クロスカブ 50/110cc 2018年新型 インプレ 最高速や燃費 2人乗りの快適性は?

クロスカブ-2018

2018年2月23日に待望の国内販売を開始するクロスカブ。50ccと110ccをラインナップしましたが、それぞれの個性や特徴があるようです。

合理的で実用的な要素だけじゃない、遊び心が溢れたアクティブなバイクをご紹介します。

2018年新型モデルのクロスカブ(50/110cc)のインプレ、最高速や燃費、2人乗りの快適性について。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2018年モデル 新型 クロスカブの排気量別の特徴とスペック


クロスカブ-2018
引用元:http://www.honda.co.jp/CROSSCUB/



2018年モデルへとモデルチェンジすることで、以前から噂されていたハンターカブライクのデザインを新たに採用。旧型よりもアクティブな仕上がりになりました。

新しいクロスカブには2種類の排気量が設定されています。よく見るとそれぞれに専用装備があるようです。

まずはそれぞれのスペックと特徴をリサーチしてみたいと思います。

クロスカブ110


クロスカブ-2018
全長×全幅×全長1935mm×795mm×1090mm
ホイールベース1230mm
車輌重量106kg
シート高784mm
エンジンの種類OHC空冷単気筒エンジン
排気量109cc
最高出力8.0ps
最大トルク0.87kgf
燃料タンク容量4.3L

  • 二人乗りに対応したタンデムステップを採用
  • 可倒式ステップを装着することで、オフロードイメージを演出
  • アクティブな仕上がりのリヤマッドガード
  • 優れた耐久性を誇る、ワンサイズ大きなドライブチェーン
  • マットブラックに塗装されたリム、17インチのブロックタイヤを標準装備
  • 肉厚なオフロードライクなシートを採用

まるでオフロード走行を楽しむために製作されたような装備でパッケージング。

セカンドバイクとしてのイメージが強いですが、クロスカブ 110には中長距離ツーリングを意識して購入するライダーも多い特徴があります。

クロスカブ50


クロスカブ-2018
全長×全幅×全長1840mm×720mm×1050mm
ホイールベース1225mm
車輌重量100kg
シート高740mm
エンジンの種類OHC空冷単気筒エンジン
排気量49cc
最高出力3.7ps
最大トルク0.39kgf
燃料タンク容量4.3L

  • 仕上がりの美しい14インチのリムを採用
  • 優れた足つき性を実現したシートを装着

110ccと比較すると、車体サイズのスペックがコンパクトに。大きな影響があるのが、14インチのコンパクトなリムの採用にあります。

悪路での優れた走行性能を重視したのが110ccならば、足つき性の良さや扱いやすさを重視したのが50ccといった印象です。


クロスカブ-2018

クロスカブシリーズに共通しているのは、フロント周りのアクティブなキャリアの採用。さらにコンパクトなLEDヘッドライトの組み合わせがポイントです。

ハンターカブを想起させるデザインは、新型バイクながら変な新しさを感じさせないノスタルジックな仕上がりが魅力的です。

2018年モデル 新型 クロスカブの最高速度などのインプレ


クロスカブ110


クロスカブ-2018

最高出力8.0psを出力するクロスカブ110は、メーター上では120km/hまで表記。しかし実際には100km/hほどの最高速度を記録するようです。

クロスカブに搭載されているエンジンは、新たにオイルフィルターを装着するなどブラッシュアップ。

旧型よりも低フリクション・耐久性が向上することで、最高速度までに到達するまでの力強いトルク感が魅力の一つに。

17インチのホイールサイズとエンジン仕様の組み合わせは、ツーリングやフラットダートに出かけたくなるようなアクティブな要素が強いです。

「実用的なバイクで遊ぶ」というコンセプトを叶えたバイクは意外と少ないです。通勤や街乗りにも使えてダートも走ってみたくなる、それがクロスカブ110の醍醐味のようです。

クロスカブ50


クロスカブ-2018

50ccの排気量を採用したクロスカブ50は、55km/hほどの最高速度を出力することができるようです。

アクティブな印象があるクロスカブ110に比べて、クロスカブ50は扱いやすさを重視した街乗りに特化した仕様に。女性の方でも気軽に乗れることが最大のメリットです。

排気量は違いますが、110ccと共通のエンジン仕様を採用。クロスカブの優れた燃費性能や耐久性が優れたコスパを実現しています。

110ccよりも常用するエンジン回転数が高くなりますが、マイルドでスムーズな走行性能を堪能することができます。

2018年モデル 新型 クロスカブの二人乗りの快適性


クロスカブ-2018

クロスカブ110は、新たにタンデムステップを装着することで、二人乗りが可能に。街乗りやツーリングでの楽しみも幅が広がりそうですが、二人乗りの快適性はどうなのでしょうか。

大型バイクのようにゆとりのあるボディサイズでないことから、優れた快適性を実現しているとは言えません。大柄な方は特に窮屈に感じてしまう一面も。

しかし肉厚なシートと17インチのホイールサイズを採用。それによりギャップを超える際にも短距離であれば疲れにくい乗り心地が印象的です。ツーリングには不向きな印象ですが、人を迎えに行く時などには利便性を発揮するでしょう。

社外やオプションのタンデム対応シートを装着するだけで、二人乗りをすることが可能です。

2018年モデル 新型 クロスカブのカラーリング


クロスカブ-2018

旧型のクロスカブよりもアクティブな仕上がりになったことで、ポップなカラーリングをそれぞれにラインナップ。ライダーの個性を彩るカラーリングをチェックしていきましょう。

クロスカブ110


パールシャイニングイエロー


クロスカブ-2018

カムフラージュグリーン


クロスカブ-2018

マグナレッド


クロスカブ-2018

クロスカブ50


クラシカルホワイト


クロスカブ-2018

マグナレッド


クロスカブ-2018

2018年モデル 新型 クロスカブの最新動画




まとめ


ノスタルジックとアクティブな要素を融合して製作されたクロスカブ。2種類の排気量、それぞれの魅力や特徴がありました。

自由なスタイルで楽しめるクロスカブは、今後のカスタムシーンにも注目していきたいですね。

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.11.18

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA