MT-25 カスタムマフラー・スクリーンまとめ 中古車情報

MT-25

ヤマハが誇るMTシリーズの末っ子としてラインナップされているMT-25は、同クラスのライバル車と比較してもYZF-R25同様、人気を誇っている車種です。

2015年の発売以降、2017年のモデルまでマイナーチェンジをしてきたMT-25は、カスタムパーツが2015年モデルから共通して使用でき、国内外のカスタムメーカーから豊富なカスタムパーツがラインナップされていることも、MT-25を選ぶ際のメリットとなります。

また、発売から2年が経つこともあり、中古車の流通量も増えており、新車から中古車まで選択する幅が広がっています。

今回は発売以来、幅広いユーザーから人気を得ているMT-25のカスタムパーツや中古車情報をご紹介し、現在MT-25に乗っている方からこれから購入を検討している方に参考にしていただければと思います!

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、購入金額を大幅に安くすることができる"バイクの下取り方法"をまとめています。

⇒ バイクの買取相場を知る方法と高く売却するコツ

MT-25の純正カスタムオプションパーツ

MT-25

引用元:http://www.ysgear.co.jp/Products/List/top/model/1153

ヤマハには、純正カスタムオプションパーツをワイズギアが製作しており、高品質な作りのカスタムパーツがラインナップされていますので、ワイズギアのおすすめカスタムパーツをカテゴリーに分けて、ご紹介させていただきます!

〜ルックスをさらに洗練するドレスアップパーツ〜

AUTHENTIC外装キット

MT-25

引用元:http://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/model/1153/item/Q5KYSK088S01

参考価格 ¥69,120

ヤマハ伝統の赤白ストロボをあしらったノスタルジックな外装キットで、全てのパーツをボルトオンで装着でき、気分が変わればノーマル外装にすぐ戻せるメリットもあるため、気軽にルックスの印象を変えることができます!

ライセンスプレートホルダー

MT-25

引用元:http://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/model/1153/item/Q5KYSK084E03

参考価格 ¥17,280

長い泥除けを外し、質感の高いアルミ素材のカスタムパーツに変更することで、車体をよりシャープに演出します。装着率の高い人気のカスタムパーツとなります。

シートカウルキット

MT-25

引用元:http://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/model/1153/item/Q5KYSK088G01

参考価格 ¥16,200

タンデムシートと交換するだけの簡単取り付けで、よりスポーティーでレーシーな仕様とすることが可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワイズギア MT-25 シートカウルキット MS-1
価格:13750円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)

〜走行性能をさらに向上させ、走りを楽しくするチューニングパーツ〜

KYBスペシャルサスペンション

MT-25

引用元:http://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/model/1153/item/Q5KYSK084F03

参考価格 ¥75,600

高速域を多用するスポーツ走行でも安定した減衰が効き、快適なスポーツ走行を楽しめるだけでなく、フルアジャスタブルタイプとすることで、ライダーの体重や乗り方に合わせたセッティングが可能となっています。

シチュエーションに合わせたセッティングがしやすいように、セッティング表が付属されていますので、どなたでも快適な乗り心地にすることができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワイズギア KYB スペシャルサスペンション リア Q5KYSK084F03
価格:70308円(税込、送料別) (2017/6/30時点)

スペシャルインナーキット

MT-25

引用元:http://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/model/1153/item/Q5KYSK084F02

参考価格 ¥38,880

フロントフォークの内部パーツである、スプリングやダンパーのセットで、高速域でも粘りのある安定した走りを実現でき、トップキャップにはプリロードをセッティングできる機構も備わっており、ライダーの意図した乗り味にセッティングすることができます。

〜利便性や盗難防止に一役買ってくれる便利カスタムパーツ〜

リアキャリア

MT-25
引用元:http://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/model/1153/item/Q5KYSK088E01

参考価格 ¥19,440

頑丈な作りで、最大3kgまで積載を可能にすることで、そのまま荷物をくくりつけても良し、大容量のボックスをつけるも良しで、ツーリングから通勤など様々なシチュエーションで活躍してくれるカスタムパーツです。

アラームイモビライザー

MT-25

引用元:http://www.ysgear.co.jp/Products/Detail/top/model/1153/item/Q5KYSK063U01

参考価格 ¥13,824

メインキーの操作により、アラームのオンオフを簡単に設定でき、オンにした状態で車体を揺らすとアラームがなる仕組みとなっていて、確実な盗難防止に一役買ってくれており、アラームの音量も設定が可能となっています。

ここでご紹介させていただいた他にも、ワイズギアからはカスタムオプションパーツがラインナップされていますが、純正オプションでもこれだけカスタムを楽しめるのは、MT-25の特権と言えますね!

MT-25のカスタムマフラー

発売から2年が経過するMT-25には、多種多様なカスタムマフラーがラインナップされており、メーカーや製品によって出力特性や軽量化、もちろんルックスだってカッコよく仕上げることのできるカスタムマフラーをチェックして、好みにあったカスタムマフラーを手に入れましょう!

〜スリップオンマフラー〜

スリップオンマフラーとは、シリンダーから装着されているエキゾーストパイプは純正を使用し、その先に装着されているサイレンサーのみをカスタムするタイプのマフラーになります。

OVER RACING PROJECT TT-FORMULA フルチタン スリップオン マフラー

MT-25

引用元:http://www.bikebros.co.jp/shopping/detail?item_id=186140

参考価格 ¥68,040

国内外の数多くの車種に適合したマフラーを製作しており、その作りと精度の高さは、ベテランライダーにもファンが多いメーカーです。

チタン製のサイレンサーを採用することで軽量化にも貢献し、全域に渡ってパワーアップが見込め、音量も政府公認マフラーと安心仕様となっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OVER RACING PROJECTS TT-Formula フルチタン スリップオン マフラー MT-25 YZF-R25
価格:60309円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)

ワイズギア スリップオンマフラー

MT-25

引用元:http://www.bikebros.co.jp/shopping/detail?item_id=177743

参考価格 ¥38,880

サクラ工業が手がけたカスタムマフラーで、純正マフラーも多く手がける2輪メーカーからも信頼の厚いメーカーです。

まずは、スリップオンにしてもお手頃な価格帯が魅力の一つで、ステンレス製のサイレンサーにカーボンプロテクターの組み合わせがレーシーながら、デザインは攻撃的なものとなっていますが、音量は安心の政府公認となっています。

SP忠男 POWER BOX LITE

MT-25

引用元:http://www.bikebros.co.jp/shopping/detail?item_id=55356

参考価格 ¥32,184

カスタムマフラーの老舗メーカーのSP忠男では、ボックス形状のチャンバーを中間パイプに設けたものが評判で、加速性能が圧倒的にパワーアップする特性のマフラーを製作するメーカーです。

ショートタイプのメガホン形状が特徴的なスリップオンサイレンサーで、よりトルクフルで気持ちの良いサウンドは、もちろん政府公認仕様となります。

コストを抑えてカスタムできるのが、スリップオンマフラーのメリットですね!

〜フルエキゾーストマフラー〜

フルエキゾーストマフラーは、シリンダーから出ているエキゾーストパイプからサイレンサーまでフルセットでカスタムするもので、スリップオンに比べ、より軽量化され、出力特性もカスタムメーカーの意図したパワーアップが図ることができます!

OVER RACING PROJECT TT-FORMULA コンプリートマフラー

MT-25

引用元:http://www.bikebros.co.jp/shopping/detail?item_id=186157

参考価格 ¥135,000

スイングアームやホイールなどの製作も行っているカスタムメーカーOVERは、国内でも指折りのカスタムメーカーです。

焼け色が美しいチタン製のサイレンサーにステンレスのエキパイを組み合わせ、ノーマルから4kgの軽量化をすることができ、低速域のトルクアップはもちろんのこと、全域においてパワーアップするマフラーです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OVER RACING PROJECTS TT-Formula コンプリート マフラー 2-1 MT-25
価格:119661円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)

BEET JAPAN NASSERT EVOLUTION TYPEⅡ フルエキゾーストマフラー

MT-25

引用元:http://www.bikebros.co.jp/shopping/detail?item_id=189629

参考価格 ¥145,800

全日本ロードレースでは、トップチームのサポートをするなどレースでも実績を残しており、カスタムマフラーの性能は実証済みの本格派マフラーメーカーです。

ノーマルに比べて3,4kgの軽量化を果たしており、MT-25特有のトルクの谷をカバーする出力特性となります。また、焼け色が美しいオールチタンのマフラーは、一目見ればBEET製だとわかるような、特別感のある仕上がりとなっています。

SP忠男 POWER BOX

MT-25

引用元:http://www.bikebros.co.jp/shopping/detail?item_id=55355

参考価格 ¥53,784

見て・乗って・聴いて楽しめるマフラーを製作するSP忠男は、カスタムメーカーの中でも老舗メーカーで、長年積み重ねたノウハウをフィードバックし、高性能で高品質なカスタムマフラーを製作するメーカーです。

エキパイとサイレンサーの間に設けられたトルクボックスが特徴的で、低中速域でのトルクをより力強くし、マフラーチューニングをする楽しさを体感できるカスタムマフラーとなっています。

フルエキゾーストマフラーは、価格帯が10万円を超えるものが多く、コストはかかりますが、それ相応のパワーアップと軽量化をするため、ハイスペックを求める方にはおすすめできる、マフラーです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SP TADAO SP忠男マフラー MT-25 (JBK-RG10J)POWER BOX パワーボックス YZ2-PB-01
価格:46390円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)

MT-25におすすめのカスタムスクリーン

MT-25

引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-25/index.html

ネイキッドモデルであるMT-25には、小さめのスクリーンが装着されていますが、高速道路など高速域での走行時に、強い走行風がライダーの負担となってしまいます。

そこで、カスタムパーツとして設定されている高さや形状の違うスクリーンを装着することで、ライダーへの負担を軽減し、ルックスもカッコよく仕上げてしまいましょう!

カスタムスクリーンをメインに製作しているMRAからは、シチュエーションに合わせたスクリーンの形状をラインナップしている特徴があり、自分に合ったスクリーンを選ぶことが可能です。

MRA ハイウエイシールド

MT-25
引用元:https://www.euroe-com.com/product/mra_5438.html

参考価格 ¥13,800

こちらは、高速道路などで受ける高速域での走行風を意識して設定された高さが特徴で、スモーク仕様とすることで、眩しい日差しからライダーを守ることも可能です。

中長距離を走るツーリングが主な用途の方にはおすすめのスクリーンです。

MRA スピードスクリーン

MT-25

引用元:https://www.euroe-com.com/product/mra_6016.html

参考価格 ¥13,800

ノーマルよりも少し長めの設計で、ライダー側に少し後傾していることで、ライダーが伏せれば走行風が流れる仕様となっています。

シャープな車体のバランスを崩さず、走行風の負担を軽減させたい方におすすめのスクリーンです。

MRA ヴァリオツーリングスクリーン

MT-25

引用元:https://www.euroe-com.com/product/mra_5505.html

参考価格 ¥20,400

ツーリングスクリーンよりも横幅が広いタイプとすることで、走行風だけでなく飛び石や虫からライダーを守ってくれる特徴があります。

ツーリングスクリーンよりも大きなスクリーンが好みの方におすすめのスクリーンです。

このように、一つのカスタムメーカーでも用途によって特徴の違うスクリーンを選ぶことができ、見た目以上に効果を得ることができるメリットがありますので、おすすめのカスタムパーツとなります!

MT-25の中古車情報

MT-25

引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-25/color.html

発売から2年が経過しているMT-25は、中古車市場のタマ数も豊富になりつつあるようで、MT-25の購入を検討されている方は、一度中古市場も参考にしてみると、良い買い物ができるかもしれません!

デビューイヤーとなる2015年モデルは、比較的程度の良い車両が多く、中古相場は以下のように推移しています。

2015年 MT-25 中古相場 39.9万円~41.9万円

次の2016年モデルとなるMT-25は、距離数が多くなっている車輌に関しては安い価格帯を推移していますが、比較的に高い相場を推移しています。

2016年 MT-25 中古相場 36.9万円~47.2万円

2017年モデルに関しては、未だ中古車を見つけることができませんでしたが、販売店が試乗車として使用していた極上の中古車が出回る可能性がありますので、その機会があればチャンスと言えそうですね!

MT-25の中古車を購入する際に注意すべきポイント

MT-25

引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-25/gallery.html

MT-25に関しては、年式がそこまで古い車輌がないため、他の車種と比べると細心の注意を払う必要はないようですが、どの中古車を選ぶにおいても注意しておきたいポイントがあります。

見えるところから見て、フレームに塗装の割れや剥がれはないかチェックする必要があり、これがあると事故か転倒の際に、フレームが歪んでしまっている可能性があるため、注意しておきたいポイントです。

そして、バイクを起こしてハンドルをまっすぐにした時に、ホイールとハンドルの位置が合っているかの確認も重要で、何かのショックが加わりフロント周りが曲がってしまうことは良くあるため、注意しておきたいポイントとなります。

それから、購入後にお金がかからないよう、タイヤの磨耗やチェーンなどの鉄製品のサビ、エンジンオイルやオイルーシールからのオイル漏れなど、一通りバイクをチェックして、後悔のない買い物にしましょう!

まとめ

MT-25

引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/mt-25/gallery.html

2015年のデビューイヤーから人気を誇るMT-25のカスタム情報や中古車情報を中心にご紹介させていただきました。

もうすでにMT-25に乗られている方やこれから購入を検討されている方にも参考になれば幸いです!

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

MT-25

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA