CBR1000RR SP2 2017 インプレ 価格や発売日は?

CBR1000RR SP2

2017年モデルのCBR1000RRには「ファイアーブレード」と往年の名車に名付けられた称号が与えられました。

ハイスペックの称号を与えられフルモデルチェンジしたCBR1000RRは、最新の電子制御機構とエンジンスペックを両立させ、レースで勝つための仕様となっています。

そのCBR1000RRに今回、特別仕様としてラインナップされた「SP2」のスペックやインプレから性能、発売日や価格などをまとめてご紹介します。


CBR1000RR SP2の発売日


CBR1000RR SP2
引用元:http://www.honda.co.jp/CBR1000RR/


選ばれた人にのみ購入できる特別仕様


CBR1000RR SP2を購入するには、事前に商談予約を専用サイトで入れる必要があります。さらに、CBR1000RR SP2の限定台数「35台」と狭き門となっています。

商談予約が限定台数を上回った場合、公開抽選にて購入権を決めるようで、見る側としてはイベント性が高く楽しみでもありますが、購入者としてはヒヤヒヤものでもありますね・・・

予約受付期間と納車開始日について


専用サイトからの商談予約受付は2017年6月5日から2017年6月26日までとなっていました!

すでに大きなイベントとして開票が行われたようで、CBR1000RR SP2のデリバリーは当選者に順次発表されるようです。

CBR1000RR SP2のカラーリングや価格


CBR1000RR SP2
引用元:http://www.honda.co.jp/CBR1000RR/



写真のように赤を基調とし、写真のブルーの部分にはカーボンパターンとゴールドを組み合わせたスポーティーなカラーリングとなっています。

新車販売価格は「3,024,000円」になります。

近年、バイクの電子制御化とハイスペック化が進み価格が高騰するなか、300万円を超える新車価格は安い価格とは言えません。しかし、次項以降で解説する仕様やスペック、性能をチェックするとお買い得感を感じるものとなりそうです。

CBR1000RR SP2の仕様・スペック


CBR1000RR SP2
引用元:http://www.honda.co.jp/CBR1000RR/



CBR1000RR SP2の専用装備と特別チューニング


SP2と称された特別仕様には、レースで勝つため細部に渡ってさまざまなチューニングが施されています。

まず、吸排気バルブの大径化とピストン形状の最適化、さらには水回りのレイアウトを変更するなどして約400gの軽量化とハイパワー化が施されたシリンダーヘッド周りとなっています。

さらに足回りにはレーサーでも採用されることの多い「マルケジー二製」アルミホイールを装着することで、大幅な軽量化と耐久性を実現しています。

CBR1000RR SP2の軽量化は高級パーツの構成によって成立しています。まずは、重量を大きく占める燃料タンクがチタン製となっており、バッテリーにはリチウムイオンバッテリーを採用することで、車体全体で大幅な軽量化を実現しています。

進化し続ける正常進化したエンジン周り


軽量化かつコンパクトなエンジンレイアウトを採用した機構は、内部パーツもカムシャフトのリフト量やピストンの軽量化・各タイミングの最適化を図ることでさらに高回転域での出力アップやトルクアップを実現しています。

さらにスロットルボディも2mm口径を大きくすることで、鋭いレスポンスと高回転域での出力を向上させました。高回転化にともない、低中速域でのかくそ感を補い、さらに耐久性を向上させる意図もあるクロスミッションを採用しました。

クラッチには、「アルミカム アシスト スリッパークラッチ」を採用することで、これまでのクラッチ操作よりも軽いタッチで操作を可能とし、さらにシフトダウン時に起こるバックトルクを制御することで、スポーツ走行時にブレーキングに集中できる仕様となっています。

最新の電子制御技術を惜しみなく投入


モトGPで得た技術を惜しみなくフィードバックしたCBR1000RR SP2には「スロットルバイワイヤシステム」を採用しました。

これは、従来のワイヤー機構で回転力をアクセルの動作をプーリーに伝えていたものが、電子的にセンサーを介して動作させることにより、使用している回転数やギア比に左右されることなくアクセルレスポンスを一定に保ち、かつ鋭いレスポンスを実現しています。

また、ハンドルスイッチ一つでエンジンの出力特性を変化させることが可能な「パワーセレクター」を採用しました。

これは、ライダーの意図やシチュエーションに合わせて5段階の出力特性を選択することが可能で「ハイパワー過ぎて扱いにくい」といったシチュエーションからライダーを解放します。

RC213Vにも採用された「セレクタブル トルク コントロール」を装着しました。

9段階の設定が可能となっていて、リヤタイヤのスリップやフロントの不意なウイリーに電子的に対応する機構です。これにより、過酷なシチュエーションでも安心してアクセルワークに集中できるメリットがあります。

エンジンブレーキの強弱を3段階に分けて調整できる「セレクタブルエンジンブレーキ」を採用し、さらにこれらの電子制御機構を大まかに3モードで管理できる「プリセット機能」が追加されています。

また、レーサーではお馴染みとなっている「クイックシフター」を採用することで、エンジン回転数をクラッチ操作で合わせずともスムーズにシフトチェンジを可能としています。

さらにOHLINSサスペンションの制御レベルも3モードから切り替え可能としていて、TFTフルカラーの大型メーターで全て切り替え・確認が可能となっています。

これらのスペックや仕様を見ても、純粋なレーサーと勘違いしてしまうようなハイスペックな仕上がりとなっています。

CBR1000RR SP2のインプレからエンジン性能を確認


CBR1000RR SP2
引用元:http://www.honda.co.jp/CBR1000RR/



大幅な軽量化とハイパワー化が際立つCBR10000RR SP2ですが、ハイパワーよりもコントロール性に優れている方が速いと言わんばかりの電子制御技術の投入により、ライダーのレベルや路面状況・環境によってエンジンブレーキや出力特性、トラクションなどをコントロールできるため、走る場所に関わらず扱いやすいエンジン性能となっているようです。

CBR1000RR SP2のインプレから走行性能を確認


CBR1000RR SP2
引用元:http://www.honda.co.jp/CBR1000RR/



電子制御技術でコントロールできるのはエンジン特性だけでなく、OHLINS製のサスペンションにも適応することができます。伸び側や圧側の減衰を調整できることで、ライダーの走りの幅をさらに広げることが可能となっています。

扱いやすさを重視された今回の仕様では、素直に切れ込むハンドリングと軽量な車体と相まって倒し込みがスムーズな特徴があるようです。

まとめ


CBR1000RR SP2
引用元:http://www.honda.co.jp/CBR1000RR/



今回発売されたCBR1000RRには、3タイプの設定がありますが、中でもSP2はレースに勝つことを意識したハイスペックバイクに仕上がっていました!

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018~2019年モデル ネイキッド・スクーター

2018.07.08

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA