CB1300SF/SB(スーパーボルドール)2018年新型の評価 最高速や馬力、燃費は?

CB1300SF/SB

ホンダの伝統的なネイキッドスタイルを踏襲しているCB1300シリーズは、デビューイヤーから大型エントリーライダーをはじめ、女性の方やベテランライダーにも愛され続けるホンダが誇る人気モデルとなっています。

2017年に新たに施工された新排気ガス規制をクリアし、2018年モデルの新型として新たにラインナップされたCB1300SF/SBは、扱いやすさと利便性を向上させながらも、スポーティーな一面が強くなった仕上がりとなっているようです。

スペックの評価や最高速、馬力、燃費、カラーラインナップなどその魅力を紹介します。


CB1300SF/SBのスペック、基本装備


CB1300SF/SB
引用元:http://www.honda.co.jp/CB1300/



2018年モデルへとモデルチェンジした新型CB1300SF/SBは、新しい環境規制をクリアしながらも、エンジン出力特性をさらに向上させることで、さらにパワフルなエンジン性能となりながらも扱いやすい特性を維持しています。


CB1300SF/SB

エンジン回転数に応じて、駆動するバルブ数を変化させることで、優れた低燃費性能と加速性能を実現させているV-TECHエンジンには、大口径化されたスロットルボディを組み合わせ、さらに燃調セッティングを最適化することで、最高出力を大幅に向上させ、スポーティーな仕上がりとなっています。

また、今回のエンジン仕様の変更でホンダのフラッグシップモデルでもあるCBR1000RRに装着されている「アシストアンドスリッパークラッチ」を新たに採用。

軽快なクラッチワークとコーナー進入時などに発生するバックトルクを相殺することで、余計なクラッチワークを必要とせず、ブレーキングに集中できる仕様となっています。


CB1300SF/SB

新型となるCB1300SF/SBには、新採用となる洗練されたデザインのLEDヘッドライトを装着し、さらに前後ウインカーにはスタイリッシュなバータイプのLEDウインカーを組み合わせることで、高級感のある演出と夜間走行においても優れた安全性を確保した仕様となっています。


CB1300SF/SB

エンジン仕様や装着されるスロットルボディ仕様を変更することで、エンジン出力特性を大幅にパワーアップ。よりスポーティーで軽快なコーナリング性能を実現すべく、前後サスペンションのセッティングを最適化しました。

ネイキッドモデルらしく、セッティング次第ではタンデム走行やツーリングでの乗り心地を重視した仕様に変更することも可能となっています。


CB1300SF/SB

また、主にツーリング時に重宝する装備として、グリップヒーターと別体式ETC、さらにはDC電源ソケットを標準装備することで、メーター内にインジケーターがスマートに収納されていることや、取り付けに関しても純正パーツならではの美しい取り付けで装着されています。

次に、新型CB1300SFと新型CB1300SBのそれぞれのスペックをチェックしていきましょう。

新型CB1300SFのスペック


全長×全幅×全高2200mm×795mm×1125mm
車輌重量268kg
ホイールベース1520mm
シート高780mm
エンジンの種類DOHC水冷4ストローク並列四気筒エンジン
排気量1284cc
最高出力110PS
最大トルク12.0kgf
燃費26.8km/L

新型CB1300SBのスペック


全長×全幅×全高2200mm×825mm×1205mm
車輌重量274kg
ホイールベース1520mm
シート高780mm
エンジンの種類DOHC水冷4ストローク並列四気筒エンジン
排気量1284cc
最高出力110PS
最大トルク12.0kgf
燃費26.8km/L


搭載するエンジンや主要構成パーツの多くを共有する新型CB1300SF/SBは、フロントカウルを装着するSB1300SBが若干、車体サイズが大きくなり車輌重量が重くなりますが、その差を感じることのないような取り回しのしやすさが、新型CB1300SF/SBの魅力の一つとなっています。

CB1300SF/SBの最高速や燃費などの評価やインプレ


CB1300SF/SB

新排気ガス規制に対応すべく、エンジン出力特性を改善することで、最高出力110PSものモンスターパワーを発揮するスポーティーなエンジン仕様となりました。

それ相応な最高速が出ることが期待されますが、今回発売された新型CB1300SF/SBは、日本国内正規モデルとして発売されています。

そのため、標準装備されているアナログ二眼メーターには260km/hまで刻まれていますが、スピードリミッターが装着されていることもあり、190km/h付近で最高速が頭打ちすることが予想されます。

現在発売されているかは確認が取れていませんが、カスタムメーカーから発売されることが期待される、リミッターカットを装着し、必要に応じて燃料噴射量を調整することで、最高速は230km/hは出るものと予想されます。


CB1300SF/SB

ネイキッドモデルとして発売されている新型CB1300SF/SBの魅力は、スポーツバイクのようなパワフルなエンジン性能と軽快なハンドリング・コーナリング性能にあります。

パワーアップされたエンジン性能に合わせて最適化された前後サスペンションにより、ワインディングなどでのスポーツ走行では、さらにアグレッシブな走りを実現していて、ワインディングで出くわしたスポーツバイクを追い回すことのできる走行性能を持っています。

また、燃費性能に関しても、大型排気量となる1300ccクラスを採用しながら、リッター26.8km/Lもの低燃費性能を発揮することで、長い航続距離を走ることができるメリットも魅力の一つです。

CB1300SF/SBのカラーリングや新車価格、発売日


CB1300SF/SB

2018年モデルとなる新型CB1300SF/SBの発売日は、2017年10月20日からドリームなどの正規販売店などで販売を開始しています。

ドリームなどの店舗によっては、新型CB1300SF/SBの試乗車を取り扱っていることもありますので、新車の購入を検討している方は、販売店にてチェックしてみてください。

次に、新型CB1300SFとCB1300SBのカラーリングと新車価格をそれぞれチェックしていきましょう。

パールサンビームホワイト(SF)


CB1300SF/SB

ソードソルバーメタリック(SF)


CB1300SF/SB
新車価格:¥1,447,200

パールサンビームホワイト(SB)


CB1300SF/SB

ソードシルバーメタリック


CB1300SF/SB
新車価格:¥1,555,200


新型1300SF/SBに採用されているパールサンビームホワイトは、誕生25周年を記念した「プロジェクトビッグワン」特別カラーとしてラインナップされています。

特別仕様を象徴するエンブレムを装着した、ホンダ伝統のカラーリングと、シンプルながら洗練された高級感のあるシルバーの2色がラインナップ。

他社のライバルと比較すると、新車価格が高めに設定されていることに気づきますが、これらのスペックや基本装備などから、価格以上の価値がある仕様となっています。

まとめ


2018年モデルとなる新型CB1300SF/SBは、「らしさ」を継承した伝統的なスタイルとしながらも、さらにエンジン性能と走行性能を向上させた魅力溢れるネイキッドモデルとして、注目すべき1台へと仕上がっています。

CB400SF/SB(スーパーボルドール)2018年新型 スペックインプレ 発売日・価格

2017.11.04

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.10.17

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA