NMAX125cc 2019年新型 評価 最高速度や燃費 NMAX155との違いは?

nmax125-2019-1

125ccクラスのスクーターカテゴリー人気を牽引する存在になったヤマハ NMAX125。

正式にリリースされたばかりの2019年モデルは、新たな仕様変更とラインナップを追加したことがポイントになりそうです。

今回の記事では、発表されたばかりの新型NMAX125の最新情報を中心に、NMAX155の違いについても注目していきたいとおもいます。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、購入金額を大幅に安くすることができる"バイクの下取り方法"をまとめています。

⇒ バイクの買取相場を知る方法と高く売却するコツ


2019年 新型 NMAX125の変更点と特徴


nmax125-2019-2

引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax/



2019年モデルの主な変更点は、新たなカラーリングの「マットグレーメタリック3」、「ホワイトメタリック6」の2カラーを追加したことが大きなポイント。

ともにボディカラーと足回りのブラックアウトしたツートンカラーを楽しめるようになりました。

さらに「快適セレクション」と称した上級グレードも新たにラインナップ。

その名の通り、通勤からツーリングまで天候などあらゆるシチュエーションでも快適にこなせる仕様に。

これらニューカラーと新しいグレードの詳細については、次のカテゴリーからチェックしていきましょう。

2019年 新型 NMAX125 新たに追加した快適セレクションの特徴


nmax125-2019-3

2019年モデルで新たに追加されたグレード「快適セレクション」は、通常グレードをベースに、利便性を拡張する純正アクセサリーを標準装備した仕様です。

まずは快適セレクションとして採用されたアクセサリーをチェックしていきましょう。

ハイスクリーン


nmax125-2019-4
¥27,000

リアキャリア


nmax125-2019-5
¥17,820

ユーロヤマハトップケース 39L


nmax125-2019-6
¥24,840

ユーロヤマハトップケース キーシリンダー


nmax125-2019-7
¥4,860

NMAXシリーズを購入したライダーの装着率が高い4つのアクセサリーを標準装備。

総額は7万円を超えますが、快適セレクションを購入すれば通常グレードに3万円ほどプラスで手にいれることができます。

購入後にこれらのアクセサリーを追加する予定がある方、バイクに快適性を優先させたい方には最高の選択肢になるのではないでしょうか。

2019年 新型 NMAX125とNMAX155の違いについて


nmax125-2019-8

記事の主役であるNMAX125には、排気量が近いNMAX155という兄弟車がラインナップしています。

NMAXシリーズを購入するときには、2台の違いを把握しておいた方が良いでしょう。それではそれぞれの違いについて、チェックしていきましょう。

エンジンの排気量が違うだけで、共通のシャシをつかっている


車種名の通り、排気量がそれぞれ31cc違うことが大きなポイント。

そのほかのシャシ・足回り、電装関連についても違いはありません。スペック上では車両重量がNMAX155の方が1kg重い設定になっています。

燃費性能には大きな違いがある


排気量が違うことで、最高出力が3PSほどの差異があります。そのため、燃費性能に大きな影響があります。

43.6km/Lを記録するNMAX125に対し、41.7km/LのNMAX155の方がガソリンを食う仕様になっています。

これは排気量が大きいことと、NMAX125よりもハイパワーのため仕方がないことですね。

それぞれの違いはスペックで少しの差がある程度で、新車価格は4万円ほどの開きがありました。

NMAX155は高速道路を走行できることもあり、ツーリングをメインに考えているライダーにおすすめです。

ストリートメインのライダーには、NMAX125の方が優れたコスパを発揮できそうですね。

NMAX155はこちらで紹介しています。
nmax155__2019_1

NMAX155 2019年新型 インプレ 最高速度や燃費、ツーリング性能は?

2019年4月21日

2019年 新型 NMAX125のカラーリング


通常モデル


ホワイトメタリック6


nmax125-2019-9

マットグレーメタリック3


nmax125-2019-10

ビビッドパープリッシュブルーカクテル5


nmax125-2019-11

快適セレクション


ホワイトメタリック6


nmax125-2019-12

マットグレーメタリック3


nmax125-2019-13

ビビッドパープリッシュブルーカクテル5


nmax125-2019-14

2019年 新型 NMAX125のスペック


nmax125-2019-15
全長×全幅×全高1955mm×740mm×1115mm
車両重量127kg
ホイールベース1350mm
シート高765mm
エンジンの種類SOHC水冷単気筒エンジン
排気量124cc
最高出力12PS
最大トルク1.2kgf
燃料タンク容量6.6L
燃費性能50.5km/L

2019年 新型 NMAX125のインプレ


nmax125-2019-16

2019年モデルのNMAX125は、前年モデルからブルーコアエンジンを継続して採用しています。

他メーカーのライバルと比較したときに、エンジン回転数に応じて駆動するバルブ数が可変することが大きな特徴になります。

ヤマハのMAXシリーズは、スクーターのYZFシリーズをコンセプトに製作されたモデル。

そのため、エンジンのスポーツ性能だけでなく、優れた摺動性と運動性能を発揮することも注目すべきポイントです。

LEDの灯火類を採用している高級感のあるエクステリア、キレのあるデザインはヤマハのこだわりを堪能することができます。

125ccクラスのスクーターモデルのなかでも、トップクラスのスポーツバイクとしての強い要素を感じることができる1台です。

2019年 新型 NMAX125の発売日と新車価格


nmax125-2019-17
発売日:2019年6月28日

新車価格

通常グレード:351,000円
快適セレクション:388,800円

2019年モデルとして発売する「通常グレード」「快適セレクション」は同じ日程で発売することが決定しました。

ヤマハの専門店を中心に、すでに事前予約をスタートしている店舗も確認できています。購入する予定がある方は、チェックしてみてくださいね。

2019年 新型 NMAX125の関連動画



まとめ


2パターンのニューカラーと快適セレクションを新たに追加した新型NMAX125。

スタイリッシュなデザインとスポーティーな走りを楽しめる快適スクターは、カテゴリーのなかでも唯一無二の存在感を放っていますね。

2019年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク 2019年モデル

新型バイク最速情報 2019~2020年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2019年7月12日

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを売却して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、バイクの査定額を把握して高く売却するコツを紹介しています。

⇒ バイクの買取相場を判断する方法と査定額を高くするためのコツ!

nmax125-2019-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA