V-Strom(ストローム)250/ABS 2019年新型 スペックインプレ 発売日や価格 最高速は?

V-Strom250-1

タフなデザインが特徴的なスズキのV-Strom(ストローム)250。待望の新型となる2019年モデルがリリースされました。

今回のアップデートは、今後の二輪業界の変化に対応したグレードが新たに追加されました。

注目度の高いV-Strom250の新たに追加されたグレードの仕様を中心に、インプレや最高速などのスペック関連情報、発売日や価格を合わせてご紹介します。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、購入金額を大幅に安くすることができる"バイクの下取り方法"をまとめています。

⇒ バイクの買取相場を知る方法と高く売却するコツ

2019年モデル 新型 V-Strom250 ABSの主な変更点

vstrom250-2019-2

引用元:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/dl250al9/top

2019年モデルの主な変更点は、ABSを標準装備したグレードを新たに追加したことです。

これまでラインナップされていた、ABSなしグレードと並行して発売することが決定しました。

今後はABSの装着が義務化することが決定的となっていることから、対策をしたと考えられます。

小変更ではありますが、サイレンサーに装着しているマフラーガードの形状も変更しました。

エンジン仕様や走行性能に関する機関に関しては、変更点はありません。

2019年モデル 新型 V-Strom250 ABSのカラーリング

パールネブラーブラック・ソリッドダズリンククールイエロー

vstrom250-2019-3

ダイヤモンドレッドメタリック

vstrom250-2019-4

パールネブラーブラック

vstrom250-2019-5

2019年モデルのカラーリングは、2018年モデルで採用されたものを踏襲しています。

スズキのオフロードレースシーンを彷彿とさせるイエローをはじめ、タフなアドベンチャーデザインに最適化されたセンス溢れるカラーリングを楽しむことができます。

2019年モデル 新型 V-Strom250 ABSのスペック

vstrom250-2019-6
全長×全幅×全高2150mm×880mm×1295mm
車輌重量189kg
ホイールベース1425mm
シート高800mm
エンジンの種類SOHC水冷並列2気筒エンジン
排気量248cc
最高出力24PS
最大トルク2.2kgf
燃料タンク容量17L
燃費性能39.0km/L

2019年モデル 新型 V-Strom250 ABSの発売日

vstrom250-2019-7

V-Strom250

発売日:2018年10月29日

V-Strom250 ABS

発売日:2018年10月1日

2019年から新たに導入されたABS標準装備グレードから先行発売することが決定。

ABS装備なしモデルに関しては後発になりますが、いち早く納車したい方には2018年モデルを購入するのも良いかもしれませんね。

アドベンチャーモデルの250ccクラスは希少カテゴリーのため、新規購入の方はためらうことがあるかもしれません。

スズキの二輪ディーラーの多くは、V-strom250の試乗車を用意しているケースがあります。まずは試乗をしてサイズ感や乗り心地を知ることをおすすめしたいです。

2019年モデル 新型 V-Strom250 ABSの新車価格

vstrom250-2019-8

V-Strom250

新車価格:570,240円

V-Strom250 ABS

新車価格:602,640円

新たに設定されたABSグレードは、標準グレードに3万円ほどプラスすれば購入することができます。

ライバルと比較すると、かなり手頃な価格帯に設定していることが魅力の一つになりそう。

2019年モデル 新型 V-Strom250 ABSのインプレ

vstrom250-2019-9

250ccらしからぬ大柄でタフな車体サイズと存在感が特徴的なV-Strom250。以外にもシート高は800mmと低めに設定されていることが愛らしいポイントの一つ。

250ccカテゴリーは、エントリーモデルとして気兼ねなく扱える要素が必要です。軽い車輌重量と低めに設定されたシート高は、ビギナーライダーや女性ライダーにもおすすめです。

搭載しているエンジンは水冷SOHC並列2気筒エンジン。出力特性は低中速域の力強いトルク感を重視した扱いやすい味付けです。

軽量なバイクとの相性は、街乗りなどの小回りを必要とするシーンでも快適な乗り心地を体感することができるでしょう。

vstrom250-2019-10

一方で250ccクラスの排気量では高速道路でのパワー不足を感じるライダーもいるようです。

確かに400cc以上のバイクと比較すると高速走行を得意としていません。

しかし、フロント周りに装着した大型フロントカウルが高い防風性能を発揮し、ライダーの疲労を大幅に軽減します。

アドベンチャーモデルの名にふさわしい、長距離ライドも快適にこなせるメリットはツーリングライダーには重宝されるでしょう。

さらに今回ご紹介しているモデルはABS標準グレード。走行シーンや天候に左右されることなく、安心してブレーキングに集中できるメリットもあります。

街乗りから長距離ツーリングまで万能に軽快にこなすことができる、手頃な価格帯で幅広いシーンでバイクライフを満喫できる魅力的な1台と言えそうですね。

2019年モデル 新型 V-Strom250 ABSの最高速

vstrom250-2019-11

24PSもの最高出力を発揮するV-Strom250。エンジンパワーで爽快に高速巡行するようなバイクではないですが、ロングツーリングをマイペースで楽しむためには十分な最高速を出すことが可能です。

V-Strom250の最高速は、130km/hを記録します。

走行シチュエーションや天候がベストになれば、それ以上を記録することも可能でしょう。

高速道路で追い越し車線を利用する際には、十分な最高速度を発揮します。250ccでロングツーリングはイメージしづらいかもしれませんが、かなり快適なツーリング性能を発揮することを証明していますね。

2019年モデル 新型 V-Strom250 ABSのおすすめカスタムパーツ

vstrom250-2019-12

ここではアドベンチャーモデルだからこそ、おすすめしたいカスタムパーツをいくつかご紹介しますね。

アドベンチャーモデルで最も人気カスタムといえば、タフなデザインを採用したパニアケースです。

vstrom250-2019-13 vstrom250-2019-14

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/dl250al9/accessory

両サイドとトップに装着することができる大型のパニアケース。これらはスズキの純正オプションとして購入することができるんですよ。

タフなバイクのデザインに最適化されたデザインが魅力的で、圧倒的な収納能力はツーリング性能を大幅に向上することができます。

発売から2年が経つことから、カスタムパーツが充実していることも魅力の一つ。購入後にライダーの個性を出すことも楽しみとなる重要な要素ですね。

2019年モデル 新型 V-Strom250 ABSの関連動画

まとめ

パニックブレーキや安定感のあるブレーキングが可能なABS標準グレードが2019年モデルで追加されました。大きな仕様変更はなかったですが、安定感のある走りとタフな走破性は健在ですね。

タフにツーリングを楽しみたい方には、是非ともV-Strom250をおすすめしたいです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

V-Strom250-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA