Vストローム1000 最高速や燃費 足つき性は?

Vストローム1000

国内外で最も人気のあるカテゴリーとなったアドベンチャーモデル。2017年は日本国内に様々なメーカーからニューモデルのアドベンチャーモデルが投入された年になりました。

今回は活気溢れるカテゴリーにフルモデルチェンジして登場した新型Vストローム1000の最高速や燃費・足つきにまつわる情報をまとめてご紹介したいと思います。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


Vストローム1000のインプレから最高速をチェック


Vストローム1000
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/dl1000al7/top


サーキットでの最高速チェックによると、220km/hを計測したケースがあるようです。DOHC水冷V型2気筒エンジンながら1000ccと大排気量を誇るVストローム1000は、その最高出力の高さを証明したことになります。

街乗りやツーリングでは最高速である220km/hを出す機会はありませんが、これだけの許容があるということは、高速移動時に余裕のある回転域で巡行できるということですね。

Vストローム1000のインプレから燃費をチェック


Vストローム1000
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/dl1000al7/top



燃費と一口に言っても、シチュエーションや状況に応じて燃費は変化するものですので、シチュエーション別に実燃費の数値と特徴についてチェックしていきましょう。

カタログ値をチェック


スズキのホームページに掲載されているカタログ値によると「32,1km/L (60km/h) 2名乗車時」となっています。この数値をもとに「主に街乗り」と「主に高速道路」の2つのシチュエーションに分けてチェックしていきましょう。

主に街乗りで走行した際の燃費


街乗りの特徴は、信号待ちや一時停止・渋滞などで停止・発進を頻繁に繰り返すため、カタログ値よりも燃費が悪くなる傾向があります。つまり、アクセルのオンオフを極力減らすことで燃費の向上が見込めます。

主に街乗りでの実燃費は「27,0km/L」ほどになるようです。次に「主に高速道路」を走行するツーリングなどでの燃費をチェックしていきましょう。

主に高速道路を走行した際の燃費


高速道路での走行の特徴は、平坦な道をアクセルのオンオフが少ない状態で走行できることです。停止・発進が少ない高速道路では、カタログ値よりも燃費が良くなるケースがあります。

主に高速道路での実燃費は「33km/L」ほどとなっているようです。追い越し車線を多用し、アクセルのオンオフが多く発生した場合には燃費が悪くなる可能性があります。

燃費の向上を意識することがある場合は、まずはタイヤの空気圧を規定圧に保つことを心がけ、さらに無駄なアクセルワークや半クラッチを抑えることで燃費の向上につながります。

Vストローム1000のインプレからツーリングでの快適性をチェック


Vストローム1000
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/dl1000al7/top



アドベンチャーモデルであるVストローム1000の醍醐味は、何と言っても長距離走行時の快適性にあります。

まずは、フロント周りに装着されたタフなデザインのフロントカウルと大型のスクリーンがライダーを走行風からの負担を大きく軽減します。さらにゆとりのあるライディングポジションが疲れにくいものとなっています。

また、低中速域での力強いトルクが低い回転域においても高い速度を出すことができるため、無駄なアクセルワークからライダーを解放し、軽快な快適性を実現しています。

さらに、多くの荷物をパッセンジャーシートに積載することを前提とした作りのおかげで、リヤに荷重が行き過ぎた時は、工具無しでリヤサスペンションのイニシャルをセッティングできるため、出先でも臨機応変に対応できる魅力があります。

純正オプションで設定されている左右・トップのパニアケースとの相性も抜群で、最大制裁量が大きく増えるメリットはツーリングには有効で、Vストローム1000の人気アイテムとなっています。

アドベンチャーモデルらしくツーリングは最高の快適性を誇っています。

Vストローム1000のインプレから足つき性をチェック


Vストローム1000
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/dl1000al7/top



カタログ値によると、Vストローム1000のシート高は850mmとなっています。シートのサイドがシャープな形状になっているとはいえ、足つき性は良くありません。

これはフラットなダートやギャップがある悪路の走行を前提に考えているためで、悪路での走破性を上げるために車高を上げることで、地面からフレーム下・エンジン下との距離を確保する必要があるからです。

それにしても、日本人向けとは考えにくい車高の高さは165cmの方が跨ると片足のつま先がつくかどうかで、お尻を半分ずらせば片足がつくような状況です。

実際に販売店で実車を確認し、跨ったときに購入をためらった方もいるかもしれません。そんな方に向けて、次項ではVストローム1000のローダウンカスタムについてご紹介したいと思います。

Vストローム1000のローダウンカスタム


Vストローム1000
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/dl1000al7/top


タフでワイルドなイメージが人気のVストローム1000ですが、高いシート高で諦めてしまう方も多いかもしれません。そんな方におすすめのローダウンカスタムをご紹介したいと思います。

DAYTONA ローダウンリンク


Vストローム1000
参考価格:7,560円

ローダウンリンクを装着することで、25mmほど車高を落とすことが可能になります。さらに、リヤとのバランスをとるためにフロントサスペンションを突き出すことでさらに車高を落とすことも可能です。


スズキ純正オプション ローシート


Vストローム1000
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/dl1000al7/accessory


参考価格:26,460円

座面を約30mm落とすことが可能なローシートは、装着もワンタッチですることができるため、気分でノーマルシートと併用することも可能です。

足つき性に大きな不安を抱えている方には、これらのカスタムを組み合わせることで、女性の方でも安心して跨ることのできる仕様になります。

まとめ


今回は発売されたばかりの新型Vストローム1000のインプレから燃費や最高速・足つき性に関する情報をまとめてご紹介させていただきました。

購入を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2019.01.10

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA