125cc 2018年新型バイク人気おすすめ車種 最強ランキング【ネイキッド編】

125cc-naked-4

125ccクラスのネイキッドタイプは、2018年から最も勢いのあるカテゴリーに成長しました。ポップなモデルからスポーティーなバイクまで、クオリティが高く幅広い選択肢があることが魅力のこのカテゴリー。

選択肢が多いが故に、購入時はどのバイクを選んで良いか迷いがちです。そこで今回は、2018年新型モデルからおすすめのネイキッドバイクをランキング形式で特徴や魅力をご紹介したいと思います。


125cc オートバイのメリット


125cc-naked-2

125cc オートバイのメリットは、軽快な走行性能と250ccクラスのバイクに匹敵する機能とスポーティーな走行性能。

さらに250ccクラスよりも軽量な車体設計にすることで、市街地やワインディングではキレのある走りを体感することができるでしょう。

ラインナップの中には、本格的な装備を採用したモデルも。普段のバイクライフをアグレッシブにサポートするカテゴリーは、セカンドバイクとしても注目を集めています。

125cc オートバイのデメリット


125cc-naked-3

小柄で軽量な車体が特徴的な125cc オートバイですが、250ccや400ccのような最高出力は期待できません。

そのため、中長距離を走るツーリングでは苦労する一面もあります。

しかし、優れた運動性能を発揮するサスペンションを採用する傾向があります。

おすすめランキング


125cc-naked-4

それでは、おすすめしたい125ccバイクをランキング形式でご紹介したいと思います。

新車価格や燃費性能、それぞれのバイクの特徴も合わせてチェックしてみてくださいね。

第5位 HONDA GROM(グロム)


新型GROM-11
引用元:https://www.honda.co.jp/GROM/


新車価格:351,000円
燃費性能:62.7km/L

第5位はホンダのコンパクトな12インチサイズを採用したグロムです。

可愛らしさを感じるサイズ感を採用しながら、運動性能が高い倒立フォークやモノサスペンションを組み合わせたスポーティーな仕様が特徴的です。

スタイリッシュで未来的なフォルムは、ストリートシーンにもフィットするでしょう。

若い方や女性ライダーにも人気が高く、多くのドレスアップパーツがラインナップしていることは面白いポイントですね。

HONDA GROM 評判と最高速は?

2016.11.19

第4位 KAWASAKI Z125


Z125 PRO 2018-3
引用元:http://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z125pro/


全長×全幅×全高1700mm×750mm×1005mm
車両重量102kg
ホイールベース1175mm
シート高780mm
エンジンの種類SOHC空冷単気筒エンジン
排気量124cc
最大出力9.7PS
最大トルク0.98kgf
燃料タンク容量7.4L
燃費性能54.2km/L

新車価格:345,600円

353,160円
燃費性能:50.0km/L

カワサキのアグレッシブなネイキッドモデル「Zシリーズ」のコンセプトを踏襲したZ125が、第4位にランクインしました。

ルックスのイメージをそのままに、ハイレベルな足回りとパワフルなエンジンをパッケージング。

12インチサイズでスポーティーな走行性能を堪能でき、通勤や通学の時間も退屈さを吹き飛ばすことができるでしょう。

Z125PRO 2018年新型 スペックインプレ ツーリング性能、ボアアップ方法は?

2018.04.30

第3位 SUZUKI GSX-R125

GSX-R125
引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxr125al8/top


全長×全高×全幅2020mm×1075mm×700mm
車輌重量134kg
ホイールベース1300mm
シート高785mm
燃料タンク容量11L
ミッション6速ミッション
排気量124.4cc

新車価格:386,640円
燃費性能:48.2km/L

スズキのフラッグシップモデルである「GSXシリーズ」のデザインをそのまました、GSX-R125が第3位にランクインしました。

17インチのフルサイズを採用することで、迫力のあるデザインを楽しむことができます。シティユースに対応したフルカウルのレプリカモデルは、大型バイクの入門編として最適ではないでしょうか。

125ccバイクのこれからのトレンドを感じる1台ですね。

GSX-R125 新型スペック 国内販売日や価格は?

2017.06.27

第2位 HONDA CB125R


cbr125-2018
引用元:https://www.honda.co.jp/CB125R/


全長×全幅×全高2015mm×820mm×1055mm
車輌重量126kg
ホイールベース1345mm
シート高816mm
エンジンの種類SOHC水冷単気筒エンジン
排気量125cc
最高出力13.3PS
最大トルク1.0kgf
燃料タンク10L

新車価格:448,200円
燃費性能:53.0km/L

「ネオカフェレトロ」のコンセプトのもと、全く新しいスタイルのホンダ CB125Rが第2位にランクインしました。

これまでのスタイルとは違った、クラシックと未来が融合したスタイリッシュなデザイン。採用される装備もLEDの灯火類をはじめ、多機能大型デジタルメーターなど妥協したところが見当たりません。

さらに倒立フォークやラジアルマウントのブレーキキャリパーを採用するなど、大型スポーツバイクのような設計も見どころの一つ。

ライバルを圧倒する機能性ということもあり、高騰した新車価格が気になるかもしれません。

しかし、CB125Rのライバルは海外メーカーのバイクと言っても過言ではありません。このバイクの装備とデザインを見れば、納得の仕上がりです。

CB125R 2018年新型 インプレ 発売日や価格、スペック

2018.01.04

第1位 HONDA モンキー125


monkey125-1
引用元:https://www.honda.co.jp/Monkey125/


新車価格:399,600円~432,000円
燃費性能:71.0km/L

125cc オートバイランキング、第1位はホンダのモンキー125です!

新たな歴史を刻みはじめた新型モンキーは、125ccに排気量アップし、12インチタイヤを採用することで大型化しましたね。

しかしスタイルは往年のモンキーそのもので、一人乗りの潔いスタイルは初心者の方からベテランライダーまで魅了する仕様になっています。

エンジンや足回りについては、グロムと共有しているポイントが多いです。そのため、レジャーバイクでありながらスポーティーな走行性能も堪能することができるでしょう。

今後は国内外のカスタムメーカーから多くのカスタムパーツがラインナップされる予定です。

モンキーの醍醐味であるカスタムが充実してくると、さらにこのバイクの楽しみが深まってきますね。

モンキー125cc 新型 最新情報 スペックインプレ 価格や発売日 予約状況は?

2018.04.23

まとめ


サイズやバイクのキャラクターが多彩にラインナップしている125cc オートバイ。実用性に加えて、スポーツ性などの遊び心を求めたいライダーにとっては最高のジャンルではないでしょうか。

メインバイクとしてもセカンドバイクとしても、最高の相棒になってくれるでしょう。

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018~2019年モデル ネイキッド・スクーター

2018.08.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA