セロー250 新型モデル スペックインプレ 発売日や価格 ツーリング性能は?

セロー-1

ヤマハのオフロード史を彩る名車「セロー250」は、新型モデルを新たにリリースしました。

セローファンだけでなく、オフロードバイク好きが待ちわびた今回のリリース情報。スペック、発売日や価格、ツーリング性能等を中心に、このバイクの魅力を紐解いていきましょう。

新型セロー250の主な仕様

セロー-2

引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/serow/index.html

新型モデルとして新たに発表されたセロー250は、古き良きスタイルを踏襲したデザインが印象的。どこが変わったのか、セロー好きにしかわからないほどの小変更でまとめあげられています。

新型セロー250を語るうえで抑えておきたい3つのポイントをご紹介したいと思います。

新たにブラッシュアップされたエクステリア

セロー-3

新型セロー250は、リヤ周りにスタイリッシュなLEDテールライトを装着。それに合わせてエッジの効いたシートカウルを組み合わせたことが大きな変更点です。

この組み合わせは、セローのモタード仕様である「XT250X」のデザインを踏襲したものになっています。

前期モデルでは重い印象があったデザインでした。今回の変更により、スポーティーな仕上がりになりましたね。

フロント周りやタンク周りに関しては、前期モデルのデザインを採用。ヤマハらしい伝統的なデザインを新型でも楽しむことができます。

クリーンにパワーアップしたエンジン

セロー-4

2017年の生産終了のきっかけとなったのが、厳しい基準を採用した新排気ガス規制でした。

エンジンの左サイドには、目立たぬように小型のキャタライザーを装着。エンジンのデザインを損なうことなく、新排気ガス規制をクリアしています。

さらに、最高出力が2PSアップしました。250ccの排気量を採用したオフロードモデルには、大きなメリットになるでしょう。

ツーリングセローへのグレードアップ

セロー-5

ワイズギアから発売されていたツーリングセローカスタムパーツ。新型セロー用ラインナップが新たに設定することが決定しています。

ノーマルでの扱いやすさを活かし、ツーリング性能と積載性をさらに拡張したカスタムが可能になります。

必要に応じて、スタイリッシュで利便性の高いカスタムを楽しめることも魅力の一つになりそうですね。

新型セロー250のカラーリング

パープリッシュホワイトソリッド(グリーン)

セロー-6

パープリッシュホワイトソリッド(オレンジ)

セロー-7

パープリッシュホワイトソリッド(ブルー)

セロー-8

新型セロー250のカラーリングは、オフロードシーンを彩る3色がラインナップ。

初期型セローを連想させるブルーをはじめ、スタイリッシュなオレンジやグリーンなど、スタイリッシュな構成となっています。

新型セロー250のスペック

セロー-9
全長×全幅×全高2100m×805mm×1160mm
車両重量133kg
シート高830mm
ホイールベース1360mm
エンジンの種類SOHC空冷単気筒エンジン
最高出力20PS
最大トルク2.1kgf
燃料タンクの容量9.3L
燃費性能48.4km/L

新型セロー250の発売日

セロー-10

発売日:2018年8月31日

すでにメディアにリリース情報が正式に発表されています。ヤマハの正規販売店であるYSPでは、すでに事前予約受付を開始。

長い歴史に一旦幕を閉じたセローの復活を待ちわびた声は多いこともあり、すでに多くの予約が入っているとのこと。

これから涼しくなるツーリングシーズンに備えたい方は、早めに予約をして備えることが吉となりそうですね。

新型セロー250の価格

セロー-11

新車価格:564,840円

2017年モデルと比較すると、6万円ほど値上がりしましたね。

数字だけみれば肩を落とすかもしれませんが、LEDパーツの採用やエクステリアのブラッシュアップ化。

さらには最高出力アップなど、多くのライダーには朗報となるモデルチェンジが施されています。

50万円代で購入できるバイクが国内ラインナップからも少なくなってきました。グレードアップしてもなお、お買い得感を維持している新型セローは財布にも優しいと感じます。

新型セロー250のインプレ

セロー-12

セローの特徴は、トルクフルなエンジン性能と軽く設計された車体との抜群の相性でしょう。新型はさらにその魅力に磨きがかかっています。

さらにストローク量を多く確保したサスペンションとの組み合わせもあり、街乗りからオフロード・ツーリングまで幅広く楽しめる仕様になっています。

2PSアップしたセローはさらにトルク性能が向上することで、メインとなる低中速域での快適さを堪能することができるでしょう。

高速性能には大きな影響を与えるとは考えにくいですが、セローの主戦場である街乗りやオフロードシーンにおいては大きな武器になります。

軽くてトルクのあるバイクは、扱いやすいバイクとしていつの時代も重宝される存在です。

高値の高性能なスポーツバイクが多くラインナップする現代において、新型セローのような等身大でバイクを楽しめることは貴重なことだと思います。

免許を所得したばかりのかた、バイクに乗りたいけどテクニックに自信のないかた。どなたでも新型セローは、一緒になって安心感と冒険心を持ってバイクライフを楽しんでくれる存在になるでしょう。

新型セロー250のツーリング性能

セロー-13

セローのコンセプトは初心者の方や女性の方でも、気兼ねなく楽しくバイクを操ることができること。

その特性は新型になっても健在で、ツーリングシーンにおいても快適な鼓動感とトルク感を堪能することができるでしょう。

かつて人気を博したWR250Rのような、スプリンタークラスの圧倒的なパワーはないものの、持ち前の扱いやすさは様々なツーリングシーンにおいて安心感のあるライドを約束してくれます。

これらはエンジン特性によるものだけでなく、830mmと低めに設定されたシート高、さらには取り回しのしやすさに貢献する車両重量も関係しています。

ライダーによっては、フラットダートや林道を楽しみたい方もいるでしょう。クッション性に優れたサスペンションは悪路でも快適な走行性能を発揮します。

また優れた燃費性能を発揮することも、ツーリング性能が優れていることを証明していますね。コストをかけずに、ツーリング先で沸いた冒険心に火をつけることもできる。

街乗りはもちろん、ツーリングライダーが長年愛用するバイクであることは、これからも多くの方が納得するバイクといえるのではないでしょうか。

新型セロー250の最新動画

まとめ

2017年モデルの生産終了がアナウンスされてから噂されてきた新型セロー。ヤマハが作り出すセローの世界を踏襲して現代が求める仕様にブラッシュアップした魅力溢れる新型モデルです。

バイクを思うように操ることができる「ライダーのよろこび」に直結している新型セローは、是非とも幅広いライダーに知ってもらいたいですね。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

セロー-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA