GSX-S750 ABS 2017 インプレ 足つき性は?

GSX-S750 ABS

2017年に日本国内販売を開始したGSX-S750 ABSは、これまで発売されてきたGSR750をベースにモデルチェンジした仕様となりました。

スーパースポーツに代表されるGSXシリーズのネイキッド版として発売することが決まったこのモデルは、どのような仕様となり、性能面や足つき性はどうなったのか、インプレから内容をみていきましょう。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2017年 GSX-S750 ABSの主な仕様


GSX-S750 ABS
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs750al7/top



現代のネイキッドスタイルの象徴でもあるストリートファイタースタイルの外装には、都会的でエッジの効いたエクステリアを採用することで、GSR750よりもスポーティーな仕上がりとなっています。

GSR750をベースとしたエンジンには、エンジン内部パーツをさらにブラッシュアップすることで、軽量化と最高出力を7PSもパワーアップさせるなど、GSXブランドの名に恥じないスペックとなっています。

パワーアップしたのは最高出力だけでなく、ローRPMアシストの追加により低中速域のトルクを力強くし、ハイパワーな特性だけでなく、扱いやすさもプラスされた仕様となっています。

Vstromeシリーズにも採用されているイージースタートシステムをGSX-S750にも装着することで、エンジンの寒暖差に左右されることなく、スターターボタンをひと押しすれば、エンジン始動までセルモーターが自動で回り続ける仕組みとなっています。

また、ブレーキ周りには大径ディスクを装着し、それを挟み込むキャリパーにはラジアルマウントの4POTキャリパーを取り付けることで、強力なストッピング性能を得ています。

さらに、GSR750では角材の無骨なスイングアームを装着していましたが、今回の変更でアルミのスイングアームを装着することで、バネ下の軽量化と剛性アップを実現しています。

主な仕様だけ見ても、扱いやすさと最高出力が増し、軽量化をすることでコントロール性も増した初心者の方からベテランの方まで楽しめる仕上がりとなっています。

2017年 GSX-S750 ABSの主要スペックから馬力などをみてみましょう


GSX-S750 ABS
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs750al7/top


全長×全幅×全高2125mm×785mm×1055mm
ホイールベース1455mm
シート高820mm
車両重量212kg
燃費29.3km/L
最高出力83KW (112PS) / 10,500rpm
最大トルク80N・m (8,2kgf・m) / 9,000rpm
燃料タンク容量16L

GSR750に比べて、最高出力が7PSほど上がっているにも関わらず、車両重量は軽量化されており、スペックだけでみてもかなりスポーツ志向の強いスペックとなっています。

燃料タンク容量と燃費の関係性を見てみると、ガソリン満タン状態で約450km走行することができるため、ロングツーリングの際や田舎道などでガソリンスタンドがない場面でも長い航続距離がライダーの負担を軽減してくれます。

スポーツ志向の中にも快適性をプラスした仕上がりとなっています。

2017年 GSX-S750 ABSのインプレから足つき性をみてみましょう


GSX-S750 ABS
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs750al7/top



GSX-S750に設定されているシート高は、820mmとなっており、同カテゴリーのライバルの中でも高めの設定となっています。

エンジンも4気筒マルチエンジンを採用するなど、軽量化されてはいますが、ライバルよりも車両重量が重いことがネックとなり、足つき性には少し苦労するかもしれません。

しかし、横幅がシャープに形状されたシートを採用することで、バイクに跨った時に地面に対してまっすぐ足を出せるため、数字よりは足つき性が良く感じるかもしれません。

165cmの方がGSX-S750 ABSに跨った場合、両足のつま先がギリギリ届くようなレベルでしたので、信号待ちなどの場面では、慣れるまで少しドキドキするかもしれません。

2017年 GSX-S750 ABSのインプレから走行性能をみてみましょう


GSX-S750 ABS
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs750al7/top



今回の仕様変更にあった、最高出力の7PSアップの恩恵は、ワイドにアクセルを開けた時の加速感に出ているようで、軽量化された車体と相まってレッドゾーンまで回転数が鈍ることなく回るようです。

最高出力がパワーアップすると、特性としてはピーキーになりがちで、低中速トルクが薄くなる傾向がありますが、今回追加されたローRPMアシスト機構がトルクをカバーし、スロットルボディ側で意図的に低速時にアシストするため、GSR750よりも力強く感じるほどになっています。

パラレルルツインを採用したライバルなどに比べると、軽快感に欠けるものがあるようですが、マルチエンジン特有のピークパワーの力強さが、ワインディングなどでのスポーツ走行で気持ちよく走行でき、街乗りにおいても力強いトルクが重い車両重量を感じさせないエンジン性能となっているようです。

高速道路においても、さらに余裕の増したパワーの恩恵もあり、高い回転数を使用しなくても快適に高速道路を巡行できるようで、アクセルをラフに扱わなくても済む分、燃費の向上にも繋がっています。

2017年 GSX-S750 ABSのインプレから走行性能をみてみましょう


GSX-S750 ABS
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs750al7/top



フロントには剛性の高いフロントサスペンションを採用し、リアサスペンションにはリンク式とすることで、しなやかな動きを実現しているようで、街乗りからツーリングまで快適に走行できる仕様となっているようです。

写真のように、ブレーキ周りにはラジアルマウント4ポットキャリパーを採用し大径ディスクを採用するなど、ABSの組み合わせも相まって路面状況や速度域に応じて、安全性の高い制動力を発揮することができます。

また、新たにトラクションコントロール機構を装着することで、あらゆる場面や路面環境でも適切なトラクションを前後のタイヤに与えられるよう切り替え可能式とすることで、ライダーの好みを反映することが可能となっています。

2017年 GSX-S750 ABSのインプレから乗り心地をチェック


GSX-S750 ABS
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs750al7/top



剛性が高い倒立サスペンションを採用しながらも、リヤのリンク式の恩恵もあり、適度にしなやかで街乗りからツーリングまで疲れにくい乗り心地となっています。

一方で、速度域の上がるスポーツ走行においては、サスペンションに物足りなさを感じるシーンがあるようですが、これは新車購入時にサグ出しや前後サスペンションのセッティングを施すことで、ライダーに合った特性にすることができるようです。

スポーツ志向になりすぎて、ゴツゴツとした特性から街乗りにセッティングを合わせることは難しいですが、GSX-S750のようにセッティング次第でスポーティーな仕様に合わせることができるということは、ライダーの技量に合わて調整する楽しみがあるということになります。

2017年 GSX-S750 ABSの価格やカラーリング、発売日や納車時期をチェック


GSX-S750 ABS
GSX-S750 ABS
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs750al7/top



GSX-S750に設定されているカラーリングは上記の2色展開となっており、2017年3月に日本国内の発売が開始されています。

新車価格は¥969,840となっており、価格帯に関しては同クラスのライバルよりも高い価格帯となっていますが、今では希少となりつつある4気筒マルチエンジンを採用するなど、マルチエンジンファンにお買い得に感じるかもしれません。

まとめ


GSX-S750 ABS
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs750al7/top



これまでのGSR750とは別物となり、ハイスペックな仕様となったGSX-S750 ABSは、これから盛り上がりを見せるであろうGSXブランドの先駆けとして、注目を集めることになりそうです!

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.11.18

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA