GSX-S1000F 2017年モデル インプレと評価 最高速やツーリング スクリーン

GSX-S1000F

2016年に発売されたGSX-S1000Fは、車種名にも採用されている「GSX」ブランドの頂点に君臨するGSX-R1000のエンジンをベースとし、レースシーンで培われたノウハウや最新の技術を惜しみなく投入されたモデルです。

GSX-R1000と同様のエンジン性能や走行性能を兼ねそろえながら、アップライトなポジションとツーリング時に重宝する大型のアッパーカウルを採用した、GSX-S1000Fは、スポーツツアラーモデルとして2017年モデルを発表しました。

GSX-S1000F 2017年モデルのインプレと評価、最高速やツーリングでの快適性について紹介しています。

2017年モデル GSX-S1000Fの変更点

GSX-S1000F

引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxs1000fal7/top

2017年モデルとなるGSX-S1000Fの変更点は、カラーリング変更のみのマイナーチェンジとなっています。

日本国内販売が開始された2016年モデルから採用されている3モード切り替えトラクションコントロール機能やGSX-R1000譲りの運動性能の優れた足回りやハイパワーな最高出力を出力するエンジンを扱いやすくするためのデュアルスロットルバルブなどを採用している点に変更はなく、街乗りからツーリングまでスポーティーで軽快感のある走りは踏襲されています。

2017年モデル GSX-S1000Fのインプレ

GSX-S1000F

2016年モデル以前のGSX-R1000のエンジンをベースとしている2017年のGSX-S1000Fは、スーパースポーツバイクが持つパワフルなエンジン性能を街乗りやツーリングでも低中速域において扱いやすい特性とするよう、スロットルボディにデュアルスロットルバルブを装着することで、リニアなアクセルワークの反応とともにスムーズに吹け上がる特性となっているようです。

さらに、足回りに関してもGSX-S1000Fの特性に合うよう、サーキット志向の強いカチカチの仕様ではなく、よりクッション性の優れた乗り心地の良い仕様となっていることから、ツアラーモデルらしく長距離乗っても疲れにくいとの声も多くあります。

また、アップライトなポジションを採用しているGSX-S1000Fですが、アップハンドルとは違う低めの姿勢を保つことができる一文字に近いハンドルを採用していることから、ツーリング先のワインディングでもスポーツ走行を楽しめるポジションでもあるようです。

スポーツ走行に適したエンジン性能とツーリングでの快適性を両立したモデルが欲しいライダーのニーズに合った仕様となっているようですね。

2017年モデル GSX-S1000Fのツーリングでのインプレをチェック

GSX-S1000F

ツーリングでは高速道路を多用するシチュエーションが多く、それゆえに走行中に受ける走行風からライダーを守るアッパーカウルの防風性が重要となります。

2017年モデルとなるGSX-S1000Fに装着されているアッパーカウルは、走行風をしっかりシャットアウトすることが可能のようで、体を起こして乗車しても大型のスクリーンが快適な走行をサポートするようです。

しかし、GSX-S1000Fに搭載されているエンジンは、スーパースポーツモデルのGSX-R1000をベースとしていることから燃費が良いとは言えません。しかし、その分のエンジンパワーを堪能できることから、仕方ないと割り切れるレベルのようです。

さらに、アップライトなポジションを採用してはいますが、ハンドルの切れ角が十分に確保されていないようで、ツーリング先でのUターンや小回りを低速域で小回りを効かせたいときには、慣れを必要とすることがあるようです。

スポーツモデルの要素も持つ2017年モデルのGSX-S1000Fは、それゆえのネガティブな一面もありますが、それらを考慮しても、どのシチュエーションでも使い勝手がよいと感じる仕様となっているようです。

2017年モデル GSX-S1000Fの最高速度について

GSX-S1000F

軽量なシャシにハイパワーエンジンを搭載しているGSX-S1000Fから出力される最高出力は148PSにも達します。さらに、スーパースポーツ譲りの足回りなどの車体構成も影響し、GSX-S1000Fの最高速度は240km/hに達するとのことです。

しかし、この記録は走行シチュエーションや環境によって大きく最高速度が伸びることが予想されます。

ツーリングでは決して使用することのない速度域ですが、これだけの許容があれば高速道路などで、低い回転数で高い巡航速度で走行することも可能となりますね。

2017年モデル GSX-S1000Fの足つき性をチェック

GSX-S1000F

2017年モデルとなるGSX-S1000Fに設定されているシート高は、810mmとなっていることから、大型バイクの中では足つき性は良い車種だと言えます。

しかし、GSX-S1000Fの足つき性に不安を感じる方は、カスタムーパーツとして販売されているローダウンリンクを使用すれば、20mmほど足つき性を改善することも可能です。

2017年モデル GSX-S1000Fのスクリーンをチェック

GSX-S1000F

スポーツツアラーモデルとして人気のGSX-S1000Fには、標準で大型のスクリーンを装着していますが、カスタムメーカーから販売されている様々な種類のスクリーンに交換することで、スポーティーにしたりツーリングに傾向した仕様にすることも可能です。

まずは、カスタムスクリーンの種類をチェックしていきましょう。

オダックス エアフロースクリーン

参考価格:15,120円

スモーク仕様のエアロデザインを採用したスクリーンで、小型のスクリーンに交換することで、スポーティーな印象になります。

プーチ ツーリングスクリーン

参考価格:20,412円

カスタム感あふれるスモーク仕様としながらもツーリング時に走行風をしっかりシャットアウトする形状をしたツーリングに最適なスクリーンです。

快適性を大幅に左右するスクリーンは、ドレスアップ効果もあるため、カスタムパーツとしてチェックしてみると面白いと思います。

まとめ

スポーツバイクとツアラーのメリットを両立させた2017年モデルのGSX-S1000Fは、快適な走行性能と利便性の高い使い勝手を求める方にオススメしたいバイクです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

GSX-S1000F

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA