新型CBR250RR インプレ 馬力やカラーについて HONDA

CBR250RR

2011年に発売されたホンダcbr250rは国内販売が開始され、DOHC単気筒エンジンを搭載したフルカウルモデルとしてこれまでにエントリモデルとして人気を得ています。

排気ガス規制の施工により、生産終了になった4気筒マルチエンジンを搭載したスポーツバイクCBR250RRとは真逆のキャラクターで、単気筒ゆえの軽量な車体とトルクフルで扱いやすい特性がエントリーユーザーの心を掴みました。

それと同時に、いままでのマルチエンジンを搭載したCBR250RRを知っているベテランユーザーからは物足りないと言った声が上がりました。

時代が変われば求められるニーズも変化しますし、その結果として現在のcbr250rが誕生したわけですが、2017年にレプリカ全盛時代を彷彿とさせるハイスペックマシンがホンダから登場することになります。

2016年5月インドネシアで新型CBR250RRが発表され、それとともに洗練されたデザインにこれまでのCBR250Rとは別次元のハイスペック仕様となったことで、国内にも瞬く間に話題が広がりました!

2017年5月には国内販売を開始したものの、国内販売が正式にアナウンスされた時点でかなりの事前予約が入ったようで、発売開始されている現在でも半年は待つ状況になっているようです。

話題や人気も沸騰している新型CBR250RRの主要スペックや試乗インプレからエンジン性能・走行性能、カラーラインナップや噂のレプソルカラーの話題も合わせてご紹介したいと思います!

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


新型CBR250RRはどのような仕様のバイクなのかチェック


CBR250RR

新型CBR250RRは全てが新設計となるバイクで、これまでにない新型のDOHC並列2気筒エンジンを搭載し、最高出力は38PSと、クラス最強値を出力します。

また、250ccクラス初となるスロットル・バイ・ワイヤシステムの採用し、これまでワイヤーでスロットルボディのプーリーを動作させていましたが、電子的にプーリーを動作させることで、よりリニアなレスポンスを実現しています。

そして、出力特性を3段階切り替え可能なモード切り替え機能が追加されることで、路面状況や環境によって、仕様を変更できるようになりました。

これは、ウエットな路面の時に、パワーが出過ぎるとライダーのコントロール下から外れやすくなるため、意図しないスライドや最悪は店頭するリスクもありますが、ウエット時に出力特性を抑えることで、それを防ぐことができます。

足回りには、倒立フロントサスペンションを採用し、リヤサスペンションはプロリンク式とすることで、サーキット走行などの高速域でも減衰の効いたしなやかな動きを可能にしています。さらに、スイングアームはガルアーム形状のアルミ製とすることで、強度と軽量化に貢献しています。

外観は、これまでにないエッヂの効いたデザインを採用し、灯火類は全てLEDとすることで、高級感のあるエクステリアを演出しています。

装備類だけ見ても、250ccクラスでは圧倒的なスペックですし、とても豪華な仕様で、サーキット志向の強いスポーツ性能に特化したバイクと言えそうです!

新型CBR250RRの主要スペックから馬力などチェック


CBR250RR
引用元:http://www.honda.co.jp/CBR250RR/powerunit/



まずは主要スペックから見てみましょう!

全長×全幅×全高2065mm×725mm×1095mm
ホイールベース1390mm
シート高790mm
車両重量165kg
国土交通省届出値燃費40.1km/L (60km/h) 2名乗車時
エンジン種類水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
最高出力28kW [38PS] / 12,500rpm
最大トルク23N・m [ 2.3kgf・m] / 11,000rpm
燃料タンク容量14L
排気量249cm3
※ は、ABS仕様

エンジン性能と走行性能については、この後の項目でご紹介させていただきます。

まず、これだけサーキット志向の強い仕様ながらシート高が790mmと低めに設定されていることと、シートがシャープなことも相まって、足つき性が以外にも良いという点は、スポーツ走行のみならず、街乗りでも楽しんでもらいたいという意図があるのかもしれません。

この主要スペック表を見ても、噂通りのハイスペックマシンであることは確認できましたので、次はインプレからエンジン性能や走行性能についてチェックしてみましょう!

新型CBR250RRの試乗インプレからエンジン性能をチェック


CBR250RR
引用元:http://www.honda.co.jp/CBR250RR/design/



新型CBR250RRのエンジンはショートストローク化された高回転型エンジンゆえに、レブリミットは14,000rpmまで設定されており、最高出力はクラス最高となる38PSを出力するスペックは伊達ではないようで、クラス初採用となるスロットル・バイ・ワイヤの恩恵もあってか、レスポンスはかなり鋭く、軽くブリッピングすればタコメーターの針は勢い良く上がって行きます。

特性としては、高回転型高出力エンジンのため、10,000rpmまで勢いが衰えず回ったかと思ったら、そこから14,000rpmまでの吹け上がりがとてつもないようで、サーキット走行でのホームストレートでは、軽く184km/hを計測したようです。

この特性であれば、低速域はトルクが薄くなり、扱いづらくなるかと思いますが、新型CBR250RRにはその心配はなく、2気筒エンジンが生み出すトルクは街乗りでも扱いやすいようです。

エンジン性能だけとって見ても、レプリカ全盛期のマルチエンジン搭載のCBR250RRを知ってる方でも納得できる仕上がりとなっているようです。

新型CBR250RRの試乗インプレから走行性能をチェックしましょう


CBR250RR
引用元:http://www.honda.co.jp/CBR250RR/design/



新型CBR250RRの特徴としてコーナリングの切れ味が鋭く、その割にフルバンクをしても勝手にハンドルが切れ込むことはなく、車体の軽量さも相まってライダーの意図したラインを狙いやすい仕様となっているようです。

また、サーキット志向の強い仕様ですが、リヤサスペンションのプロリンク化と倒立フォークのセッティングが街乗りや峠道など少し荒れた道を走ってもハネることなく、しなやかな動きをしてくれます。

2気筒エンジンという軽量ハイパワーエンジンとよく曲がる特性は、他メーカーのライバルたちを圧倒する走行性能となっているようです。

新型CBR250RRにレプソルカラー発売の噂の真相をチェック


CBR250RR
引用元:http://www.rock-tune.com/2017/02/06/7307


moto GPでもお馴染みの新型CBR250RRのレプソルカラーが発売されることがインドネシアで発表されました!

インドネシアでは1000台限定生産販売のようで、調べてみたところ、日本国内での発売は未だ正式に発表されていない状況で、国内に並行輸入される販売店がいくつかあるようです!

この情報に関しても未だ未定のようなので、レプソルカラーが気になる方は今後の動向に注目しましょう!

新型CBR250RRのカラーラインナップや価格・グレードなどをチェックしましょう


まずはカラーラインナップをチェックしましょう!

ヴィクトリーレッド


CBR250RR
引用元:http://www.honda.co.jp/CBR250RR/type/


マットガンパウダーブラックメタリック


CBR250RR

ソードシルバーメタリック


CBR250RR

3色展開のカラーラインナップとなっています。

続いて、グレードと価格をチェックしましょう!

・CBR250RR \756,000
マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック

・CBR250RR \777,600
ヴィクトリーレッド

・CBR250RR ABS \806,760
マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック

・CBR250RR ABS \828,360
ヴィクトリーレッド

ABSの有無とカラーで価格に違いが出てくるようです!現在人気のカラーは、レッドのようで、次にブラック、イエローの順になっているようです!

まとめ


2017年に発売された新型CBR250RRの主要スペックやエンジン性能・走行性能などを中心にご紹介させていただきました!他を圧倒するハイスペックな性能にエッヂの効いたデザインは大型バイク顔負けの仕様となっていました!

もうすでに、バックオーダー分も生産が追いついていない状況のようなので、購入を検討されている方は、早めの予約をオススメいたします!

今後も新型CBR250RRの動向に注目していきましょう!

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018~2019年モデル ネイキッド・スクーター

2018.08.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA