250cc 2018年新車バイク 人気おすすめランキング【ネイキッド編】

v-strom250

250ccクラスのオートバイは、アセアン諸国や日本国内・欧州を中心に人気があるカテゴリーです。ビギナーライダーからベテランライダーまで、幅広いユーザーが楽しめるバイクがラインナップしています。

今回は、多くの人気モデルがラインナップする250ccクラスのネイキッド・スポーツモデルのおすすめバイクをランキング形式でご紹介します。


250cc オートバイのメリット


セロー-9

現在ラインナップされているモデルの多くは、400ccクラスのバイクに迫るエンジン性能と走行性能を兼ね揃えています。

軽快でスポーティーな走行性能が、なによりのメリットと言えるでしょう。

250ccクラスのオートバイは、ツーリングモデルからスポーツモデルまで幅広いジャンルがラインナップしていることも特徴的ですね。

さらに車検がないことや税金がお得なこともあり、優れたコスパも購入後の嬉しいメリットになりそうです。

250ccオートバイのデメリット


トリッカー

大型バイクと比較すると、長距離ツーリングでは疲労感を感じやすい傾向があります。

軽量かつパワフルなエンジン性能を持っていますが、軽い車体を採用するがゆえの唯一の弱点と言えるかもしれませんね。

しかし、これらのデメリットは少しのコツを掴むことやカスタムを施すことで、簡単にクリアすることができます。

250cc オートバイ おすすめランキング


それでは、人気モデルが多くラインナップする250ccクラスのオートバイ、おすすめバイクをランキング形式でご紹介します。

これから新規購入や買い替えを検討している方は、是非とも参考にしてみてくださいね。

第5位 HONDA CBR250RR


CBR250RR 2018

新車価格:756,000円~
燃費性能:40.1km/L

第5位にランクインしたのは、クラストップのスペックを誇るホンダのCBR250RRです。

圧倒的な最高出力とトルク性能を誇るCBR250RRは、すでにレース界においても性能の高さを誇示しています。

エンジン性能を支える足回りにおいても、1000ccクラスのスーパースポーツバイクを彷彿とさせる仕様。豪華なフレーム・ブレーキ周り・足回りを採用していることも特徴的でしょう。

唯一の弱点といえば、新車価格が高騰していることかもしれません。

バイクのスペックや性能に妥協できない、こだわりの強いライダーが選ぶスポーツバイクです。

CBR250RR 2018年新型 新色追加 価格やスペック インプレ

2018.01.30

第4位 YAMAHA トリッカー


トリッカー

新車価格:467,640円
燃費性能:45.2km/L

第4位にランクインしたのは、ヤマハが誇るアーバンライクなトライアルモデル「トリッカー」です。

新たな規制をクリアして新型モデルとして復活したトリッカーは、前年モデルのデザインを踏襲した安定感のある仕様になりました。

クリーンになったエンジンは、最高出力を上げて少しパワフルな仕様になりました。街乗りでは豊かなトルクが快適なライディングを演出するでしょう。

女性ライダーからの指示が多いことから、取り扱いがしやすいことも注目すべきポイントです。

トリッカー 2018年新型 発売予定時期や価格は?スペックインプレ

2017.10.07

第3位 SUZUKI Vストローム250


V-Strom250

新車価格:570,240円
燃費性能:39.0km/L

バイクカテゴリーにおいて最も人気のあるアドベンチャーモデル、その中でも注目されているスズキのVストローム250が第3位にランクインしました。

タフなツーリングシーンを想定してデザインされたフロント周りが印象的で、オンからフラットダートまで幅広いシチュエーションを楽しむことができるでしょう。

フラットなライディングポジションと大型スクリーンの組み合わせは、長距離ライドでも快適な乗り心地を約束してくれます。

スズキらしさが際立つ遊び心のあるカラーリングも特徴の一つ。よりタフにバイクを楽しみたい方には、最高のバイクと言えるでしょう。

V-Strom250 価格と発売時期 スペックについて SUZUKI

2017.06.08

第2位 HONDA CB250R


CB250R-2018

新車価格:503,280円~
燃費性能:44.5km/L

ホンダが新たに発表した「ネオカフェスポーツ」の250ccクラスが堂々の第2位にランクインしました。

CB特有のスタイリッシュなデザインをそのままに、ラジアルマウントキャリパーや倒立フォークなど本格的な装備を充実させています。

スポーティーなスペックを誇りながら、スタイルはストリートシーンに溶け込むアーバンライクなデザインが魅力の一つ。

すでに街中では、カジュアルなスタイルでCB250Rを楽しむ姿を見かけるようになりました。

肩の力を抜いてバイクを楽しみたいけど、スポーツ性能や機能性に妥協できない方におすすめしたい1台ですね。

CB250R 新型2018年モデル スペックインプレ 価格や発売日は?

2018.01.09

第1位 YAMAHA セロー250


セロー-7

新車価格:564,840円
燃費性能:48.4km/L

250ccクラスのオートバイランキング、第1位に選ばれたのはヤマハのセロー250です。

長い歴史に一度幕を下ろしたセローは、多くのファンが復活を待ち望んでいました。リリース前は色々な噂が飛び交いましたが、前年モデルの伝統的なスタイルを踏襲した仕様になりましたね。

エンジンはクリーンに、最高出力をさらに向上させたセロー。オフロードシーンからツーリングシーンまで、力強い走行性能を発揮するでしょう。

ワイズギアからラインナップしている「ツーリングセローキット」を装着すれば、さらにタフな仕様にカスタムすることが可能です。

バイク本来の楽しさを堪能することができる、伝統的なオフロードバイクは幅広いライダーに乗ってもらいたい1台ですね。

セロー250 新型モデル スペックインプレ 発売日や価格 ツーリング性能は?

2018.08.09

まとめ


250ccクラスのオートバイは、優れたコスパと魅力あるラインナップが印象的で、いまや人気カテゴリーへと成長しました。

扱いやすい車両重量と軽快なエンジン性能を持ったバイクは、バイクを扱うことの楽しさを学ぶことができます。街乗りからツーリングまでバイクライフの楽しさを満喫してみてはいかがでしょうか。

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018~2019年モデル ネイキッド・スクーター

2018.08.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA