Ninja H2/H2 Carbon/H2R 2019年新型モデル スペックインプレ 発売日や価格 、予約状況は?

ninja-h2-2019-1

スーパーチャージャー搭載のモンスターバイク、カワサキのNinja H2/H2 Carbon/H2Rが海外で正式に発表されました。

これまでのアグレッシブなデザインを踏襲しながら、エンジン仕様や足回りをブラッシュアップ。前年モデルと比較すると、さらに最高出力が向上していることも注目すべきポイントです。

今回は2019年モデルの驚愕のスペックや仕様を中心に、それぞれのグレードの特徴やインプレ、発売日や価格、予約状況等ご紹介します。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2019年モデル 新型 H2シリーズの仕様


ninja-h2-2019-2
引用元:https://www.kawasaki.es/es/products/Supersport/2018/Ninja_H2R/overview?Uid=08F9CVxbW1laCQ1QW1EMXFEMCVAMXgtaDgxQC15dCQlQXlw



外観だけみれば、カラーリング変更のみのマイナーチェンジなのかと思いました。しかし蓋を開けてみれば、エンジン性能がさらにモンスター化した改善が加えられています。

アグレッシブな走りを好むライダー必見の内容をカテゴリー別にご紹介したいと思います。

最高出力が26PSアップしたエンジン


ninja-h2-2019-3

2019年モデルのH2には、ツアラーモデルとして発売されたばかりのH2SXのエアフィルターやインテークチャンバーなどの吸気系、さらにはスパークプラグやECUを採用しています。

搭載するスーパーチャージャーに関しては、スポーティーな味付けの前年モデルを踏襲。数字を見ての通り、さらなるスペックアップを果たし、ライバルの追従を許さないモンスターマシンとして進化しています。

さらに小型・軽量化したブレンボキャリパー


ninja-h2-2019-4

前年モデルもブレンボ製のレーススペックキャリパーを採用していました。2019年モデルでは、さらに小型・軽量化をした新型となる「Stylema」を装着。

バネ下の軽量化だけでなく、ブレーキ周りの気流をスムーズにすることから、さらなる冷却効果が期待でき、制動力アップに繋がっています。

スマートフォンとデータを共有することが可能に


ninja-h2-2019-5

TFTデジタルメーターと手持ちのスマートフォンを連携させることで、バイクのデータやナビなどのデータを共有することができます。

「RIDEOLOGY THE APP」と呼ばれるアプリをダンロードすることで、愛車の状態などを把握することが可能になりました。

アグレッシブな走りを求めるライダーにとって、最高出力を含んだスペックはかなり気になるところですよね。

そのほかにも、H2専用タイヤとしてブリジストン製RS11を新たに採用。さらにナンバー灯をLED化することで、全ての灯火類がLEDになりました。

さらにモンスター化した2019年モデルは、どんな走りをするのか期待がかかります。

2019年モデル 新型 H2シリーズのスペック


ninja-h2-2019-6

H2/H2 Carbon


全長×全幅×全高2085mm×770mm×1125mm
車輌重量238kg
ホイールベース1455mm
シート高825mm
エンジンの種類DOHC水冷並列4気筒エンジン
排気量998cc
最高出力231PS
最大トルク14.4kgf
燃料タンク容量17L

H2R


全長×全幅×全高2070mm×850mm×1160mm
車輌重量216kg
ホイールベース1450mm
シート高830mm
エンジンの種類DOHC水冷並列4気筒エンジン
排気量998cc
最高出力-
最大トルク-
燃料タンク容量17L

2019年モデル 新型 H2シリーズのインプレ


ツーリング性能について


ninja-h2-2019-8

最高出力が飛躍的に向上したことが目立っていますが、実はトルクもパワーアップしています。

従来のH2についても、トルクフルなエンジン性能を発揮していました。2019年モデルでは、さらに低中速域でのツキの良さがポイントになりそう。

渋滞や市街地を走行する際には、前年モデルよりも楽にバイクを扱うことができそうですね。

最高速について


ninja-h2-2019-9

デビューイヤーである2016年には、スピードウィークで354km/hもの記録を達成しています。

今年は2019年モデルのH2を使用して、同じくスピードウィークにてさらなる記録の更新を狙うようです。

30PS近いパワーアップをしたH2は、400km/hにも迫る記録が期待できるでしょう。

国内仕様であってもECUのデータを書き換え、このような恐ろしい最高速を出すことも夢ではないでしょう。

もちろん、サーキット走行を前提としたはなしではありますが・・・

2019年モデル 新型 H2シリーズのカラーリング


ninja-h2-2019-10

2019年モデルでは、傷を自己補修する「ハイリーデュラブルペイント」を新たに採用しました。

ハイセンスなカラーリングを長期間にわたって、維持することが可能です。それではそれぞれのカラーリングをチェックしていきましょう。

H2


ninja-h2-2019-11

H2 Carbon


ninja-h2-2019-12

H2R


ninja-h2-2019-13

2019年モデル 新型 H2シリーズの新車価格


ninja-h2-2019-14

国内での2019年モデルに関する新車価格は、いまだ発表されていません。

新たにブラッシュアップされたパートが多いことから、価格は10万円から15万円ほどアップになりそうですね。

前モデルは

H2 SX:1,998,000円
H2 SX/SE:2,376,000円

スペックと仕上がりに妥協できないライダーが乗るバイクですから、この価値をわかるのは購入を検討している方なのでしょう。

2019年モデル 新型 H2シリーズの発売日


ninja-h2-2019-15

新車価格と同じように、国内での発売日についても発表されていない状況です。

H2の仕向地である北米や欧州などを含めて、2018年8月11日から順次デリバリーを開始するとのこと。

そうなると国内での発売は9月以降になりそうですね。

2019年モデル 新型 H2R 購入時の注意点


ninja-h2-2019-16

サーキット専用モデルである「H2R」は、公道で走行することができないモデルです。

そのため、ナンバープレートの取得が不可能になり、さらに保証の対象外となります。

サーキット専用モデルとして購入を検討している方は、H2R特別ライセンスを持つ店舗で購入することが可能です。

まとめ


さらにパワフルに生まれかわったモンスターバイクは、スマートフォンとの連携機能の強化など、ツーリングにも最適な要素が盛り込まれていました。

新車価格も驚くような価格帯になりそうですが、誰もが納得するハイスペックなバイクであることには変わりありません。これから発表される国内仕様の情報が待ち遠しいですね。

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.10.25

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA