TRICITY(トリシティ)125 ABS 2018年新型 マイナーチェンジ 価格や発売日は?

TRICITY-125-2018

ヤマハのモビリティに対する概念を覆す独創的な技術「マルチリーニングホイール」を採用して製作されたTRICITY125。

東京モーターショーでも展示された新型TRICITY125は、2018年モデルとなることで仕様を新たにしました。

メーカーからはマイナーチェンジとリリースされていますが、その全容はフルモデルチェンジと呼ぶにふさわしい内容になっているようです。

価格や発売日、スペックについて紹介しています。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2018年モデル 新型 TRICITY125 ABSの変更点と特徴


TRICITY-125-2018
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tricity/index.html



最も特徴的な変更点は、新たにブルーコアエンジンを搭載したことにあります。

MAXシリーズが共通して搭載するこのエンジンは、エンジン回転数に応じて駆動するバルブ数が変化するVVAを採用。低速域からのパンチのあるトルク感とパワフルな高回転域を実現しています。

さらに小型のラジエーターと冷却ファンをエンジン右サイドに配置することで、冷機時の暖気時間を大幅に短縮。これらのエンジン構成により、トップクラスの優れた燃費性能を発揮します。


TRICITY-125-2018

前年モデルよりもパワフルなエンジンを搭載したことで、そのパワーを的確に路面に伝える必要があります。その役割を果たすため、高性能なリヤサスペンションを新たに採用。中高速域での安定感と優れた乗り心地を同時に実現しています。


TRICITY-125-2018

さらにスタイリッシュな印象になったフロントフェイスには、新たにLEDヘッドライトを新たに採用。夜間走行時に優れた安全性能を発揮するだけでなく、高級感のある仕上がりが魅力の一つになりました。


TRICITY-125-2018

利便性をさらに拡張される装備として、グローブボックス内にはDC電源、トランク内には内部を照らすLED証明を標準装備しました。

独創的なデザインに高級感のある演出がプラスされた2018年モデルは、都会的な走行シチュエーションに最適な仕上がりになっています。

2018年モデル 新型 TRICITY125 ABSのスペック


TRICITY-125-2018
全長×全幅×全高1980mm×750mm×1210mm
車輌重量159kg
ホイールベース1350mm
シート高765mm
エンジンの種類SOHC水冷単気筒エンジン VVC
排気量124cc
燃費性能46.2km/L
最高出力12PS
最大トルク1.2kgf
燃料タンク容量7.2L

新型エンジンとなるブルーコアエンジンを搭載することで、最高出力と低燃費性能が飛躍的に向上していることが目につきます。

新型TRICITY125の主な用途となる通勤や通学を想定すると、これほどのエンジンパワーと低燃費性能があれば、優れたコストパフォーマンスで年間維持することができるでしょう。

さらに優れた利便性を求められるこのバイクには、新たに15mm低く設定されたシートを採用することで、格段に優れた足つき性を実現しているのもポイントの一つ。

転倒リスクが飛躍的に少ない3輪構造は、誰でも気兼ねなく乗りこなせるような車体レイアウトにすることで、私生活へのバイクの向き合い方に革命を起こすことを予感させています。

2018年モデル 新型 TRICITY125 ABSのカラーリング


ライトシアンメタリック


TRICITY-125-2018

ホワイトメタリック


TRICITY-125-2018

マットグレーメタリック


TRICITY-125-2018

ポップなカラーリングから紳士的なマットなカラーリングまでラインナップされ、どのカラーも性別や年齢を問わないスタイリッシュな仕上がりになっています。

2018年モデル 新型 TRICITY125 ABSの発売日


TRICITY-125-2018

2018年モデルとして大きくモデルチェンジした新型TRICITY125は、2018年1月20日より発売を開始します。

メーカーから正式に発売を発表したのは、2017年12月5日であったことから、すでに販売店ごとに事前予約を開始しています。

新型発表前から購入を検討していた方は、早めに予約を入れて、購入特典や早めの納期を狙いましょう!

2018年モデル 新型 TRICITY125 ABSの価格


TRICITY-125-2018

新車価格
TRICITY125 ¥394,200
TRICITY125 ABS ¥432,000

マイナーチェンジと呼ぶには、搭載するエンジンを中心とする、大幅なアップデートが加えられた2018年モデルは、新車価格はほぼ据え置きとなりました。

定評のあるVVA搭載ブルーコアエンジンを搭載した新型は、私生活にかかせない利便性の高いモビリティとして、さらにマルチリーニングホイール技術が広まるキッカケになることが想定されます。

2018年モデル 新型 TRICITY125 ABSの最新動画




まとめ


2018年モデルとなることで、新たに搭載されたエンジンとエクステリアのデザインがプレミアム感を増長させた仕様となりました。私生活に密着したモデルだけに、スタイリッシュな仕上がりは購入を決めるポイントにもなりますね。

さらに所ジョージさんのような個性的なカスタムも購入後には堪能することもできます。秘められた遊び心を購入後に堪能できるのも、このバイクの魅力ですね。

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.12.01

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA