東京モーターサイクルショー2018 スズキ バイク出展情報とみどころ

世界的にGSXシリーズが人気のスズキからは、2018年も注目すべき新型バイクが展示される予定です。

今回は東京モーターサイクルショー2018で公開される、スズキブースの出展バイクや見どころをご紹介したいと思います。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、購入金額を大幅に安くすることができる"バイクの下取り方法"をまとめています。

⇒ バイクの買取相場を知る方法と高く売却するコツ

注目の展示車輌

2018年も世界中から注目を集めている新型バイクがスズキブースで展示されます。多くの展示車輌のなかでも、おすすめしたい新型バイクをご紹介します

GSX-R1000

GSX-R1000

約7年ふりにフルモデルチェンジをした、スズキのレーステクノロジーを結集して製作されたスーパースポーツモデル。圧倒的なポテンシャルと存在感は、ストリートシーンでも見応えがあります。

GSX-R1000

車体構成パーツの95パーセントを完全新設計とし、車輌重量・エンジン出力・エンジントルク・フリクションロスの低減など、すべてにおいてサーキットで勝つための性能を向上。

中でもレーススペックを誇るエンジン・サスペンション・電子制御技術の多くはGSX-RRを彷彿とさせる仕様になっています。

販売店に並んでも即完売状態が続いたことから、ショーで見て触って跨ることができる絶好のチャンスです

GSX-R1000 2017

GSX-R1000 2017年モデル 価格と発売日 予約や納車状況は?

2017年6月22日

GSX-R125

GSX-R125

国内メーカーの多くが125ccクラスのフルサイズ、スポーツバイクの開発・販売が進められています。スズキらしさを感じることができる125ccのスポーツバイクも見逃してはいけません。

GSXシリーズが誇るレーステクノロジーをスタイルで踏襲するエントリーモデル。小排気量ながら本格的な作り込みは、街乗りだけではもったいないと感じるほどです。

GSX-R125

レーサーライクなデザインですが、特筆すべきポイントは扱いやすいエンジン性能です。

多くのモデルが高回転型のスポーティーな仕様を発表。GSX-R125はストリートシーンでも気軽に機敏な走行性能を楽しむことができます。憧れていたスポーツモデルをストリートシーンでも。

退屈させないスポーツバイクは、リスクを避ける現代社会の起爆剤となりそうです。

GSX-R125

GSX-R125 新型スペック 国内販売日や価格は?

2017年6月27日

SV650X ABS

SV650X

Vツインエンジン搭載のライトスポーツモデル、SV650をベースに製作されたカフェレーサー。SV650Xはネオクラシカルなデザインは、ヤングユーザーからベテランまで魅了する仕上がりが特徴的です。

SUZUKI SV650X

搭載するエンジンや足回りの構成パーツはSV650を踏襲。そのためキレのあるコーナリング性能とエンジン性能をネオクラシックなデザインにフィードバックしています。

クラシカルな要素とスポーティーな要素が融合したSV650Xは、ストリートシーンからツーリングシーンまでラフにタフに、堪能することができるでしょう。

SUZUKI SV650X

スズキ SV650X 発売日と価格は?スペックとインプレ評価

2017年10月6日

V-STROMシリーズ

V-Strom250

2017年にフルモデルチェンジをしたV-STROMシリーズ。アドベンチャーモデルの中でもタフなデザインが高評価を得ています。

2018年モデルとなる新型は、1000ccと650ccに新たなカラーリングを採用しました。

忘れかけた冒険心を掻き立てるようなカラーリングは、スズキの熱い情熱を感じることができます。ショーでは必ず跨っておきたい1台ですね。

ここでは書ききれないほど、スズキブースでは見ごたえのある新型バイクが登場します。興味本位で入ったはずが、多くの時間を使うことになるかもしれません。

SUZUKI V-Strom1000

V-Strom1000 新型2017 インプレ 日本発売日や価格は?SUZUKI

2017年5月31日

ワークスレーサーの展示

東京モーターサイクルショー2018-スズキ

普段は各カテゴリーのレースシーンで活躍するレーサー。勝つために多くが機密情報となっているため、ショーでレーサーを見ることができるのは貴重な体験となるでしょう。

GSX-RR

東京モーターサイクルショー2018-スズキ

MOTO GPの最高峰クラスで、スズキワークスチームから参戦するGSX-RR。市販車のGSX-R1000のテクノロジーの基礎となるこのバイクは、世界的にもポテンシャルの高いレーサーとして知られています。

多くの情報を公開していませんが、生でGSX-RRを見る機会はそうありません。未来の新型バイクに採用されるテクノロジーが搭載されている可能性が高く、見どころが多いバイクです。

RM-Z450WS

世界のモトクロスシーンの最高峰クラスで活躍するマシン。スズキのワークスチーム活動休止が発表されたことから、今では希少なバイクです。

全日本モトクロス選手権では、IA1クラスでチャンピオンを獲得した経歴を持つポテンシャルは、見応えがあるでしょう。

これらワークス仕様のレーサーマシンは、カスタムの参考にもなります。間近で観察して、色々と参考にしてみましょう。

まとめ

今回ご紹介したバイクの他にも、見ごたえのバイクが多く展示する予定です。さらに来場者特典や会場を彩るキャンギャルなども見どころの一つ。

日本を代表する二輪メーカーの進化をこの機会に見届けましょう。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA