能や仕上がりについても、手頃な価格帯で「高級感」を楽しめるようになっています。

ダイナミックな走行性能を好む高速道路、扱いやすい特性を好む市街地などシチュエーションに応じて特性をスイッチ一つで変更できる機能。

それら利便性を向上させる機能をはじめ、パニアケースを左右・トップに装着してロングツーリングを楽しむことも様になるバイクです。

トレーサー 900/GTの発売日


tracer900-15

トレーサー900:2018年4月20日
トレーサー900 GT:2018年6月15日

それぞれのタイプによって、発売日に違いがあります。

春先から発売を開始したトレーサー900は、すでにツーリングスポットでも見るようになりましたね。

ツーリング機能を追加したGTは、夏を前にいよいよデリバリーを開始します。ロングツーリングを好む方には、GTに人気が集まっているようですね。

トレーサー 900/GTの価格


tracer900-16

トレーサー900:1,112,400円
トレーサー900 GT:1,198,000円

10万円ほどの価格差で、ツーリング仕様を選べることは大きな魅力の一つ。メーカーカスタムだからできる、良心的な価格設定ですね。

トレーサー 900/GTの予約納車状況


tracer900-17

まず標準グレードのトレーサー900から。マイナーチェンジから好調な売り上げを記録していますが、納車には2週間から3週間ほどが目安になっているようです。

続いて上級グレードのトレーサーGT。こちらは予想以上の予約が入っているようで、発売日から2ヶ月以上待つ可能性があるようですね。

幸い完売状態にはならないようですので、購入を検討している方は、早めに予約を入れてしまいましょう。

2018年モデルのクロスオーバーモデルの中でも、トップクラスの人気モデルになることは間違いなさそうです。

トレーサー 900/GTの最新動画




まとめ


ツーリングバイクとして特徴が際立つクロスオーバーモデル。その中でも街乗りからスポーツライドまでここまでマルチにこなすバイクはトレーサーだけでしょう。

欧州ライクでスタイリッシュなバイクで、上質な大人の休日の相棒に選びたくなる、そんな素敵なバイクに仕上がっています。

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.06.11

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA