SCR950 日本での発売日やスペックまとめ YAMAHA

scr950

YAMAHAから発表されたSCR950は、どこか懐かしささえ感じるレトロ感の漂うデザインのバイクです。

ジャンルをスクランブラーと位置づけ、大人の冒険心を蘇らせるような気持ちになる魅力は、SCR950のどのようなところに隠されているのでしょうか。

スペックなどからSCR950の魅力や特徴、日本での発売日などをチェックしていきましょう!


新型 YAMAHA SCR950はどんなバイクなのか


scr950
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/scr950/gallery.html


YAMAHA SCR950は、エンジンやフレームはBOLTをベースに、最近盛り上がりをみせているスクランブラーとしてモデルチェンジした仕様です。

シートレールには、カスタム感溢れるループフレームを採用し、小ぶりなテールライトがヴィンテージバイクのそれを想像させます。

大排気量ゆえに、ロングツーリングからこなせるバイクですが、その気になればフラットダートで遊べてしまえるスタイルが魅力です。

最近、海外メーカーを中心にスクランブラーのニューモデル発表が目立ちますが、YAMAHAが持つ伝統的なデザインを踏襲しつつ、全く新しいスクランブラーとして国内に販売してくれたことは、YAMAHAならではの革新的なことだと思います。

SCR950の特徴的な箇所は、オーバル型のゼッケンプレートを彷彿とさせるサイドカバーを装着することでオールドレーサを彷彿とさせ、レトロ感漂う小ぶりなヘッドライト、スクランブラースタイルに合う小ぶりなタンクがヴィンテージスタイルを好む大人を引き込むデザインです。

ヴィンテージバイクが欲しいけど、デザインが良くても出先の故障や維持費の問題で手が出しにくいものですが、SCR950は中身が先進的なスペックで、レトロ感のあるデザインと融合させるデザインが魅力のバイクです。

スペックからYAMAHA SCR950を見てみましょう


まずは、SCR950の主要スペックを見てみましょう!

全長×全幅×全高 2255mm×895mm×1170mm
シート高 830mm
ホイールベース 1575mm
車両重量 252kg
国土交通省届出値定地燃費値 31.0km/L (60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 21.2km/L (クラス3,サブクラス3-2) 1名乗車
原動機の種類 SOHC空冷V型二気筒4バルブ
排気量 941cm3
最高出力 40KW (54PS) / 5,500r/min
最大トルク 80N・m (8.2kgf・m) / 3,000r/min
燃料タンク容量 13L (無鉛レギュラーガソリン指定)

引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/scr950/spec.html

エンジンの基本スペックは、YAMAHA BOLTを踏襲した形となっています。

駆動方式もベルトドライブとなっており、サビや油汚れの心配から解放されています。ホイールサイズは、リヤが17インチと変更されており、フロントは19インチを採用することで、ブロックタイヤの選択の幅を広げる仕様となりました。

標準で装着されているABSは、天候やスピード域に関係なく安心してブレーキングすることができます。

また、スペックからは読み取れませんが、足回りがSCR950特有の仕様となっています。

スクランブラーの風格が出るフォークブーツを装着し、サスペンションのセッティングはフラットダートのような少しの悪路でも快適に走ることができる仕様となっています。

ポジションは、ワイドなハンドルや足つき性の良いところから、悪路での操作性も向上されています。

気になるYAMAHA SCR950の発売日・価格はどうなのか


発売日は、5月25日となっており、もうSCR950を見ることができます!

ディーラーなどに行けば全色を見ることができる可能性が高いですし、試乗車の用意があるショップに出会えれば、是非とも試乗したいものです!

価格
SCR950 ABS \1,060,560円 (税込)

まとめ


スクランブラーというジャンルは、服装や乗る場所などを選ばず、気兼ねなく乗ることができることが魅力です。

バイクは本来、綺麗に維持して魅力が引き立つものが多いですが、SCR950には泥汚れなどが絵になってしまう雰囲気があります。

気兼ねなく街へ走り出すことや、どこか遠い場所のフラットダートを楽しむことだってできる大人のスクランブラーに今後も注目していきたいですね!

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.10.17

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA