V-Strom250 価格と発売時期 スペックについて SUZUKI

V-Strom250

欧州を中心に盛盛り上がりをみせていたデュアルパーパスモデルは、現在、国内でも盛り上がりを見せています。

デュアルパーパスモデルといえば、600ccクラスをエントリーモデルと位置づけ、1000ccから1200ccクラスの排気量が並ぶモデルでしたが、国内のデュアルパーパスモデルの人気を反映し、各メーカーが250ccクラスのデュアルパーパスモデルを開発、販売をするようになりました。

大型免許がなければ乗れなかったカテゴリーに普通二輪免許で乗ることができるカテゴリーが増えれば、「バイクに乗ってみよう」と考える方が増えることにつながり、バイク不況に風穴を空けることができるかもしれません。

話が少し外れてしまいましたが、デュアルパーパスモデルの人気は、ロングツーリングを快適に走行できることはもちろんのこと、荷物をたくさん積載してバイクでキャンプツーリングに行ったり、ツーリング先のちょっとした悪路に入ってみたりと、普通のバイクよりも冒険心のあるデザインと走破性があるところだと思います。

オンロードバイクとオフロードバイクの合いの子、ちょうど良いとこ採りのカテゴリーで、中にはラリー仕様のよう仕上げて砂地を楽しむ仕様にしたり、オンロードバイクのように峠道のコーナーを軽快に走ることだってできます。

2017年、スズキはこの人気カテゴリーにv-strom1000、v-strom650を国内でも販売することを正式に発表し、一足先に発売されています。

今回は、デュアルパーパスカテゴリーのエントリーモデルとして人気が出そうなV-Strom250の主要スペックをはじめ、発売日や予約開始日、価格などを中心にご紹介させていただきます!

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


V-Strom250の主要スペックをチェックしましょう


V-Strom250
引用元:http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/products/V-Strom250_a/#specifications


グローバルサイトに掲載されている主要スペックを見てみましょう!

全長×全幅×全高2150m×790mm×1295mm
ホイールベース1425mm
シート高800mm
車両重量186kg (188kg ABS)
排気量248cm3
エンジン種類SOHC 2気筒水冷4ストローク
最高出力18 kW〈24 PS〉/ 8,000 rpm
最大トルク22 N・m〈2.2 kgf・m〉/6,500 rpm
燃料タンク容量17.3L
燃費41.0 km/L(60 km/h) 2名乗車時
引用元:http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/products/V-Strom250_a/#specifications



気になる最高出力や最大トルクは公表されていませんでしたが、エンジンのベースとなっているのはGSX250Rのようなので、数値はGSX250Rの数値を記載させていただきました!

250ccクラスらしくシート高が低めに設定されており、車両重量も軽いことからエントリーモデルとして、初心者の方から女性の方まで、身長に関係なく気軽に乗れそうな車格となっています。

GSX250Rに使用されているエンジンは、どちらかというと扱いやすさに重きを置いた仕様となっており、トルクフルな特性はトコトコ街中を流すことからツーリングにも向いているエンジンです。スポーツ走行に向いた特性とは言えませんが、燃費がとても良く2気筒特有の鼓動感が心地の良い仕様となっています。

フロント周りのデザインが大きく刷新された2017年モデルは、アウトドア感を演出する丸型ヘッドライトをはじめ、タフなイメージのフロントフェンダーとタンクの形状が、排気量の小ささを感じさせないワイルドなイメージとなっています。

また、標準で装着されるであろう大型スクリーンやハンドガードが高速走行時に風圧からライダーを守ってくれますし、林道に入った時は横に飛び出した枝などの障害物から手を守ってくれます。悪路を走ることを想定しているのか、アンダーガードも装着されているようです。

メーターには大型のデジタルメーターを採用し、12VDC電源が装備されていることで、ポータブルナビの電源やスマートフォンの電源を取ることができます。

主要スペックや装備品から見ても、エントリーモデルとしての扱いやすさを持ちながら、装備品はデュアルパーパスバイクらしい快適さと走破性を兼ねそろえているようです!

V-Strom250の発売時期をチェックしましょう



V-Strom250
引用元:http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/products/V-Strom250_a/#specifications



現在、スズキのグローバルサイトではV-Strom250が掲載されており、中国から先行販売していくことが決定しています。

国内販売の正式な発表がされていませんが、すでにグローバルサイトに掲載されていることと、中国では発売されていることも考えると、国内販売は2017年6月から7月にされるのではないかと予想しております!

国内ではすでに、250ccクラスをはじめ650ccや1000ccでもニューモデルが発売されていることから、この時期から大きくずれ込むことはないかと思います!

V-Strom250の予約開始日をチェックしてみましょう


V-Strom250
引用元:http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/products/V-Strom250_a/



V-Strom250の国内販売時期をチェックしたら、いち早くV-Strom250を購入するために事前予約を入れる段取りをしましょう!

事前予約は、全国各地のスズキのスポーツバイクを取り扱う販売店独自で事前予約を受け付けるため、国内販売の正式な発表がされていない今がチャンスだと思います!

グローバルサイトにはすでに掲載されていて、中国でも先行して発売が開始されていることと、国内販売の予定もメーカーがちらつかせているこのタイミングで、独自に事前予約を受けてくれないか交渉すべきだと思います!

デュアルパーパスモデルは人気があり、中でもV-Strom250は人気の出ることが予想されるため、早めの行動をオススメいたします!

V-Strom250の価格をチェックしましょう


V-Strom250
引用元:http://www.globalsuzuki.com/motorcycle/products/V-Strom250_a/#chassis



国内販売の発売日も未定ならば、車両販売価格も未定になっています・・・

しかし、エンジンのベースがGSX250Rになっていることから、車両価格を予想してみたいと思います!GSX250Rの車両販売価格が \527,040となっていることから、55万円から60万円になると予想させていただきました!

2017年に発売された250ccクラスのニューモデルたちと比較すると平均クラスの価格帯となりそうです!

V-Strom250のライバルとなるバイクをチェックしましょう


デュアルパーパースカテゴリー内でライバル車となるバイクをチェックしてみましょう!

CRF RALLY


CRF RALLY
引用元:http://www.honda.co.jp/CRF250RALLY/type/


車両販売価格:\648,000

CRF250Lをベースにラリー仕様へとデザインされたモデルで、CRF250Lよりもトルク、パワー共に出力されるよう仕様変更され、軽量かつ走破性にすぐれたモデルです。

VERSYS-X 250


versys-x250 tourer
引用元:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/versys-x250/


車両販売価格:\683,640

標準でフォグランプや左右のパニアケース、アンダーガードやハンドガードを装着したモデルで、デュアルパーパスらしいデザインと快適性がポイントです。

ライバルと比較して、V-Strom250は欧州らしいデュアルパーパスデザインで、タフでワイルドなデザインとカラーリングが特徴的で、おしゃれな方にも人気が出そうなモデルですね!

まとめ


2017年国内で発売が期待される250ccデュアルパーパスモデルV-Strom250をご紹介しました!

これからもこのカテゴリーは盛り上がりを見せると思いますので、今後もV-Strom250には注目していきましょう!

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.05.10

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA