カワサキ H2 H2Rの違いは?公道・レース仕様 価格

カワサキ H2 H2R

カワサキが2014年のモーターショーでコンセプトモデルとして出展されたH2は、世界各国で開催されるロードレースのトップカテゴリーで使用される1000ccクラスのハイスペックなエンジンにスーパーチャージャーを搭載し、これまでのバイクにはないアグレッシブなデザインが印象的なバイクでした。

2015年から発売開始されたH2とH2Rですが、それぞれには使用用途に合わせたスペックや装備が異なっているようです。

写真では分かりづらい、H2とH2Rの違いをカテゴリー別にチェックして、それぞれの魅力を掘り下げていきましょう。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


カワサキ H2とH2Rの仕様用途の違い


カワサキ H2 H2R
引用元:https://www.kawasaki.com/products/2017-Ninja-H2



H2とH2Rに搭載されているエンジンやスーパーチャージャーを搭載していること、メインフレームや足回りなどのメインとなる構成部品の多くを共有しています。

H2とH2Rの決定的な違いは、公道仕様となるH2にたいして、H2Rはサーキット走行専用のレース専用マシンであることです。

これら使用目的による大きな違いによって、H2とH2Rに設定されるカラーリングやスペック、主要装備などが大きく異なります。

次のカテゴリーから、H2とH2Rの具体的な違いについてチェックしていきましょう。

カワサキ H2とH2Rのカラーリングの違い


まず、2018年モデルとなるH2とH2Rのカラーリングをチェックしていきましょう。


カワサキ H2 H2R
引用元:http://www.kawasaki1ban.com/news_topics/19880



公道仕様となるH2は、2018年モデルとなることで、シルバーだったメインフレームがカワサキを象徴するグリーンのフレームを新たに採用し、銀鏡塗装の外装にもグリーンの差し色が追加された仕上がりとなっています。


カワサキ H2 H2R
引用元:http://www.kawasaki1ban.com/news_topics/19885



サーキット走行専用となるレース仕様のH2Rには、2017年モデルで定評のあったカラーリングを踏襲し、存在感のあるスタイルを確率しています。

特殊なカラーリングを施した外装やメインフレームのカラーリングを統一した2018年モデルは、スーパーチャージャー搭載モデルのH2ブランドの存在感を高める仕上がりとなっています。

カワサキ H2とH2Rの基本装備の違いと特徴


カワサキ H2 H2R

まずは、H2とH2Rに共通となる基本装備をチェックしていきましょう。

H2とH2Rには、完全新設計となるインタークーラーを必要としない、モンスターパワーを出力するピークパワーに鋭いアクセルレスポンスが特徴的なエンジンを搭載しています。


カワサキ H2 H2R

さらに、足回りには世界各国のレースシーンでファクトリーチームを中心に採用されるブレンボ製の大径セミフローティングブレーキディスクを装着し、同社のモノブロックキャリパーをラジアルマウントさせる仕様とすることで、ワインディングからレースシーンまで優れたコントロール性と制動力を発揮します。


カワサキ H2 H2R

エアクリーナ内の上部には、セカンダリーインジェクターを装着し、さらにスロットルボディのファンネルには、ステンレス製ネットを装着することで、セカンダリーインジェクターから噴射される燃料を均一化させることが可能となっています。


カワサキ H2 H2R

モトクロスシーンでも活躍した、SHOWA製エアオイルセパレートカートリッジを採用し、リヤにはカワサキ伝統となるホリゾンタルバックリンクを組み合わせることで、優れたコーナリング性能とハンドリングを実現しています。

これらが、H2とH2Rの共通する仕様となりますが、次にそれぞれの特徴的な基本装備をチェックしていきましょう。

H2の特徴と基本装備


カワサキ H2 H2R

公道仕様となるH2は、アッパーカウルの左右にも設置されたエアダクトの中央にヘッドライトを配置し、ミラーウインカーを装着するなどレーシーなデザインとしながらも、公道仕様として必要な保安部品を主張することなく装着しています。


カワサキ H2 H2R

H2に装着されるマフラーは、ステンレス製のフルエキゾーストマフラーとなり、サイレンサーは大型の2本出し仕様となります。

また、2017年の新排気ガス規制をクリアすべく、腹下には触媒を装着するなどの対策がされています。


カワサキ H2 H2R

H2のリヤ周りも公道走行に必要なリヤフェンダーや灯火類がスマートに装着され、アグレッシブなスタイルを崩さない仕上がりとなっています。

H2Rの特徴と基本装備


カワサキ H2 H2R

サーキット走行専用のレース仕様となるH2Rには、H2のように灯火類は装着されておらず、特徴的な横に張り出すウイングのようなものが装着され、中高速域においての走行風を利用して、路面追従性を向上させるダウンフォース効果を狙っています。

銀鏡塗装と呼ばれる特殊な塗装はH2と同様としながらも、外装に使用する素材をカーボン製とすることで、大幅な軽量化を実現しています。


カワサキ H2 H2R

さらに、H2に搭載されるエンジンには、サーキット専用となる特別なチューニングが施されていて、リフトアップ量を大幅に増やしたハイリフトカムの採用や圧縮比の変更することで、最高出力を公道仕様となるH2よりも大幅に向上させています。

モンスターパワーを発揮するエンジン出力を的確にリヤタイヤに伝えるべく、装着されるクラッチには、10枚のクラッチプレートを装着しています。


カワサキ H2 H2R

レース仕様となるH2Rには、ストレート構造のチタン製フルエキゾーストマフラーを装着し、サイレンサーは1出しのメガホン仕様とすることで、H2Rに搭載されたエンジンパワーをフルに引き出しています。

サーキット走行を目的としたH2Rには、標準でスリックタイヤが装着され、付属品としてレーシングスタンドとタイヤウォーマーがセットとなった、完全レース仕様となっています。

カワサキ H2とH2Rのスペックの違い


カワサキ H2 H2R

これまでに、H2とH2Rの決定的な違いをカテゴリー別にチェックしてきましたが、公表されているそれぞれのスペックを比べてチェックしていきましょう。

H2のスペック


全長×全幅×全高2085mm×770mm×1125mm
車両重量238kg
ホイールベース1455mm
シート高825mm
エンジンの種類DOHC水冷4気筒エンジン
最高出力205PS
最大トルク13.6kgf
燃料タンク容量17L

公道仕様となるH2の最高出力はクラス最高峰となる205PSを出力し、さらに車両重量は238kgと軽量な車体となっていることから、公道仕様であっても十分サーキットでアグレッシブな走りを堪能できるスペックを持っています。

H2Rのスペック


全長×全幅×全高2070mm×850mm×1160mm
車両重量216kg
ホイールベース1450mm
シート高830mm
エンジンの種類DOHC水冷4気筒エンジン
最高出力310PS
最大トルク16.8kgf
燃料タンク容量17L

サーキット専用となるレース仕様のH2Rは、公道仕様のH2に比べて、大幅に軽量化され、さらにハイリフトカムを始めとするレーサーらしいエンジンチューニングを施すことで、最高出力は310PSにもなるモンスターパワーを発揮します。

H2とH2R、それぞれの基本装備などを比べてみても違いは歴然としていましたが、スペックなどの具体的な数値を見ていくと、圧倒的なポテンシャルの差を高次元で生み出していることが確認できますね。

カワサキ H2とH2Rの新車価格


それぞれ、仕様用途に合わせた高次元のチューニングが施されたH2とH2Rは、新車価格ではどのような違いがあるのでしょうか。

公道仕様 H2


カワサキ H2 H2R
新車価格:¥3,024,000

サーキット専用レース仕様H2R


カワサキ H2 H2R
新車価格:¥5,940,000


H2とH2Rの基本装備やスペックの違いを比較して、レースに勝つためのよりハイスペックな装備を採用しているH2Rが、H2に比べて300万円ほど高い価格設定となっていました。

ともにかなり高額な価格帯となっていますが、スーパーチャージャーを搭載したスーパースポーツモデルは二輪業界の歴史に残るようなバイクなので、価値のあるバイクになるかと思います。

まとめ


カワサキ H2 H2R

H2とH2Rには、公道仕様とレース仕様という大きな仕様用途の違いがあり、それぞれの目的に合わせた最高峰のスペックと装備を投入された異次元とも言えるバイクに仕上がっていました。

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.12.01

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA