CBR1000RR / SP 2019年新型 スペックインプレ 発売日・価格 SPとの違い

CBR1000RR-SP 2019-1

ホンダはスポーツモデル・フラッグシップモデルであるCBR1000RR/SPの2019年モデルを新たにリリースしました

レースシーンで勝つためのハイスペックな装備と電子制御機能を熟成し続けるCBR1000RR/SPは、2019年モデルでどのような進化を遂げたのでしょうか。

今回は新型CBR1000RR/SPのインプレ、発売・価格等の情報を中心に、それぞれのグレードの違いを交えてご紹介したいとおもいます。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2019年 新型 CBR1000RR/SPの特徴


CBR1000RR-SP 2019-2
引用元:https://www.honda.co.jp/CBR1000RR/



2019年モデルの特徴は、2018年モデルに採用されていたエンジン・シャシをベースに、新たに電子制御機能をアップデートさせたことです。気になる仕様変更点は以下の通り。

  • HSTC (ホンダセレクティブトルクコントロール)に旋回中のタイヤ周長変化の制度を上げた機能を追加
  • HTSCに後輪スリップ制御とウイリー制御を独立して制御することが可能に
  • スロットルバイワイヤモーターの駆動スピードの向上
  • パワーセレクター1のトルク特性がよりパワフルな仕様に
  • ABSの特性をよりスポーツライディングにマッチした制御設定に変更
  • カラーリングを一部変更

2019年モデルの主な変更点は、以上です。メインとなるのは前年モデルから採用されていたHTSC、スロットルバイワイヤのブラッシュアップでしょう。

より精度の高い制御を可能とすることで、アクセル操作によりリニアに反応するようになり、走行中のコントロール性能が飛躍的に向上しました。

スーパースポーツバイクにこれからチャレンジしたいライダーにも、扱いやすさを感じることができる仕様だと言えそうですね。

2019年 新型 CBR1000RRとCBR1000RR SPとの違い


CBR1000RR-SP 2019-3

ここではCBR1000RRの上級グレードとされているCBR1000RR SPの特徴を把握し、ベースグレードとどのような違いがあるのかチェックしてみたいとおもいます。

まずはCBR1000RR SPの主な特徴をチェックしていきましょう。

  • オーリンズ製電子制御サスペンション
  • ブレンボ製ラジアルマウントキャリパー
  • リチウムイオンバッテリー
  • チタン製フューエルタンク
  • CBR1000RR SPのスペシャルカラー

これら仕様がCBR1000RRとの違いになります。

CBR1000RR SPは、リチウムイオンバッテリーやチタン製フューエルタンクを採用したことで、軽量化を強く意識した仕様だとわかります。

チタン製フューエルタンクの採用は、2018年時点で量産車での採用は初ということで話題にもなりましたね。

オーリンズ製電子制御サスペンションに関しては、それぞれの走行シチュエーションに応じて減衰圧を自動でライダーの好みにセッティングできる優れものです。

新車価格にも大きな差がありますが、SPに関してはベースグレードよりもレーサーライクでスポーツ性能の高いグレードという特徴がありますね。

2019年 新型 CBR1000RR/SPのカラーリング


CBR1000RR-SP 2019-4

2018年モデルに採用されていたカラーリングをベースに、2019年モデルではストライプをブラッシュアップすることでイメージを刷新しています。

グレードごとに設定されているカラーリングは、スポーティーなイメージを踏襲しつつホンダらしいハイセンスな仕上がりになっています。

CBR1000RR SP


グランプリレッド


CBR1000RR-SP 2019-5

CBR1000RR


マットバリスティックブラックメタリック


CBR1000RR-SP 2019-6

グランプリレッド


CBR1000RR-SP 2019-7

2019年 新型 CBR1000RR/SPのスペック


CBR1000RR-SP 2019-8
全長×全幅×全高2065mm×720mm×1125mm
車両重量196kg
ホイールベース1405mm
シート高820mm
エンジンの種類DOHC水冷並列4気筒エンジン
排気量999cc
最高出力192PS
最大トルク11.6kgf
燃料タンク容量16L
燃費性能25.0km/L

電子制御系のブラッシュアップがメインだったこともあり、2018年と同じスペックとなりました。

フルモデルチェンジから電子制御系の熟成を重ねることで、パワフルな走行性能をそのままに、さらに優れたコントロール性が武器になった印象ですね。

2019年 新型 CBR1000RR/SPのインプレ


CBR1000RR-SP 2019-9

全日本ロードレース選手権の最高峰クラスであるJSB1000でも輝かしい成績を残しているCBR1000RR。

それゆえにサーキットで発揮できるスポーツ性能は恐ろしいものがあり、行動でそれを扱うのはビギナーには難しいと感じるかもしれません。

しかしCBR1000RRには、スポーツライディングに最適化したABSやスロットルバイワイヤ、HTSCなどの多くの電子制御機能がライディングをサポートします。

圧倒的なモンスターパワーは、ツーリングシーンやワインディングにおいても最適なエンジンパワーやトルク特性にセッティングすることが可能。これにより、ライダーの技量に関わらず、優れたコントロール性能を発揮するでしょう。

CBR1000RR SPにおいては、電子制御化したオーリンズ製サスペンションが3つのモードから最適な乗り心地を選択することが可能に。

街乗りやツーリングでの快適性は感じられない傾向がありますが、サーキットで勝つためのレーサーらしいハイスペックな性能がCBR1000RRにはあります。

2019年 新型 CBR1000RR/SPの発売日


CBR1000RR-SP 2019-10

発売日:2019年1月19日

すでにホンダ正規販売店であるドリームでは、事前予約に関する情報もリリースされはじめています。

今回はCBR1000RR SP2のように台数限定販売のグレードがないため、2018年に起きた争奪戦はなさそうですね。

2019年 新型 CBR1000RR/SPの新車価格


CBR1000RR-SP 2019-11

CBR1000RR SP


2,494,800円

CBR1000RR


マットバリスティックブラックメタリック


2,046,600円

グランプリレッド


2,079,000円

2019年 新型 CBR1000RR/SPの関連動画




まとめ


2019年で熟練された電子制御機能に磨きをかけた仕様に生まれ変わりました。サーキットで恐ろしいほどのエンジンパワーを意のままにコントロールできる性能は、ホンダの開発能力の高さを感じさせます。

スーパースポーツバイクの購入を検討している方は、一度は試乗してチェックすべきバイクと言えますね。

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.12.01

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA