バイクの廃車処分 手続きや費用を詳しく解説!【無料も可能】

バイク 廃車

大切なバイクを売却・処分することになった場合、必ず廃車手続きをする必要があるのをご存知でしょうか。

廃車手続きは、乗っていたバイクの排気量に応じて必要な書類や申請する場所が違い、複雑な一面も。

申請する場所や必要な書類も違うことから、手続き前には事前に方法をチェックしておきましょう。

今回の記事では、廃車手続き・処分の方法や費用などについて詳しくご紹介しています。


バイクの廃車手続きや費用


ここでご紹介するのは、所有者ご本人が役所や陸運事務局で手続きする方法です。

簡単に済ませたい方や忙しくてご自身で手続きできない場合は、かんたんに廃車手続きできる方法ものちほどご紹介しますね。

まずはこのカテゴリーで、廃車手続きに必要なステップを1つずつチェックしていきましょう。

125cc以下のバイク


バイク

必要な書類

~125ccの場合
  • 印鑑
  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 廃車申告書
印鑑

認印が必要です。シャチハタはNGなので注意ですね。

ナンバープレート

廃車したいバイクに取り付けていた、ナンバープレートを取り外して持ち込みます。

ある程度破損していても、必ずナンバープレートを持参しましょう。

標識交付証明書

バイク登録時に、管轄の役所で受け取る書類が「標識交付証明書」です。

紛失してしまった場合は、廃車手続きまえに再交付申請が必要になります。

再交には、運転免許書やマイナンバーなどの身分証明書を準備して再交付手続きしてくださいね。

廃車申告書

管轄する役所でもらえる書類です。

書き方については、役所に参考資料があります。不明な点があれば、担当の方に聞いてみましょう。

申請する場所


登録したバイクを管轄する、市役所や区役所などで廃車手続きをします。

手続き自体は、10分もあればその日に完了します。


補足情報

「自分で手続きするのが面倒、時間がない」「バイクも処分したい」

という方はバイクの買取と面倒な手続きを無料代行してくれる買取業者に依頼するのがオススメです。

⇒ バイク買取業者に無料で依頼してみる

126cc~250ccのバイク


バイク

126ccから250ccのバイクを廃車手続きする場合には、「一時的に廃車する」か「完全に廃車する」のいずれかを選ぶことになります。

売却、もしくは友人やオークションに売る場合、バイクを所有した状態でしばらく乗らない期間があるときには「一時的に廃車する」で手続きしましょう。

一方で「完全に廃車する」は、売却することもできないような状態のバイクの場合に行う手続きです。

いずれにおいても、必要な書類とプロセスはほとんど同じです。

必要な書類

126cc~250ccの場合
  • 印鑑
  • ナンバープレート
  • 軽自動車届出済書
  • 軽自動車届出済証返納証明書交付請求書
  • 軽自動車届出済証返納届出書
印鑑

シャチハタ以外の認印が必要です。

ナンバープレート

登録したバイクに取り付けている、ナンバープレートを取り外して持ち込みます。

軽自動車届出済書

車でいうところの車検証です。バイクを購入したときに、取扱説明書などと一緒に受け取る重要なもの。

車検証を紛失してしまった場合は、陸運事務局で再交付することができます。

軽自動車届出済証返納証明書交付請求書

「一時的に廃車する」場合に必要な書類です。

こちらも有料で購入し、書類を作成します。

軽自動車届出済証返納届出書

「完全に廃車する」場合に必要な書類。管轄する陸運事務局で有料にて購入します。

必要な項目を記載し、書類を作成します。わからない場合は、事務員さんに聞いてみましょう。

申請する場所について


管轄する陸運事務局にて手続きをします。

陸運事務局のホームページで、ナンバープレートに記載している土地から管轄している陸運事務局をチェックしましょう。


補足情報

「自分で手続きするのが面倒、時間がない」「バイクも処分したい」

という方はバイクの買取と面倒な手続きを無料代行してくれる買取業者に依頼するのがオススメです。

⇒ バイク買取業者に無料で依頼してみる

251cc以上のバイク


バイク

必要な書類

251cc~の場合
  • 印鑑
  • ナンバープレート
  • 車検証
  • 手数料納付書
  • 抹消登録申請書(OCR3号)
  • 軽自動車税申告書
  • 委任状 ※所有者以外の場合
  • 理由書 ※ナンバー紛失の場合
印鑑

シャチハタ以外の認印が必要です。

ナンバープレート

廃車したいバイクからナンバープレートを取り外し、用意しましょう。

車検証

バイク購入時に受け取った車検証が必要です。

紛失してしまった場合、再交付手続きが必要です。

手数料納付書

管轄の陸運事務局で受け取ることができる書類です。

この書類に350円の印紙を貼って書類を作成します。

抹消登録申請書(OCR3号)

この書類は、陸運事務局で購入します。

サンプルを参考に、必要な内容を記載して書類を作成しましょう。

軽自動車税申告書

陸運事務局で受け取ることができる書類です。

廃車手続き後に税金が来ないよう申請するためのものです。

委任状

所有者以外の代理人が廃車手続きをする場合に必要な書類。

所有者本人が手続きする場合は必要ありません。

理由書

ナンバープレートを紛失してしまった場合に必要な書類。

返納するナンバープレートがある場合、理由書は必要ありません。

申請する場所


管轄する陸運事務局にて手続きをします。

陸運事務局のホームページで、ナンバープレートに記載している土地から管轄している陸自をチェックしましょう。


補足情報

「自分で手続きするのが面倒、時間がない」「バイクも処分したい」

という方はバイクの買取と面倒な手続きを無料代行してくれる買取業者に依頼するのがオススメです。

⇒ バイク買取業者に無料で依頼してみる

提出書類を代書屋に依頼する方法と金額


書類

126ccから250ccまでの軽二輪、250cc以上の小型二輪に必要な廃車手続きの書類は種類も多く、記載内容も複雑です。

さらに陸運事務局は混雑している傾向があり、調べ物をしながら書類を作成することが困難なケースも・・・

これらの心配事を一挙に解決してくれるのが、代書屋です。

代書屋は陸運事務局に隣接していることが多く、気軽に代書を依頼することができます。

代書をしてもらうには、5000円から8000円ほどの手数料がかかります。

必要な書類の用意から記入まで全て引き受けてくれて、あとは提出するだけの状態にできるため、便利です。

面倒なことはしたくない方や難しく感じる方には代書屋を利用することがおすすめですね。


補足情報

「自分で手続きするのが面倒、時間がない」「バイクも処分したい」

という方はバイクの買取と面倒な手続きを無料代行してくれる買取業者に依頼するのがオススメです。

⇒ バイク買取業者に無料で依頼してみる

廃車手続き後は自賠責保険の返納手続きをしよう


書類

廃車手続きをした後は、加入していた自賠責保険の期限を確認しましょう。

期限が残っている場合は、廃車手続き後にできるだけ早く保険会社に連絡することがポイントです。

廃車手続きしたバイクの処分や費用


バイク

これまでご紹介したプロセスを排気量ごとにこなすことができれば、廃車手続きはほぼ完了です。

しかし手元には、ナンバープレートがない状態で公道走行不可のバイクが残っています。

このカテゴリーでは、このようなバイクをどのように処分して良いのか。いくつかのパターンを交えてご紹介します。

バイク王などの買取専門業社に依頼するケース


バイク

テレビのCMやインターネットの広告でもよく見かけるバイク王などの買取業社。

最近では競合する業社も増えてきており、選択肢が増えたことから買取価格を交渉しやすくなったことも大きなメリットの一つ。

事故車やよほど状態が悪くない限り、いくらかお金を受け取ることができるでしょう。事故車であっても、費用がかからず済む場合があります。

管理人も以前エンジンに故障があるバイクをお願いしたことがありますが、手続きを任せられるうえで費用は一切かかりませんでした。

大手の買取専門業者は海外の販売ルートもあるため、状態の悪いバイクでも買取が可能な場合が多いです。

自分で廃車手続きをしたうえで、バイクの廃棄処分をしようとするとかなりの額がかかるので「状態が悪いから…」と諦めずに一度査定に出してみることをオススメします。

多くの業者は出張見積りを無料でしてくれます。

いくつかの業社から見積りを取り、比較して納得のいく業社に引き取ってもらうことがベストな方法かもしれません。


無料査定はコチラから ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる

バイク販売店に依頼するケース


バイク

購入したバイク販売店に出張で買取りを依頼します。販売店によっては、出張料がかかってしまったり、廃車や買取り自体を受け付けていないケースもあります。

費用に関しては、買取業社と同じ流れです。しかし、販売店によっては買取業社よりもシビアな傾向がありますので、事前に連絡をして確認しておきましょう。

特にバイクを購入した販売店ではない場合、出張料が高くなるケースも。

ヤフオクなど個人売買で処分するケース


バイク

個人売買でバイクを処分する場合は、バイクを積載できる車が必要になるなど手間がかかる方法です。

取引に関することや車両のことでクレームが出てしまうことも少なくありませんね。

費用に関しては、オークションで売却する流れになります。そのため、車両の価値に見合った金額を設定できることもメリットの1つ。

個人売買に慣れている方、バイク積載可能な車を持っている方にはおすすめできます。

買取業者に任せれば手続きが不要で現金もゲット!


バイク

バイクの廃車手続きは、126cc以上になると書類が増えて作成も複雑になる傾向がありましたね。

しかし、買取業者に買取りを依頼する場合には、書類上の手続きもすべて丸ごとやってくれます。

無料出張で処分バイクの買取額を査定してくれて、そのまま買取をお願いするのであれば現金を手にすることもできます。

近所のバイク販売店より買取専門サービスを行っている専門業者の方がサービスも充実していて流れもスムーズです。

バイクの処分が決まっているのであれば、まずは買取専門業者の無料出張査定を申し込んでみるのをオススメします。

無料査定はコチラから ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる

大切にしてきた愛車を納得のいく金額でしっかり廃車手続きしてすっきりしましょう。

※4月になると税金がかかっていまうので、3月いっぱいに済ませてしまいましょう。

2019年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク 2019年モデル

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2019年4月29日

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを売却して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、バイクの査定額を把握して高く売却するコツを紹介しています。

⇒ バイクの買取相場を判断する方法と査定額を高くするためのコツ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA