YAMAHA BOLT ABS 2019年新型 評判 Rスペックとの違いは?カスタムパーツも紹介

bolt_2019_1

ヤマハはオーセンティックなボバースタイルが特徴的なBOLTに、2019年モデルを新たにリリースしました。

ストリートシーンからツーリングシーンまで幅広くライダーのスタイルを彩ってきたBOLTは、どのような進化を遂げているのでしょうか。

今回の記事では、新型BOLTの変更点と特徴をメインに、Rスペックとの違いやカスタムパーツについてもご紹介します。

2019年 新型 BOLTの主な変更点と特徴

bolt_2019_2

引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/bolt/

2019年モデルの新型BOLTは、2018年モデルの仕様をベースに新たなカラーリングをラインナップしました。

BOLT、BOLT Rスペック、それぞれのグレードに1カラーずつ。

シックでシンプルなブラック、オーセンティックで伝統的なストロボカラーを彷彿とさせるマットシルバーは最近のヤマハを象徴するデザインですね。

エンジンやシャシ、仕様に関しては2018年モデルから変更点はありません。

2019年 新型 BOLTのカラーリング

BOLT ABS

ブラックメタリックX

bolt_2019_3

BOLT R ABS

マットシルバー

bolt_2019_4

2019年 新型 BOLTとRスペックの違いについて

bolt_2019_5

デビューイヤーからヤマハのBOLTには2つのグレードがラインナップしています。

それぞれのグレードには、クラシカルな要素とスポーティーな要素の相反する象徴的なパーツを採用しています。

このバイクの魅力を理解するには、スペックや採用されているパーツの特徴を理解する必要があります。

ここでは、カテゴリー別にチェックしておきたいポイントを整理しておきましょう。

スペック

全長×全幅×全高2290mm×830mm×1120mm
車両重量252kg
ホイールベース1570mm
シート高690mm
エンジンの種類空冷SOHCV型2気筒エンジン
排気量941cc
最高出力54PS
最大トルク8.2kgf
燃料タンク容量13L
燃費性能30.7km/L

まずはスペックから。

バイクの性能をチェックするためのスペックを比較すると、Rスペックとの違いがないことがわかります。

購入時にどちらのスペックを購入するか迷っている方は、足つき性や車両重量で迷うことなく、選ぶことができますよ。

ホイール

bolt_2019_6

スペック値に違いがなくても、グレードの違いを象徴する2つのパーツがあります。まずはホイールです。

まず通常スペックのBOLTは、アメリカンやオフロードバイクに装着率の高い「スポークホイール」を採用しています。

タイヤサイズこそRスペックと同じですが、BOLTはチューブタイプです。

bolt_2019_7

上級グレードのRスペックには、アルミ削り出しで製作された「キャストホイール」を採用しています。

ワイルドでスポーティーなイメージを踏襲。こちらはチューブレスです。

ホイールが変わるだけで、かなりイメージが変わりますね。

サスペンション

bolt_2019_8

ホイールの仕様からクラシカルなデザインが通常グレードの特徴であることがわかりました。

それに合わせて通常グレードは、リヤサスペンションもリザーブタンクなしのシンプルなタイプを採用しています。

bolt_2019_9

Rスペックには、リザーブタンク付きのスポーティーなサスペンションをセットしています。

キャストホイールとゴールドに輝くリザーブタンク付きサスペンション、ツーリングの道中を少しでもエキサイティングに楽しめる工夫をしていますね。

Rスペックとの大きな違いはこの2点のみ。これだけで全くの別物に仕上っています。

2019年 新型 BOLTのインプレ

bolt_2019_10

ホイールやサスペンションに違いがあった通常スペックとRスペック。

スポークホイールを採用している通常スペックのBOLTは、ホイールの特性上クッション性が優れている特徴があります。

このあたりはチューブタイプを採用していることも影響しているでしょう。

クラシカルなルックスで、マイペースで優雅なツーリングを楽しむことにフィットします。

対してキャストホイールを採用しているRスペック。スポーティーな走りを可能にしているのは、コシのある優れた摺動性です。

ある程度速い速度域でも、狙ったラインをトレースできるコントロール性能は、エキサイティングな走りを楽しみたいライダーにフィットします。

街乗りやツーリング中にパンクしたときに、チューブタイプは手間と技術が必要です。

一方でチューブレスタイプは、パンク修理キットで簡単に修理できることがメンテナンス上では優位ですね。

スペック値のとおり、エンジン性能に関してはともに同等の性能を発揮します。

図太いトルク性能を活かして、マイペースに楽しみたいのか、少しでもアクティブに楽しみたいのかで選んでみてはいかがでしょうか。

2019年 新型 BOLTのカスタムパーツ

bolt_2019_11

スタイリッシュなボバースタイルが印象的なBOLTは、ノーマルでもカッコよくストリートシーンに馴染むバイクです。

国内外から豊富なカスタムパーツがラインナップしていて、パーツによってはドレスアップ効果やエンジン性能アップ、利便性も向上することができます。

ここのカテゴリーでは、おすすめしたい純正アクセサリーとカスタムマフラーも合わせてご紹介します。

純正アクセサリー

クイックリリースウインドシールド

付属のクイックリリースマウントを併用することで、かんたんに取り外すことも可能になります。

ロングツーリングも楽しみたいライダーには、防風性能の向上は必須でしょう。

エンジンガード

スタイリッシュなデザインのBOLTに違和感なくフィットするエンジンガードです。

スタイルを崩すことなく、不意の転倒の衝撃からエンジンや外装パーツを守ってくれます。

コンパクトリヤラゲッジ

小さな荷物をコンパクトに積載することができるカスタムパーツです。

こちらもスタイルを崩すことなく、利便性を向上することができます。

社外カスタムパーツ

PRUNUS フルエキゾーストマフラー

純正マフラーも製作するサクラ工業がリリースしたのは、ブラックアウトしたワイルドなカスタムマフラーです。

車検対応の安心・安全設計でカスタムライフを楽しむことができます。

VANCE&HINES ツインスラッシュスタッガード

ブラックアウトされた二本のスラッシュカットサイレンサーが印象的なカスタムマフラー。

アメリカンブランドならではのワイルドなデザインに、迫力のあるサウンドがアクセントになりますよ。

2019年 新型 BOLTの発売日と新車価格

bolt_2019_12

発売日

2019年5月16日

新車価格

BOLT Rスペック ABS:1,006,560円
BOLT ABS:961,200円

2019年 新型 BOLTの関連動画

まとめ

今回は2019年モデルの主な変更点とRスペックとの違い、カスタムパーツを中心にご紹介しました。

2018年モデルの仕様を踏襲したニューカラーでヤマハ伝統のVツインエンジンの味を楽しむことができる最高のボバースタイルを相棒の候補にしてみてはいかがでしょうか。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

bolt_2019_1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA