カワサキ Ninja H2 2018年モデル 価格やスペック 最高速度

Ninja H2

2015年にモーターショーで、カワサキブースに展示されたコンセプトモデルには、現代の主流となる鮮やかなグリーンで塗装されたトレリスフレームを採用し、さらにカワサキ初となる片持ちスイングアームを採用したエッジの効いた仕様となっていて、これまでにないアグレッシブなデザインは、バイクファンを魅了しました。

当時は誰もが市販を予想できなかったNinja H2は、コンセプトモデル通りスーパースポーツクラスの軽量かつコンパクトなエンジンに、スーパーチャージャーを搭載したモンスター仕様で、2015年に欧州や北米・日本国内を中心に発売を開始したNinja H2は、2018年モデルを発売することが決定しました。

カワサキ Ninja H2の価格やスペック、最高速度、購入方法等についても紹介しています。

2018年モデル Ninja H2の新車価格

Ninja H2

引用元:http://www.bright.ne.jp/lineup/ninjah2/

2018年モデルとなるNinja H2は、2017年モデルと同様に標準仕様となるNinjaH2とアッパーカウルなどにカーボン素材を仕様し、エキゾーストパイプにチタンを使用した上級グレードとなるNinja H2の2グレードの設定が用意されます。

新車価格:
Ninja H2:3,024,000円
Ninja H2 Carbon:3,348,000円

2017年モデルから新車価格は据え置きとなっています。

2018年モデル Ninja H2の装備やスペックの違い

Ninja H2

引用元:http://www.mr-bike.jp/?p=78970

2018年モデルとなるNinja H2の変更点は、標準モデルとなるNinjaH2に採用されているトレリスフレームが、上級グレードのNinja H2 Carbonと同様に色鮮やかなグリーンを採用した点です。

その他、エンジン性能や走行性能に関わる基本スペックはストックのまま熟成させたものとなっていて、Ninja H2の外装を彩る特別な銀鏡塗装も2017年モデルと同様となっています。

2015年から発売を開始したNinja H2は、2018年モデルにかけて大きな変更が加えられていないということは、すでに完成度の高いクオリティで製作されていることを印象付けていますね。

2018年モデル Ninja H2の発売日や購入方法について

Ninja H2

2018年モデルとなるNinja H2の取扱店は、現在のところ、カワサキの正規販売店で逆輸入車も多数取り扱いのある「ブライト」で発売されることが決まっています。

しかし、決められた注文期間に事前に予約を入れる必要があり、さらに予定入荷台数を上回った場合は、大幅に納期がずれ込む可能性もあるため、事前にチェックしておきましょう。

注文期間:2017年9月5日〜2017年11月30日

発売から3年が経とうとするNinja H2は、ニューモデルは早期に完売状態となることが予想されるため、購入を検討している方は、お早めに予約を入れることをおすすめします。

2018年モデル Ninja H2のエンジンスペックや大きさに関するスペック

Ninja H2
全長×全高×全長2085mm×1125mm×770mm
シート高825mm
車輌重量238kg
エンジンの種類DOHC並列4気筒水冷エンジン
最高出力205PS / 11000rpm
最大トルク13.kgf・m / 10000rpm
燃料タンク容量17.0L
引用元:https://www.webike.net/bike/6655/service/

エンジン性能や走行性能に関する基本装備に変更がないことから、基本スペックに関しても変更はありません。

最高出力205PSを出力するモンスターパワーは、2018年モデルとなっても健在です。

2018年モデル Ninja H2の最高速度をチェック Ninja H2

海外メーカーと協力製作したNinja H2専用の軽量かつコンパクトなスーパーチャージャーを採用し、優れた耐久性と放熱性を実現していることから従来必要とされるインタークーラーを排することで、大幅な軽量化を果たしていますが、これらのエンジン構成によりNinja H2から出力される最高出力は205PSにもなり、アクセルをワイドに開ければその最高速度は299km/Lに到達した記録も残っています。

2018年モデル Ninja H2のマフラーをチェック

Ninja H2

引用元:http://www.bright.ne.jp/lineup/ninjah2/

2018年モデルのNinja H2に採用されているノーマルマフラーは、迫力のある大型マフラーを採用しているため、ワイルドな印象でエッジの効いたデザインのNinja H2にはピッタリのデザインです。

しかし、それゆえに重量が重く大排気量を活かした迫力のあるサウンドも影を潜めています。

そこで、大幅な軽量化や全域において大幅なパワーアップを期待でき、さらにカスタムメーカーごとに個性的なデザインを選べる魅力もあるカスタムマフラーをご紹介したいと思います。

トリックスター フルエキゾーストマフラー IKAZUCHI

トリックスター フルエキゾーストマフラー IKAZUCHI
参考価格:376,920

全日本ロードレースでカワサキのトップチームを持つトリックスターからは、チタン製のフルエキゾーストマフラーがラインナップされていて、Ninja H2の持つポテンシャルを全域において引き出すことが可能です。

ヨシムラ スリップオンタイプ R-11Sp チタンサイクロン

Ninja H2

引用元:https://www.webike.net/sd/22897785/

ヨシムラ スリップオンタイプ R-11Sp チタンサイクロン
参考価格:122,040円

製品の精度と信頼性は世界レベルのヨシムラからは、車検にも対応し、軽量なカーボンとステンレスを組み合わせた軽量かつレーシーなサイレンサーがラインナップされています。

オーバーレーシングプロジェクト レーシングチタンメガホン フルエキゾースト

オーバーレーシングプロジェクト レーシングチタンメガホン フルエキゾースト
参考価格:297,360円

フレームからスイングアーム、マフラーなど幅広いジャンルのワンオフパーツを製作する日本を代表するカスタムメーカーからは、MotoGPルックのレーシーなデザインを採用し、マフラーを構成するパーツをすべてチタンとした高級感あふれるモデルです。

マフラーをカスタムすると、アグレッシブなデザインのNinja H2がさらにスポーティーな印象となりますし、エンジン特性も大幅にパワーアップするため、バイクライフを充実させる選択肢としてチェックしてみると面白いと思います。

まとめ

後世にわたって語り継がれることになるカワサキのNinja H2は、見ごたえだけでなく、乗りごたえもあるスーパーバイクです。

バイク不況を吹っ飛ばすようなモンスターマシンでツーリングからサーキットまで楽しんでみてはいかがでしょうか。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

Ninja H2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA