Ninja ZX-10RR / SE / KRT EDITION 2019年新型 スペックインプレ 発売日や価格

Ninja-ZX-10R-2019-1

カワサキのフラッグシップ・スーパースポーツモデルであるXZ-10Rシリーズ。

カワサキはZX-10Rシリーズにラインナップする3車種の2019年モデルを正式に発表しました。

新型となる2019年モデルは、これまでの仕様を踏襲しながらも待望していた変更点が注目のポイントです。

今回は2019年モデルの注目すべきポイントを中心に、インプレや発売日に関する情報を交えてご紹介します。

2019年 新型 ZX-10シリーズの主な特徴

Ninja-ZX-10R-2019-2

引用元:https://www.kawasaki.co.uk/en/products/Supersport/2019/Ninja_ZX-10R_KRT_Replica/overview?Uid=092BCgsKUV8JDlleXVxeXA5fW1FbDVtdXw4JWAoKCgsNX18

2019年モデルの新型ZX-10Rシリーズの主な変更点は、国内仕様としてラインナップしたこと。

前年モデルまでは海外向けの仕様としてラインナップしていたため、国内で購入するには逆輸入車を購入する必要がありました。

レーシングスペックを誇るZX-10Rシリーズを安心の国内仕様で。しっかりとした保証を受けことができることも大きなメリットになりますね。

あらためて3車種の装備などの違いについてチェックしておきましょう。

ZX-10R KRT EDITION

Ninja-ZX-10R-2019-3

ZX-10Rのなかでベースグレードに位置付けられた「ZX-10R KRT EDITION」。

スーパーバイク選手権で常勝を誇るファクトリーカラーは、ストリートシーンでもレーシングテクノロジーを誇示することができます。

  • カワサキクイックシフター
  • トラクションコントロール
  • カワサキローンチコントロールモード
  • インテリジェンスABS
  • エンジンブレーキコントロール
  • 電子制御ステアリンダンパー
  • ブレンボラジアルマウントM50ブレーキキャリパー
  • バランスフリー倒立フロントフォーク
  • バランスフリーリヤサスペンション

ZX-10R SE

Ninja-ZX-10R-2019-4

ZX-10Rをベースに電子制御サスペンションや鍛造ホイールを標準装備した上級グレードの「ZX-10R SE」。

  • カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション
  • マルケジーニ製アルミ鍛造ホイール
  • ハイリーデュラブルペイント

ZX-10RR

Ninja-ZX-10R-2019-5

最上級グレードに位置付けられた「ZX-10RR」。

スーパーバイク選手権で活躍したレース車両のベースとして使用されたモデル。装備やスペックはレースシーンそのもの、500台限定のハイスペックな仕様です。

  • チタニウム製コネクティングロッド
  • マルケジーニ製アルミ鍛造ホイール
  • ピレリ製ディアブロスーパーコルサ
  • バランスフリー倒立フロントフォーク
  • バランスフリーリヤサスペンション
  • シングルシートカウル

装備については、2018年モデルの仕様を踏襲しています。

2019年 新型 ZX-10シリーズのカラーリング

ZX-10R KRT EDITION

ライムグリーン×エボニー

Ninja-ZX-10R-2019-6

ZX-10R SE

メタリックカーボングレー×メタリックフラットプラチナグレー

Ninja-ZX-10R-2019-7

ZX-10RR

ライムグリーン

Ninja-ZX-10R-2019-8

2019年 新型 ZX-10シリーズのスペック

Ninja-ZX-10R-2019-9

ZX-10R KRT EDITION

全長×全幅×全高2085mm×740mm×1145mm
車両重量206kg
ホイールベース1440mm
シート高835mm
エンジンの種類DOHC水冷並列4気筒エンジン
排気量998cc
最高出力203ps ラム圧加圧時212ps
最大トルク11.6kgf
燃料タンク容量17L
燃費性能21.0km/L

ZX-10R SE

全長×全幅×全高2085mm×740mm×1145mm
車両重量208kg
ホイールベース1440mm
シート高835mm
エンジンの種類DOHC水冷並列4気筒エンジン
排気量998cc
最高出力203ps ラム圧加圧時212ps
最大トルク11.6kgf
燃料タンク容量17L
燃費性能21.0km/L

ZX-10RR

全長×全幅×全高2085mm×740mm×1145mm
車両重量206kg
ホイールベース1440mm
シート高835mm
エンジンの種類DOHC水冷並列4気筒エンジン
排気量998cc
最高出力204ps ラム圧加圧時213ps
最大トルク11.7kgf
燃料タンク容量17L
燃費性能21.0km/L

2019年 新型 ZX-10シリーズのインプレ

Ninja-ZX-10R-2019-10

「扱いやすさこそ早さに直結する」というRIDEOLOGYをもとにカワサキが製作しているZX-10Rシリーズ。

スペックを見てもわかるように、スーパーバイク選手権や全日本ロードレース選手権のベース車両として使用されるほどのアグレッシブなマシンです。

ラム圧発生時には213psもの最高出力を発揮するこのバイク。国内仕様になることで、2018年モデルよりも低中速域の扱いやすさを体感できそうです。

逆輸入車では低中速域でのアクセルワークがシビアになりがちで、市街地や渋滞時にはギクシャクしやすいネガな一面がありました。

これらの改善に加え、国内仕様特有のサスペンション特性にも期待できます。

逆輸入車と国内仕様では、設定する平均体重に違いがある傾向があります。日本仕様としてアジャストできれば、乗り心地がソフトに感じられるでしょう。

レースマシンをストリートで扱うことは、パワーを持て余すことや扱えるか不安に感じるかもしれません。

確かに200psを超えるモンスターパワーをフルで使い切ることは不可能です。

パワーモードやサスペンションをストリート仕様やツーリング仕様にアジャストすることで、扱いやすく乗りやすいバイクに変貌します。

基本的にはベテランライダーにおすすめのバイクですが、600ccのスポーツバイクよりもトルクがあるため、ビギナーや女性ライダーにもおすすめできます。

2019年 新型 ZX-10シリーズの発売日と新車価格

Ninja-ZX-10R-2019-11

発売日:2019年3月1日

新車価格

ZX-10R KRT EDITION:2,062,800円
ZX-10R SE:2,656,800円
ZX-10RR:2,926,800円

国内仕様としての発売が決定したことで、カワサキ正規販売店であるフラッグシップ店で購入することができます。

逆輸入車では販売台数が制限されていました。国内仕様となることで、早期完売を心配する必要がなくなりましたね。

カワサキの大型排気量モデルは、取り扱いできる店舗が限られています。カワサキのホームページから、ZX-10Rシリーズを取り扱う店舗を事前にチェックしておきましょう。

2019年 新型 ZX-10シリーズの関連動画

まとめ

2019年モデルから国内仕様としてラインナップすることになったZX-10Rシリーズ。

少しでも身近な存在になったスーパーバイクは、バイカーなら一度は乗っておきたいバイクの1台だと言えるでしょう。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

Ninja-ZX-10R-2019-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA