GSX250R 2020年新型 スペックインプレ評判 発売日と価格 カスタムマフラー

gsx250r-2020-1

ライバルが多くラインナップするなかで、誰でも気軽に楽しめるスポーツバイクをコンセプトに製作されているスズキのGSX250R。

今回明らかになった2020年モデルは、2019年モデルまでに構築してきた親しみやすい仕様をベースに、あらゆるシーンにフィットする変更が加えられたようです。

今回の記事では、新型GSX250Rの主な変更点を中心に、インプレ関連やカスタムマフラーについてもチェックしてみたいとおもいます。

2020年 新型 GSX250Rの主な変更点

gsx250r-2020-2

引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsx250rzm0/top

2020年モデルの気になる変更点は、新たなカラーリングを3パターン追加したことです。

なかでも注目なのがトリトンブルーメタリックと呼ばれる、モトGPカラーです。

gsx250r-2020-3

レースシーンを彷彿とさせるカラーリングは、スポーツライドを好むライダー必見のカラーでしょう。

その他の2カラーは、それぞれブルーとホワイトをベースに、ブラックを上手く組み合わせたツートンカラー。

ツーリングシーンやストリートにもマッチするハイセンスな組み合わせは、カジュアルライドも許容する懐の深さを感じさせます。

2020年 新型 GSX250Rのカラーリング

トリトンブルーメタリック

クリスタルブルーメタリック/パールネブラーブラック

パールグレッシャーホワイト/パールネブラーブラック

gsx250r-2020-6

パールネブラーブラック

gsx250r-2020-7

2020年 新型 GSX250Rのスペック

gsx250r-2020-8
全長×全幅×全高2085mm×740mm×1110mm
車両重量178kg
ホイールベース1430mm
シート高790mm
エンジンの種類水冷SOHC並列2気筒エンジン
排気量248cc
最高出力24PS
最大トルク2.2kgf
燃料タンク容量15L
燃費性能41.0km/L

2020年モデルは、2019年モデルからエンジン・シャシなどの仕様変更がないため、スペックに変更はありません。

2020年 新型 GSX250Rのインプレ

gsx250r-2020-9

サーキット走行を想定したスポーツ性能向上の競争が目立つ250ccカテゴリー。

そのなかでも異質ともいえるのが、今回ご紹介しているGSXR250。

ライバルにはない要素、それはビギナーや女性の方でも安心して扱うことができるエンジン特性、軽い車体。

エンジン特性は低中速域の太いトルク感が特徴的で、シビアなクラッチワークがなくてもエンストの心配がないほどの力強さを体感することができます。

さらに軽量に設計された車体は、低速域の走行やエンジン停止時にも軽快な取り回しをすることができるでしょう。

またツーリング先や出先で転倒してしまった場合にも、難を感じることなくバイクを起こすこともできます。

ただしここで注意したいのは、優れたスポーツ性能を求めるベテランライダーやサーキットユースのライダー。

高回転域の伸びはライバルと比較すれば非力さを感じることになり、シャシや足回りの仕様もハイスペックなものとはいえません。

誰でも扱うことができるバイクというのは、力強さを感じなくともライダーの五感でバイクの性能を活かすことができる。それを楽しむことができる懐の深さこそ、このバイクの真骨頂と言えるでしょう。

2020年 新型 GSX250Rの新車価格と発売日

パールネブラーブラック

gsx250r-2020-7

新車価格:527,040円
発売日:7月30日

トリトンブルーメタリック

gsx250r-2020-4

新車価格:538,920円
発売日:7月26日

クリスタルブルーメタリック/パールネブラーブラック & パールグレッシャーホワイト/パールネブラーブラック

gsx250r-2020-7 gsx250r-2020-6

新車価格:527,040円
発売日:7月18日

2020年モデルは、カラーリングのラインナップによって新車価格、発売日に違いがあります。購入を検討している方は、事前にチェックしておきましょう。

2020年 新型 GSX250Rのカスタムマフラー

手頃な価格帯で手入れることができるGSX250R。

バイクに慣れてきたら、エンジン性能の向上やカスタマイズでバイクをドレスアップすることもバイクの醍醐味と言えそうです。

ここではカスタムパーツの花形とも言える、カスタムマフラーのおすすめをいくつかチョイスしてご紹介したいとおもいます。

ヨシムラ スリップオン R77 カーボンエンドサイクロン

引用元:http://shop.yoshimura-jp.com/syouhin/syousai.php?id=18395

スラッシュエンドを採用したカーボン素材の高級感を楽しめるカスタムマフラー。

スズキといえばヨシムラというほど力を入れている同社のマフラーは、性能・ルックスともにレースシーンを彷彿とさせる仕上がりです。

WRS スリップオン ラウンドタイプマフラー

引用元:https://www.wrs.jp/muffler/gsx250r/

シンプルながらスポーティーなGSX250Rのルックスにマッチするスタリッシュな仕上がり。

ステンレス・カーボン・チタンの素材から選ぶことが可能で、コストや用途に合わせて選択肢が多いことも嬉しいポイントですね。

BEAMS スリップオン GT-CORSA ヒートチタン

引用元:https://www.beams-mc.net/shop-category.php?SubCat=225&Sh=R

焼け色の美しいチタン素材で製作されたスポーツマフラーです。

短く設計されたサイレンサーは、モトGPシーンを彷彿とさせる仕上がりで、手頃な価格帯も選択肢に入れたくなる要素ですね。

OVER TT FORMURA スリップオン

引用元:http://www.over.co.jp/information/96/

チタン製で製作されたアグレッシブなデザインが特徴的なマフラーは、存在感のある大きめのデザインを採用しています。

軽量かつ規制もクリアしていることもあり、安心してカスタムを楽しむことができるカスタムマフラーです。

TRICK STAR IKAZUCHÎ スリップオンマフラー

引用元:https://www.trickstar.jp/webshopping/products/detail.php?product_id=1383

個性的なエンドデザインを採用しているカスタムマフラーは、人とは違うマフラーデザインを好むライダーにおすすめしたい一品。

軽量化だけでなく、エンジン性能も向上するチューニングパーツの役割を持つ高級カスタムパーツです。

2020年 新型 GSX250Rの関連動画

まとめ

新たなカラーリングを3パターン追加し、2020年モデルは前年モデルからの仕様を熟成させた仕上がりが印象的でした。

スペックや機能が尖っていくカテゴリー内で、誰もがスポーツすることを楽しめる懐の深さは、バイク購入を検討している方に一度はチェックしてもらいたいです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

gsx250r-2020-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA