モンキー125cc 新型 最新情報 スペックインプレ 価格や発売日 予約状況は?

monkey125-1

2017年にショーモデルのコンセプトモデルとして登場したモンキー125。世界中の話題を集めたモンキー125は、2018年モデルの新型バイクとして国内市場に登場することが決定しました。

モンキー50を彷彿とさせるデザインに安心感を覚えつつ、生まれ変わったエンジンや足回りには好奇心を持ってチェックする必要がありそうです。

今回は2018年の新型モデルの中でもトップクラスの注目度を誇るモンキー125の最新情報、スペックや価格、発売日、気になる予約状況等ご紹介したいと思います。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2018年モデル 新型 モンキー125の特徴


monkey125-2
引用元:http://www.honda.co.jp/Monkey125/



遠目で見れば懐かしさを感じるデザインですが、細部にわたってチェックすると現代的で洗練された技術が惜しみなく投入されています。

まずは注目すべきカテゴリーごとに特徴をリサーチしていきましょう。

ポップに生まれ変わったデザイン


monkey125-3

モンキー125には、モンキー50らしいポップでアクティブなデザインを採用しています。コンセプトには「コンパクト・シンプル・愛らしさ」とあるように、排気量が変わってもポップな存在感は不変ですね。

ホイールベースを短く設計することで、遊び心のあるコンパクトなサイズ感が印象的です。一人乗り仕様に割り切って設計することで、モンキー50を彷彿とさせるスタイリッシュなアップマフラーを装着。

この割り切りこそが、レジャーバイクの王道をいくハイセンスなデザイン性を感じさせています。


monkey125-4

クラシカルなデザインを採用していますが、ヘッドライトとテールライトにはLEDを採用することで、高級感を演出。メーターには多機能なフルデジタルメーターを装着するなど、高性能な一面も。

新たに搭載したエンジン


monkey125-5

搭載するのは、空冷OHC単気筒エンジン。トランスミッションは4速マニュアルを採用することで、バイクを操る楽しさを気軽に楽しめる仕様に。

すでに国内販売しているグロムと共通のエンジンを搭載することで、カスタムーパーツやチューニングパーツも共有できそうですね。

ハイスペック化したシャシ


monkey125-6

125化したエンジンを搭載したことで、車体サイズも大型化しました。フレームやバックボーンフレームを採用し、最適なしなりと剛性を確保。

足回りには12インチアルミ製キャストホイールを装着し、標準でアクティブなイメージを構築するブロックタイヤを採用しています。

フロントフォークには、運動性能が高くバネ下の軽量化に貢献する倒立フロントフォークが。リヤサスペンションにはストローク量が大きいものを組み合わせることで、速くなった速度域に対応しています。


monkey125-7

モンキー125には、前後ディスクブレーキを採用しています。さらにグレードによっては標準でフロントにABSを装着することで、安全性能を向上しています。

2018年モデル 新型 モンキー125のカラーリング


パールネビュラレッド


monkey125-8

バナナイエロー


monkey125-9

2018年モデルのモンキー125には、レッドとイエローを設定。それぞれのカラーリングに合わせるように、フロントフォークのアウターチューブは車体色にフィットしたカラーを採用しています。

タンクだけでなく、フレームやシートレール、スイングアームに至るまで美しい同色で仕上げられています。

2018年モデル 新型 モンキー125のスペック


monkey125-10
全長×全幅×全高1710mm×755mm×1030mm
ホイールベース1155mm
車両重量105kg
シート高775mm
エンジンの種類空冷OHC単気筒エンジン
排気量124cc
最高出力9.4PS
最大トルク1.1kgf
燃料タンク容量5.6L

モーターサイクルショーなどのインプレでは、大きさとシート高の高さに驚く方が多かったです。125ccに排気量アップしたのですから当然なのですが、この車体サイズであれば速度域が上がっても安心感を感じることができそう。

モンキー50が少し大きくなったイメージを持つ方もいたと思いますが、意外の大きさにギャップを感じるかもしれませんね。

シート高は775mmに設定されていますが、165cmの男性がまたがると両足のつま先で着地するような状態でした。車両重量が軽いこともあり、このくらいの足つき性で不安を感じることはなさそうです。

2018年モデル 新型 モンキー125の発売日


monkey125-11

発売日:2018年7月12日

発売日が発表されたのが4月23日のことでしたので、ほやほやの情報ですね。

評判次第で発売するとの情報がありましたが、ショーで公開されたコンセプトモデルはかなりの評判を呼んでいました。筆者もその中の一人です。

2018年モデルには多くの新型バイクがラインナップされますが、最も注目度が高いバイクと言っても過言ではないでしょう。

2018年モデル 新型 モンキー125の価格


monkey125-12

新車価格

モンキー125:399,600円
モンキー125 ABS:432,000円

125化したことで、新たにABS仕様が登場しました。前後ディスクブレーキを装着していますが、ABSはフロントブレーキにのみ採用します。

125ccクラスのバイクとしては高めの価格設定になっていますが、仕上がりの高さもトップクラスの妥協を許さない仕様になっています。

2018年モデル 新型 モンキー125の予約状況


monkey125-13

4月23日に発売日を公開したばかりのモンキー125。このタイミングから予約受付を開始する店舗が多くあるようです。

そのなかでも代表的なのが正規販売店であるドリームで、ホームページやブログなどにも予約受付に関するアナウンスを開始しています。

現段階では、すでに予約を入れたという情報は確認できていません。しかし2017年から世界的に注目度が高かったモデルだけに、購入を検討している方は予約必須でしょう。

2018年モデル 新型 モンキー125のカスタムモデル


monkey125-14
monkey125-15
monkey125-16
引用元:https://motor-fan.jp/article/10003745



海外のショーでは、モンキー125のカスタムモデルをすでに展示していました。

中でも注目なのは、日本国内を代用するカスタムメーカー「モリワキ」と「Gクラフト」でしょう。

さらに海外メーカーのカスタムメーカーからもコンプリートモデルを展示するなど、すでにカスタム熱が沸騰する予感しかしませんね。

2018年モデル 新型 モンキー125の最新動画




まとめ


世界中の高まった期待に答えるように発売が決定したモンキー125。メインバイクとしてはもちろん、セカンドバイクとしても独特な愛くるしい存在感を放つバイクになるでしょう。

燃費や合理的な要素が求められる時代に、遊び心のあるバイクでポップにバイクライフを楽しむのも良いかもしれませんね。

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.11.18

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA