大型バイク ネイキッド おすすめ人気ランキング【2018年】

国内外の二輪メーカーが誇るフラッグシップモデルが多くラインナップする大型カテゴリー。その多くのモデルは、ライダーの憧れのバイクとして地位を確立しています。

大型免許を取得し、いざ購入する際には多くのラインナップからどのバイクを選べば良いのか迷いがちです。

そこで今回は、注目を集める新型バイクを中心に、人気のおすすめバイクをランキング形式でご紹介します。

購入を検討している方は、是非とも記事を参考にしてみてくださいね。


大型 オートバイのメリット




大型クラスのメリットは、各ジャンルのメーカーを代表するバイクがラインナップしていることでしょう。

例えばスポーツカテゴリーでは、世界選手権や全日本選手権でベース車両としている車種を購入することができます。公道を走行できることが不思議なくらい、レーススペックを誇る性能をツーリングで楽しむことも可能です。

さらに多くのモデルは大柄で安定感のあるレイアウトを採用しています。そのため、長距離走行では疲労を感じにくいメリットがあり、なかには日本一周を楽にこなせるバイクもラインナップしているんですよ。

大型 オートバイのデメリット




大型バイクのデメリットをあげるとすれば、メンテナンスなどの維持費がかかることですね。

高いコストがかかる代表格といえば、タイヤ代でしょう。小排気量のバイクや四輪と比較すると、タイヤ2本で驚くようなタイヤの種類もあります。

さらにスポーツ性能が高いバイクに関しては、効果でハイスペックなアイテムを標準装備しています。それらのメンテナンス費用や交換費用も高額になる傾向がありますね。

これらは、メーカーが決めたサイクルや摩耗具合に従って交換する必要があります。

この辺りは、新車購入時に販売店にメンテナンス費用がどれくらいかかるか、事前に相談しておくと安心するでしょう。

大型 オートバイ おすすめランキング




大型カテゴリーの特徴をチェックできたところで、おすすめバイクをランキング形式でご紹介します。

新車価格や燃費性能などのスペックを交えて、それぞれのバイクの特徴をチェックしてみてくださいね。

第5位 KAWASAKI Z900


z900-2018

新車価格:950,400円
燃費性能:25.0km/L

アグレッシブなスポーツ性能を誇示するようなデザインが特徴的なカワサキのZ900がランクインしました。

欧州市場で先行発売されていたZ900。ヨーロッパのバイクマニアを唸らせてきたZ900は、エキサイティングなエンジン性能と走行性能をそのままに、国内仕様として購入することが可能になりました。

600ccクラスのバイクと同等の軽量化が図られたモデルは、キレのあるコーナリングマシンと言っても過言ではないでしょう。

現代のカワサキを象徴するデザインは、ストリートシーンにもフィット。ワイディングやサーキット走行でもアグレッシブにスポーツ走行を楽しむことができるでしょう。

カワサキ Z900 2018年新型 スペックインプレ 日本発売日や価格

2018.03.01

第4位 HONDA アフリカツイン アドベンチャースポーツ


CRF1000L-2018

新車価格:1,659,960円
燃費性能:32.0km/L

タフなアドベンチャースタイルを採用し、さらにオフロードスタイルを強化したホンダのアフリカツイン アドベンチャースポーツがランクインしました。

フルモデルチェンジからさらにアップデートした新型アフリカツイン。電子制御関連をさらに強化することで、トラクション性能・コントロール性能・コーナリング性能が飛躍的に向上しましたね。

さらにアドベンチャースポーツでは、ビッグタンクやタフなガード類を貴重な装備として追加。アドベンチャーレースにもそのまま参戦できるスペックとツーリング性能が最大の特徴でしょう。

オフロード性能の高さが魅力の一つですが、ロングツーリングでの快適性は特筆すべきポイントです。オフローダーだけでなく、ツーリングライダーにも愛されるアフリカツインは、今年も人気車種として地位を確立するでしょう。

CRF1000Lアフリカツイン 2018年新型 インプレ 足つきやツーリング性能

2018.01.06

第3位 SUZUKI GSX-R1000


GSX-R1000R 2018-3

新車価格:2,041,200円
燃費性能:22.1km/L

第3位にランクインしたのは、スズキのフラッグシップモデルであるGSX-R1000がランクインしました。

1000ccクラスのスポーツクラス最高峰モデルのGSX-R1000は、2017年のフルモデルチェンジを機にサーキットモデルとしての性能をさらに強化。

IMUを利用した高性能なコーナリングABSやトラクションコントロールをはじめ、多彩な電子制御機能がアグレッシブな走りをサポートします。

すでに全日本ロードレースや鈴鹿8耐でも結果を出すなど、車両の完成度の高さを証明しています。

スポーツライディングに特化したモデルのため、ツーリングには不向きな一面もありますが、一度は乗ってみたい憧れのバイクではないでしょうか。

GSX-R1000 2017年モデル 価格と発売日 予約や納車状況は?

2017.06.22

第2位 YAMAHA NIKEN


niken-1

新車価格:1,782,000円
燃費性能:26.2km/L

第2位にランクインしたのは、ヤマハの3輪技術を採用した新型スポーツバイク「NIKEN」です。

ヤマハの独自技術であるマルチリーニングホイールレイアウトを採用したNIKENは、MT09に搭載したエンジンを搭載したアグレッシブなモデル。

トリシティで証明された直進安定性とコーナリング性能をアップデートし、倒立フォークをフロントに4本採用。フレームも専用設計とすることで、ツーリングからワインディングまで快適で安全なバイクライフを実現しています。

東京モーターショーで初公開された当時は、ショーモデルとして登場したかに思われたNIKEN。以外にも新車価格が150万円をきる価格帯に設定されていることも人気の要因となりそう。

これからのバイクの概念を大きく変えることになる、革命的なモデルは今後も必見でしょう。

YAMAHA NIKEN スペックインプレ 発売日や価格 予約状況 何免許で乗れる?

2018.09.12

第1位 HONDA CRF450L


crf450l-2019-1

新車価格:1,296,000円
燃費性能:31.0km/L

輝く第1位にランクインしたのは、レーシングスペックを誇るオフローダー「CRF450L」です!

CRF250Lと同じような車種名を踏襲していますが、スペックはレーサーカテゴリーのCRF450Rと同等のかなりアグレッシブなバイク。

ベースになっているのはモトクロッサーのCRF450R。エンデューロ仕様に足回り・エンジン仕様をモディファイしたスプリンターです。欧州や北米では発売される傾向があったこの系統のバイクは、国内仕様として発売されるのは異例のこと。

これだけのレーススペックを誇るバイクを、安心・安全な保証対象となる国内仕様として購入できるのは注目すべきポイントでしょう。

街乗りからツーリングはもちろん、アグレッシブに林道を攻めることも可能。さらにナンバープレートを外せば、そのままエンデューロレースに参戦することもできます。

高騰した新車価格はハイスペックなバイクの証し。アグレッシブでタフなライディングを好むライダーに最高のバイクと言えるでしょう。

CRF450L 2019年新型 スペックインプレ 発売日や価格、馬力 予約状況は?

2018.07.01

まとめ


今回は大型カテゴリーのおすすめバイクをランキング形式でご紹介しました。

各メーカーの最高峰の技術を結集して製作されたフラッグシップもラインナップしていることもあり、見応えがあるカテゴリーでしたね。

コストはそれなりにかかりますが、一生付き合える相棒を見つけることができそうです。これから購入を検討している方は、是非とも記事をチェックしてみてくださいね。

おすすめランキング

大型バイク ネイキッド おすすめ人気ランキング【2018年】

2018.09.20

400ccバイク ネイキッド おすすめ人気ランキング【2018年】

2018.09.15

400cc~大型 スクーター 人気おすすめランキング【2018年】

2018.09.10

250cc ネイキッドバイク おすすめ人気ランキング【2018年】

2018.09.03

250cc スクーター おすすめ人気ランキング【2018年】

2018.09.01

125ccバイク ネイキッド おすすめ人気車種 最強ランキング【2018年】

2018.09.01

125ccバイク スクーターおすすめ人気車種 最強ランキング【2018年】

2018.08.30

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.12.01

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA