東京モーターサイクルショー2018 HONDA 出展バイク情報とみどころ

2017年に開催された東京モーターショーで最も盛り上がりを見せたホンダブース。東京モーターサイクルショー2018では、新型バイクとして多くのモデルが初お披露目されることになりそう。

今回の記事では、二輪業界を牽引するヒットメーカーの出展バイクとみどころを紹介します。


注目の出展車輌


東京モーターサイクルショー2018では、最も多くの新型バイクを展示するホンダブース。市販化が決定しているものからコンセプト段階のモデルまで、まずは注目の車両をご紹介します。

CBシリーズ


CB1000R


CB1000R-2018

2017年に日本国内で初披露されたCB1000Rは「ネオスポーツカフェコンセプト」のもと製作されたネイキッドモデルです。

ストリートシーンにフィットする新しいデザインは、1000cc・250cc・125ccと派生モデルが同時に発表されました。


CB1000R-2018

CBシリーズのフラッグシップモデルとなるCB1000R。ホンダの伝統的なプロアームや倒立フロントフォークの採用で、アグレッシブな車体構成が特徴的です。

CB1000R 新型2018年モデル スペックインプレ 価格や発売日は?

2018.01.10

CB250R


CB250R-2018

CBシリーズの次男にあたるCB250R。倒立フロントフォークやラジアルマウントキャリパーを採用するなど、本格派の作り込みが特徴的です。

ストリートバイクにスポーツバイクの性能を融合させた、アーバンスポーツバイクが250ccクラスを席巻することになりそうですね。


CB250R-2018

CBシリーズの末っ子にあたるCB125R。実用性を重視するカテゴリーでも、CB250Rと同等の豪華な装備で構成されています。

水冷OHCエンジンから出力されるトルクフルなエンジン性能は、ストリートシーンをスタイリッシュで軽快に走り抜ける醍醐味があるでしょう。

CB250R 新型2018年モデル スペックインプレ 価格や発売日は?

2018.01.09

アフリカツイン アドベンチャースポーツ


CRF1000Lアフリカツイン


CRF1000L-2018

人気のアドベンチャーカテゴリーの中でもトップクラスの人気を誇るアフリカツイン。2018年モデルはさらに最先端の電子制御技術を追加したバイクに進化しました。

さらに注目すべきポイントは、ラリーライクな装備を追加した「アドベンチャースポーツ」が新たにグレードに追加。


CRF1000L-2018

ビックタンクの採用やタフなデザインのガード類を追加。ストックの状態でラリーレースにでることができるスペックが特徴的です。

CRF1000Lアフリカツイン 2018年新型 インプレ 足つきやツーリング性能

2018.01.06

フォルツァ


フォルツァ250

「スクーターのNSR」をコンセプトにデビューしたフォルツァは、待望の新型モデルが登場することが決定しました!

スポーティーなデザインを採用し、キーレスエントリー・トラクションコントロールなど豪華仕様になっています。

欧州でも認められたハイセンスな仕上がりは、ショーで必ずチェックしておきたい1台ですね。

ポップに生まれ変わったファンバイク


スーパーカブC125


スーパーカブC125-2018

コンセプトモデルで展示されたスーパーカブC125。市販化が決定的になったことで、今回のショーではさらに進化した姿を見ることができそうです。

スーパーカブC125 2018年新型モデル 発売日や価格 予約状況は?

2018.03.03

モンキー125


モンキー125

国内販売が不明だったモンキー125も、新型モデルとして国内販売することが決定的となりました!今回のショーでは実車に跨ることもできそうですね。

モンキー125cc新型 発売日予定時期や価格は?最新情報 スペックインプレ

2017.10.06

その他にも2018年モデルとして新たなカラーリングが施された新型が多く展示されます。CBR250RRの新色をはじめ、注目すべきニューカラーも見どころの一つでしょう。

カスタムコンプリートモデル


東京モーターサイクルショー2018-honda

東京モーターサイクルショー2018で公開される新型CB1000R、スーパースポーツモデルのCBR1000RRをベースにしたカスタムコンプリートを展示する予定です。

メーカーカスタムは純正の良さを活かしたハイセンスな仕上がりが魅力の一つ。バイクのカスタムをするときに、どこのカスタムメーカを選べば良いか、またどこから手をつけて良いか悩ましいものです。

ホンダが提案するカスタムコンプリートを参考にして、今後のカスタムプランの参考にしてみてはいかがでしょうか。

ワークスマシンの展示


東京モーターサイクルショー2018-honda

ホンダのレースシーンを彩るワークスマシンも必見です!

ホンダのモトクロスシーンをリードするCRFシリーズは、2017年に新たにDOHCエンジンを採用するなどフルモデルチェンジを敢行。新たなベース車両を元に製作されたワークス仕様は勉強材料としては打ってつけでしょう。


東京モーターサイクルショー2018-honda

言わずと知れたMOTO GP最高峰クラスに参戦するRC213V。オレンジのレプソルカラーは、見るだけでアドレナリンが出てしまいます。

最高峰クラスに参戦するワークスマシンは、世界的に見ても市販車では公開されていない技術が惜しみなく投入されています。ホンダの最先端技術を作品として見ることができるチャンスですね。

日程によってはワークスライダーによるトークショーも開催されるでしょう。サーキットでしか感じることができない、エキサイティングな一面をのぞいてみませんか。

関連動画




まとめ


兼ねてから国内販売の動向が注目されていた新型バイクが多く登場するホンダブース。二輪メーカーの中でもトップクラスのラインナップを誇り、見どころが多すぎて時間が経つのを忘れてしまいそうです・・・

新しい歴史の幕開けを感じさせるホンダブースは必見です!

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018~2019年モデル ネイキッド・スクーター

2018.08.10

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA