YZF-R1/YZF-R6 2019年新型モデル スペックインプレ 発売日(予約)や価格

YZF-R1 YZF-R6-1

ヤマハのmoto GPテクノロジーを感じさせるフラッグシップモデル「YZF-R1」と弟分の「YZF-R6」が2019年モデルを新たにリリースしました。

国内外のレースシーンで圧倒的なパフォーマンスを発揮している両者は、今回どのようにアップデートしたのか気になるところです。

新型「YZF-R1」「YZF-R6」のスペックやインプレ、発売日・価格等の情報をご紹介させていただきます。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

不要バイクの処分は3月中に!

4月1日時点でバイクを所有していると軽自動車がかかっていまします。

乗っていない不要なバイクをお持ちの場合は3月中に廃車手続きするのを忘れずに!

⇒ バイクの税金や支払いについて詳しく解説!

⇒ お金がもらえる!バイクのお得な処分方法


2019年モデル 新型 YZF-R1/YZF-R6の仕様


YZF-R1


YZF-R1 YZF-R6-2
引用元:https://www.presto-corp.jp/lineups/yzf_r1/



サーキットモデルであることを象徴するデザインに変更し、スーパースポーツモデルとして圧巻の存在感を放つYZF-R1。

2019年モデルでは、新たなグラフィックを採用したブルーが新たにラインナップ。グレーと上級グレードのシルバーは前年モデルを踏襲しています。

さらにレースシーンではおなじみとなっているクイックシフトシステム。アップ・ダウンともに電子制御で簡易的にシフトチェンジを可能としました。

上級グレードのYZF-R1Mは、オーリンズ製電子制御サスペンションがブレーキング・コーナリング・加速とそれぞれにフィットしたセッティングを可能にしています。

新型では目立った変更点はありませんが、それは2018年モデルがいかに成熟していたかを物語っています。

YZF-R6


YZF-R1 YZF-R6-3
引用元:https://www.presto-corp.jp/lineups/yzf_r6/



2019年モデルのYZF-R6の主な仕様は、ブルーのグラフィックが変更になったこと。

フルモデルチェンジされて間もないYZF-R6は、新たなカラーリングでエキサイティングなフィーリングを堪能することができます。

2019年モデル 新型 YZF-R1/YZF-R6のスペック


YZF-R1


YZF-R1 YZF-R6-4
全長×全幅×全高2055mm×690mm×1150mm
車両重量200kg
ホイールベース1405mm
シート高855mm
エンジンの種類DOHC水冷並列4気筒エンジン
排気量998cc
最高出力200PS
最大トルク11.5kgf
燃料タンク容量17L

2018年モデルからスペックに変更点はありません。

YZF-R6


YZF-R1 YZF-R6-5
全長×全幅×全高2040mm×695mm×1150mm
車両重量190kg
ホイールベース1375mm
シート高850mm
エンジンの種類DOHC水冷並列4気筒エンジン
排気量599cc
最高出力118.4PS
最大トルク6.3kgf
燃料タンク容量17L

2018年モデルからスペックに変更点はありません。

2019年モデル 新型 YZF-R1/YZF-R6のカラーリング


YZF-R1


ブルー


YZF-R1 YZF-R6-6

ダークグレー


YZF-R1 YZF-R6-7

シルバー


YZF-R1 YZF-R6-8

YZF-R6


ブルー


YZF-R1 YZF-R6-9

ダークグレー


YZF-R1 YZF-R6-10

ホワイト


YZF-R1 YZF-R6-11

2019年モデル 新型 YZF-R1/YZF-R6のインプレ


YZF-R1


YZF-R1 YZF-R6-12

キレのあるコーナリング性能が特徴的だったYZF-R1。現行型へのフルモデルチェンジを機に、そのキャラクターはサーキット性能に特化したものになりました。

YZF-R1の代名詞とも言える熟成されたクロスプレーンシャフトエンジンを筆頭に、IMUなど数多くの電子制御パーツが圧倒的に優れたコントロール性能を実現しています。

サーキット性能に特化したモデルですから、ライディングポジションはお世辞にもゆとりがあるとは言えません。

しかしレースシーンで優れた結果を残すのに十分なエンジン性能を持ちながら、優れたコントロール性能を活かせばツーリングでも乗りやすいと感じるはずです。

天候やシチュエーションに応じてエンジンパワーモードを切り替えることも可能ですし、バンク角やスピードに応じて最適にトラクションやABSが発動。

いたずらにエンジンパワーを上げるだけでなく、ライダーがバイクの性能を各々引き出すために、メーカーの開発力を結集して圧倒的に優れたコントロール性能がこのバイクの魅力ではないでしょうか。

YZF-R6


YZF-R1 YZF-R6-13

YZF-R1のようなレーサーライクなデザインにフルモデルチェンジして間もないYZF-R6。

2019年モデルでもその存在感は健在で、旧型YZF-R6のエンジンをベースとしながらも充実した電子制御機能がさらなるパフォーマンスを発揮しています。

YZF-R1と同じように、前傾がキツめのレーシーなライディングポジションはコースレコードを狙うためのアグレッシブな仕様になっていますね。

こちらもツーリングに最適なモデルとは言い難いですが、ワインディングを快適に攻めて走りたいライダーには最高のバイクと言って良いでしょう。

YZF-R1よりもピークパワーやトルク性能は劣るものの、できる限りエンジンを回してバイクをコントロールしたいライダーにはYZF-R6がフィットします。

2019年モデル 新型 YZF-R1/YZF-R6の発売日


YZF-R1


YZF-R1 YZF-R6-14

YZF-R1


2019年4月予定

YZF-R1 M


2019年5月予定


フラッグシップモデルとなるYZF-R1は、国内仕様ではなくプレストが取り扱う逆輸入車として購入することが可能です。

正規販売モデルとはいえ、輸入台数に限りがあることから購入を検討している方は早めに事前予約を入れましょう。

YZF-R6


YZF-R1 YZF-R6-15

ブルー、ダークグレー


2019年5月予定

ホワイト


2019年2月予定


ブルーとダークグレーの仕向地が南アフリカ、ホワイトの仕向地がオーストラリアとなっています。

ホワイトに関しては2月と早めに発売日が設定されていますので、購入を検討している方は注意が必要ですね。

YZF-R6に関しては輸入台数が少ないこともあってか、早いタイミングで完売状態となる傾向があります。

YZF-R1/R1Mは「YZF-R1/R1M正規取扱店」、YZF-R6は「プレストオフィシャルショップ」にて、2018年12月2日までの期間限定で予約販売されるので、ホームページから取扱店をチェックして早めに事前予約を入れると安心できそうです。

2019年モデル 新型 YZF-R1/YZF-R6の価格


YZF-R1


YZF-R1 YZF-R6-16

YZF-R1


2,268,000円

YZF-R1 M


3,078,000円


前年モデルから新車価格に変更はありません。

発売当初は驚くような価格帯に感じましたが、YZF-R1のスペックと性能を知ると、むしろお買い得感さえ感じてしまいます。

YZF-R6


YZF-R1 YZF-R6-17
1,566,000円


前年モデルから新車価格に変更はありません。

参考にしたいプロが創り出すカスタム


YZF-R1 YZF-R6-18
引用元:https://race.yamaha-motor.co.jp/jsb1000/



YZF-R1やYZF-R6は、全日本ロードレースやSBK世界選手権のトップカテゴリーで活躍するバイクです。

ストックの状態でも圧倒的なパフォーマンスを発揮しますが、サーキット性能の高さはチューニングやカスタムを施すことで、さらなるスペックアップをすることも可能です。


YZF-R1 YZF-R6-18

エンジンパワーを引き出すエキゾーストマフラーをはじめ、ライディングスキルに合わせてハイスペックな社外サスペンションに換装すれば、さらにコントロール性能は向上します。


YZF-R1 YZF-R6-19
YZF-R1 YZF-R6-20

全日本ロードレース選手権のトップカテゴリーであるJSB1000は、YZF-R1をベースにファクトリースペックのチューニングを施したスペシャル仕様。

前述したカスタムの他にも、ブレーキ周りやハンドル周り、バックステップの仕様など参考にしたいカスタムは山ほどありますね。

YZFシリーズ発売記念カラーとなるブルーは、初代を彷彿とさせるスペシャル仕様です。カラーリングを変えるだけでもかなり印象が変わります。

2019年モデル 新型 YZF-R1/YZF-R6の関連動画




まとめ


ヤマハのスポーツモデルを代表する「YZF-R1」「YZF-R6」は、2019年モデルでさらに熟成をした仕様になりました。

目立った仕様変更はないものの、2018年までに新車を購入することができなかった方やこれから購入を検討する方にとって、新型モデルのリリースは朗報となりそうです。

2019年モデルも争奪戦となることは必須となりそうなので、気になっていた方は早めに取扱店に問い合わせてみましょう。

2019年モデル 新型バイクまとめ

sr400 2018新型

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2019年3月11日

不要バイクの処分は3月中に!

4月1日時点でバイクを所有していると軽自動車がかかっていまします。

乗っていない不要なバイクをお持ちの場合は3月中に廃車手続きするのを忘れずに!

⇒ バイクの税金や支払いについて詳しく解説!

⇒ お金がもらえる!バイクのお得な処分方法

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA