ゴールドウイング(GOLD WING)2019年新型 スペックインプレ 発売日や価格は?

gold wing-2019-1

ホンダのラグジュアリークルーザー「ゴールドウイング」に、2019年モデルの新型が正式にリリースされました。

衝撃的なフルモデルチェンジから間もないゴールドウイングは、新たなタイプを追加することが決定。

今回は新たに追加したタイプの詳細を中心に、インプレ、発売日や価格、他にも注目すべきポイントなどを交えてご紹介します。

2019年 新型 ゴールドウイングの特徴

gold wing-2019-2

引用元:https://www.honda.co.jp/GOLDWING/

2019年モデルは、新たにDCTトランスミッションを採用したタイプが仲間入りしました。

さらにハイセンスでスタイリッシュなニューカラーを採用し、ツーリングシーンをラグジュアリーに演出してくれます。

ここではDCTを採用したグレードとミッションの仕組みについてチェックしていきましょう。

ゴールドウイングにDCTを新たにラインナップ!

gold wing-2019-3

2019年モデルの主な特徴は、DCTトランスミッションをゴールドウイングにも採用したこと。

これまではトランクボックスとサイドバックを装着したツアーにのみ設定されていました。

DCTを採用したバイクは、NCシリーズをはじめ多くのバイクでライダーから高評価を得ている機構。

クラッチワークを省くことで、左手の負担を減らし加速と減速にシンプルに集中することができます。

クルーザーモデルには最高の組み合わせと言えるでしょうね。

ゴールドウイングのDCT機構をおさらいしよう

gold wing-2019-4

ホンダのスポーツバイクやクルーザーモデルに多く採用されているDCTトランスミッション。

ゴールドウイングに組み込まれているDCTは、ホンダでは第三世代DCTと呼ばれていて、このバイクにフィットした変速性能と驚くべき機能を追加しています。

126PSものハイパワーを的確に後輪に伝えるべく、ゴールドウイングは7速を採用。さらにクラッチを2組構造とすることで、変速ショックの少ないスムーズで力強い駆動力を実現しました。

車両重量のあるバイクですから、変速ショックが大きくてはライダーの負担になりますからね。

gold wing-2019-5

このクラスのバイクで心配なのは、エンジン停止時に前後後方に押し引きするときです・・・。300kgを超える重量ですから、男性のベテランライダーにも大きな負担になりますよね。

これらを解消すべく、ハンドルスイッチ一つで前後に微速でアシストする機能を追加。これがあればエンジン停止時でも安心して楽に押し引きすることができるでしょう。

ゴールドウイングのネガな一面を解消し、クルーザーモデルとしての利便性と快適性を飛躍的に向上させたのが、DCTトランスミッションです。

ゴールドウイングの注目ポイント

gold wing-2019-6

気品漂うゴールドウイングには、充実した豪華装備が目白押しです。

スタイリッシュなエクステリアに組み込まれるLEDの灯火類、さらにはデジタルメーターなどなど・・・。

ロングツーリングをメインに使用するバイクですから、ここではアップルカープレイ(Apple CarPlay)について触れてみたいと思います。

gold wing-2019-7

iPhoneと同期することで、電話帳・音楽・地図アプリをメーター内に表示することが可能になりました。

さらに市販のBluetoothを組み合わせれば、走行中に音楽やマップの音声ガイドを聞くこともできます。

操作はスマートフォン上ではなく、スタイリッシュに配置されたオーディオシステムからアクセス。

グローブを装着した状態でも的確にアクセスでき、快適なツーリングシーンを演出してくれるでしょう。

DCTなどのエンジン性能にも注目が集まりますが、アップルカープレイなどの電子機器も充実しているのが、2019年モデルのゴールドウイングです。

2019年 新型 ゴールドウイングのカラーリング

2019年モデルのゴールドウイングには、全部で4タイプがラインナップ。

それぞれのカラーリングをチェックしていきましょう。

ゴールドウイング

ダークネスブラックメタリック

gold wing-2019-8

マットマジェスティックシルバーメタリック

gold wing-2019-9

キャンディーアーダントレッド

gold wing-2019-10

ゴールドウイング DCT

マットマジェスティックシルバーメタリック

gold wing-2019-11

ダークネスブラックメタリック

gold wing-2019-12

キャンディーアーダントレッド

gold wing-2019-13

ゴールドウイング ツアー

パールグレアホワイト

gold wing-2019-14

ダークネスブラックメタリック

gold wing-2019-15

キャンディーアーダントレッド

gold wing-2019-16

ゴールドウイング ツアー DCT

キャンディーアーダントレッド(ツートン)

gold wing-2019-17

パールグレアホワイト

gold wing-2019-18

ダークネスブラックメタリック

gold wing-2019-19

キャンディーアーダントレッド

gold wing-2019-20

2019年 新型 ゴールドウイングのスペック

gold wing-2019-21

ゴールドウイング

全長×全幅×全高2475mm×925mm(905mm)×1340mm
車両重量365kg(364kg)
ホイールベース1695mm
シート高745mm
エンジンの種類水冷OHC水平対向6気筒エンジン
最高出力126PS
最大トルク17.3kgf
燃費性能27.0km/L
燃料タンク容量21L
( )はDCT

ゴールドウイング ツアー

全長×全幅×全高2575mm×925mm(905mm)×1403mm
車両重量379kg(383kg)
ホイールベース1695mm
シート高745mm
エンジンの種類水冷OHC水平対向6気筒エンジン
最高出力126PS
最大トルク17.3kgf
燃費性能27.0km/L
燃料タンク容量21L
( )はDCT

2019年 新型 ゴールドウイングのインプレ

gold wing-2019-22

2019年モデルはゴールドウイングにDCTタイプを追加し、全部で4タイプがラインナップしました。

全てのモデルに搭載しているエンジンを共通としていることから、120PSを誇るパワフルな走行性能を堪能することができます。

大型排気量かつ、水平対向6気筒エンジンを搭載したゴールドウイングは重量が300kgを超えることもあり、ビギナーライダーには不向きなバイクかもしれません。

しかし一度走り出すと、力強いトルク性能と高速域にかけてのパワーが軽快な走りを実現しています。

以外にもワインディングのようなコーナーが連続するシチュエーションでも楽しく走れる一面も。

バイク本来の操作を楽しみたい方にはミッションモデル、利便性や快適性を重視したい方にはDCTがおすすめです。

キング オブ クルーザーのゴールドウイングは、日本国内のツーリングシーンにマッチした機動力を持ち合わせたバイクです。

2019年 新型 ゴールドウイングの発売日

gold wing-2019-23

発売日:2018年11月9日

発売日を間近に控えているゴールドウイングは、正規販売店のドリームなどで購入することができます。

すでに店舗によっては事前予約受付を開始していて、今回新たに仲間入りしたゴールドウイング DCTは一番人気になるかもしれません。

ドリームでは試乗車を用意していることも。気になる方はお近くの店舗に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

2019年 新型 ゴールドウイングの新車価格

gold wing-2019-24

新車価格

ゴールドウイング:2,736,720円
ゴールドウイング DCT:2,877,120円

ゴールドウイング ツアー :2,963,520円
ゴールドウイング ツアー DCT:3,319,920円

ゴールドウイングといえば、ホンダを代表するクルーザーのフラッグシップモデル。

ライバルとなるのは、海外二輪メーカーの高価格帯に設定されたアメリカンやクルーザーモデルでしょう。

ゴールドウイングの質感と機能性、装備の充実感を考えれば納得のいく価格帯であることは間違いないですね。

2019年 新型 ゴールドウイングの関連動画

まとめ

2019年モデルは高評価を得ているDCTタイプを追加しました。クルーザーモデルのトップをいく質感と機能性はベテランライダーをも納得させる内容です。

発売が間近に迫った新型モデルを店頭でチェックしてみましょう!

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

gold wing-2019-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA