YZF-R6 スペック 馬力やインプレまとめ YAMAHA

YAMAHA YZF-R6

2017年、YAMAHAはYZF-R6はフルモデルチェンジをしました。先代から、サーキットを意識したエクステリアやスペックを誇っていました。

YZF-R1のデザインを踏襲したエクステリアを身にまとい、サーキットではお馴染みの最新電子制御技術を惜しみなく投入された、さらなる攻めに転じたモデルとなりました。

今回は、フルモデルチェンジしたYZF-R6の魅力をスペック・装備などから見てみようと思います!

また、試乗インプレを参考にライダー目線でYZF-R6の魅力をご紹介します!


スペックからYAMAHA YZF-R6を見てみましょう


全長×全幅×全高2040mm×695mm×1150mm
シート高850mm
ホイールベース1375mm
装備重量190kg
エンジンの種類DOHC水冷並列4気筒4バルブ
排気量599cm3
最高出力87.1KW(118.4PS) / 14,500r/min
最高トルク61.7N・m (6.3kgf・m) / 10,500r/min
燃料タンク17L
YAMAHA YZF-R6
引用元:https://www.yamahamotorsports.com/supersport/models/yzf-r6



スペックとしては、先代のYZF-R6とほぼ同様となるようです。

プレストコーポレーションが扱う仕向け地には、カラーで違いがあります。

・ブルー、マットグレー:南アフリカ
・ホワイト:オーストラリア

となっています。

今回、デリバリーされるYZF-R6には、イモビライザー・ハザードランプが標準装備されています。

YZFR25 / R3 がYZFシリーズのエントリーモデルとして確立されているYAMAHAのラインナップにおいて、YZF-R6は今回のフルモデルチェンジで、更に走りに突き抜けた仕様となりました。

YAMAHA YZF-R6の試乗インプレまとめ


YAMAHA YZF-R6
引用元:https://www.yamahamotorsports.com/supersport/models/yzf-r6


先代のYZF-R6の造り込みを超えるべく、デザインと走りをアップグレードした今回の変更で、走りにはどのような変化を与えたのでしょうか。

卓越された最新電子制御機能が走りを楽しく、速く走らせることができる


今回、新たに6モードの切り替え可能なトラクションコントロール機能を追加したことで、環境や天候の変化に対応できるようになったことが、タイヤが冷えた状態で走り出しても、モード切り替えで路面グリップを信頼のある状況にできる強みを感じました。

また、サーキットでの走りをより快適にするクイックシフターの恩恵はすごく大きいです。周回数を重ねる中で、できる限りクラッチ操作を減らすことができれば、体力的な負担も軽減されます。

そして、シフトミスが激減に減るメリットもあります。先代の良いところに、これだけのメリットが追加されただけでも劇的に乗りやすくなりますよ。

これまでより、サーキットを攻めるためのポジションになった


YZF-R1に比べ、YZF-R6の方がサーキット仕様の尖ったキャラクターでしたが、その尖ったポジションがさらに攻めに転じた印象でした。

先代モデルより前傾が少しきつくなり、シート高も少し高くなった印象です。走り出してみると、サーキット走行ではこのポジションが心地よく感じます。

それは、シート・シートレールがシェイプされたことで、コーナー時にライダーが自由に姿勢を変更できる仕様になっていたからです。

街乗りでは少し、疲れやすい体勢かもしれませんが、峠などに行ってしまえば、水を得た魚のように、快適にコーナーを攻めることができそうです!

また、YZF-R1を継承したフロントフォークのしなやかな動きやセッティングの出しやすさも好評を得ていたようです。

まとめ


今回はフルモデルチェンジをしたYZF-R6の魅力を試乗インプレなどを交えてご紹介しました。

先代の良いところを踏襲し、YZF-R1のデザインや装備を継承したYZF-R6はデザインも走りも攻めている仕様となりました。

敢えて、乗り手を選ぶような尖ったバイクを作るYAMAHAの熱い思いをライダーとして受け止めたくなるようなバイクですね!

今後もYZF-R6の動きに注目しましょう!

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.04.18

中古バイクの上手な選び方

中古バイクの選び方:排気量別(原付・125・250・400cc・大型・スクーター )

2017.12.01

中古バイクの選び方:走行距離の目安(原付・125・250・400cc・大型 )

2017.11.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA