ヤマハ XSR155 2020年新型 スペックインプレ 価格や日本発売は?

XSR155-2020

ヤマハは、新型モデルのXSR155をタイで正式に発表しました。

XSR900・XSR700などのネオクラシックモデルの弟分にあたる新型XSR155は、タイだけでなく日本国内でも確かな需要が期待できるモデルです。

今回の記事では、タイで明らかになった新型XSR155の最新情報を中心に、気になる国内販売についての情報も合わせてチェックしていきましょう。


XSR155の主な仕様について


XSR155-2020

大型排気量を採用しているXSRシリーズのフィードバックされていることがわかる仕上がりは、細部をチェックすることでわかります。

小排気量でもネオクラシックモデルらしい、古風な味と高性能で機能的なパーツが融合したディーテールをチェックしていきましょう。


XSR155-2020

搭載するエンジンは、同じくアセアン仕様として先行販売しているYZF-R15やMT-15と同様のエンジン。

造形の美しいシリンダーやヘッドは水冷仕様で、小排気量ながらパンチのある出力性能を発揮するでしょう。

このエンジンの特徴は、VVTと呼ばれる可変バルブシステムを腰上に採用していること。

ヤマハではおなじみになったシステムは、低速から高速まで最適なエンジン特性を機械的に実現しています。


XSR155-2020

シートはフラットなダブルシートを標準装備。

さらにタックロールをあしらうことで、ネオクラシックな雰囲気を演出。写真のブラウンは、シルバーのみに標準装備しているもの。

そのほかの3カラーは、ブラックを装備。


XSR155-2020

155ccのバイクとは思えないほどの造形美の美しさ、塗装の仕上がりの高さを感じます。

縦に入るラインでツートンカラーを差し色に入れることで、クラシカルな雰囲気の中にスポーティーで性能の高さを誇示しているかのような演出が魅力的ですね。

灯火類はヘッドライト・テールライトがLED。メーターは丸型のフルLCD出デジタルを採用する豪華仕様です。


XSR155-2020

スイングアームの造形が美しいことも特徴的で、フロントには倒立フォークを標準装備しています。

さらにタイヤサイズは YZF-R25と同じ17インチサイズのタイヤを採用。スポーツラジアルを選択することもできそうですね。

外装に目が行きがちいなネオクラシックモデルですが、新型XSR155は足回りの細かなパーツからエンジン、電装品まで拘りぬかれたデザインがライダーの五感を刺激します。

XSR155のカラーリング


シルバー


XSR155-2020

レッド/ホワイト


XSR155-2020

ブラック


XSR155-2020

グリーン


XSR155-2020

シックなカラーからスポーティーなカラーまで、幅広いラインナップが特徴的です。

どのモデルにもヤマハらしい攻撃的なデザインが採用されていて、マットな質感のカラーが高級感を演出していますね。

XSR155のスペック


XSR155-2020
全長×全幅×全高2000mm×805mm×1080mm
車両重量134kg
ホイールベース1330mm
シート高810mm
エンジンの種類SOHC水冷単気筒エンジン
排気量155cc
燃料タンク容量10L

上記のスペックはタイ仕様のものです。

気になる最高出力・最大トルク・燃費性能に関しては、正式な数値を確認することができませんでした。

日本国内導入が決定した際には、スペックに差異が出る可能性があります。

XSR155のインプレ


XSR155-2020

155ccのVVTエンジンを搭載しているXSR155は、ストリートを中心にライドを楽しむことができる仕上がりになるでしょう。

可変式バルブの恩恵は、低速域から高速域にかけて最適なエンジン特性を発生させること。

それにより、小排気量特有のシビアなアクセルワークを必要とせず、トルクフルなエンジン性能をストリートからツーリングシーンまで味わうことができそう。

圧倒的なパワーこそないものの、155ccという排気量を活かして高速道路の走行も楽しむことができるでしょう。


XSR155-2020

大型バイクのような快適さはないものの、規制を遵守したライドであればロングツーリングもこなすことができるはずです。

このエンジンを支える足回りには、倒立フロントフォークやモノサスペンションが優れた乗り心地を約束してくれるでしょう。

大型バイクでは見慣れた装備の多くが、155ccのXSR155に標準装備していることもチェックすべきポイントの1つ。

電子制御機能こそ少ないものの、バイク本来の機械的な要素をライダーが扱う喜びと楽しさを堪能できる奥深さが醍醐味になりそうですね。

XSR155の日本発売と新車価格


XSR155-2020

今回発表された新型XSR155は、タイをはじめとするアセアン諸国仕様です。

日本国内販売については未発表の状態で、新車価格についてもアナウンスがありませんでした。

ただし、新車価格に関してはタイで発表された価格を換算すると32万円ほどの価格設定になることがわかりました。


XSR155-2020

YZF-R15やMT-15をベースに開発しているXSR155は、国内仕様として発売することは難しいかもしれません。

しかしこれらのようなアセアンモデルを逆輸入で取り扱う販売店で購入することが可能になるかもしれません。

このあたりの排気量は、ヤマハのラインナップが少ない印象があるため、国内販売を期待したいところですね。

XSR155の関連動画



まとめ


タイで正式に発表された新型XSR155。どのディーテールをみても素晴らしい仕上がりとこだわりが集約された完成度の高いネオクラシックモデルでした。

国内販売は未定ですが、今後の要望次第では正式に日本で買うことができる日も近いかもしれませんね。

2019年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク 2019年モデル

新型バイク最速情報 2019~2020年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2019年8月26日

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを売却して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、バイクの査定額を把握して高く売却するコツを紹介しています。

⇒ バイクの買取相場を判断する方法と査定額を高くするためのコツ!

XSR155-2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA