CB650F 2017年新型 インプレ 足つきやカスタムパーツ(マフラー)

CB650F

2014年の発売日からCBR650Fの兄弟車としてラインナップされているCB650Fは、新排気ガス規制をクリアし、2017年モデルとして国内販売されることが決定しました!

今回は、見た目ではわかりにくい2017年CB650F、モデルチェンジの全容、インプレ、足つき性やカスタムパーツについてまとめてみたいと思います!

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


CB650Fの発売日


CB650F
引用元:http://www.honda.co.jp/CB650F/



CB650Fは、2017年4月14に国内の販売を開始し、すでに全国の販売店にて展示されています。ただ、CB650Fという車種はマニアックな車種で、どこでも展示しているわけではなく、ドリームのようなホンダ正規販売店であれば展示をしているようです!

今回のモデルチェンジは、大幅にデザインが変わったわけではないですが、見どころに溢れた仕様となっていますの、是非とも販売店でチェックしてみましょう!

CB650Fの試乗車


CB650F
引用元:http://www.honda.co.jp/CB650F/



展示している販売店が少ないことが予想されるCB650Fですが、試乗車の用意がされている販売店に関してはもう少し数が減りそうです。オススメは、ドリームのホームページにてCB650Fの試乗車検索をしていたくのが一番の方法かと思います。

試乗に関しては、試乗希望日の2週間ほど前から予約を入れていただき、免許証や装備品などを揃えておきます。当日は、販売店ごとのルールに従って、事故や店頭のないよう、CB650Fの実力をチェックしてくださいね!

ちなみに、購入を検討されている方で、試乗の際にご契約をされた場合は、値引き交渉や追加のサービス交渉がしやすくなりますので、値引き交渉を検討されている方にはオススメです。

CB650Fの仕様


CB650F
引用元:http://www.honda.co.jp/CB650F/



2017年モデルのCB650Fは、大幅にモデルチェンジをしました。その内容をカテゴリー別にチェックしていきましょう。

大幅にパワーアップしたエンジン周り


2016年までのエンジンをベースとして、吸気レイアウトをダウンドラフトに変更し、採用されたスロットルボディも32パイへ。また、エアクリーナーボックス内に配置されたファンネルをショート化しています。

バルブ周りも、サイズ・タイミングともに大幅なパワーアップに伴い最適化されることで、好燃費・ハイパワー・力強いトルクを実現しています。

また、エキゾーストパイプ内に排気ガスの流れをさらにスムーズにするための板を設けるなど、内部で大幅なリニューアルが行われています!

高級感のある都会的なデザイン


外装に関しては、2016年モデルから大幅に変更はありませんが、ヘッドライトとテールライトをLEDに変更したことで、正面から見たときに攻撃的な印象となり、さらに高級感のある仕上がりとなっています。

走行性のを大きく引き上げる足回り


2017年のCB650Fで採用されたデュアルインベンティブバルブフォークは、高速域での粘りのある動きはもちろん、初期の動作もしなやかな特性があり、街乗りからワインディングなどのスポーツ走行までパワーアップしたエンジンのパワーをしっかり路面に伝えることが可能です。

今回の仕様変更は、運動性能を大きく向上させた、同じクラスのライバルたちと大きく差別化を測るようなリニューアルとなっています。

CB650Fのスペックから馬力や足つき性、燃費をチェック


CB650F
引用元:http://www.honda.co.jp/CB650F/


全長×全幅×全高2110mm×780mm×1075mm
シート高810mm
車輌重量208kg
最高出力66kw (90PS) / 11000rpm
最大トルク64N・m (6,5kgf・m) / 8000rpm
燃費31.5 km/L
エンジン種類水冷4気筒並列4バルブ
燃料タンク容量17L

スペック値を見て、大幅に変更がされたことがわかるのが、馬力です。2017年のエンジン構造のリニューアルにより、7PSもパワーアップしています!

2016年モデルと車輌重量はほぼ変わらず、馬力のみ7PS上がったCB650Fは、ツーリングモデルからスポーツモデルにカテゴリーが変わったような特性となっています。

また、燃費についても数値でわかるように航続距離を長く稼ぐことのできるスペックとなっていて、ハイパワー化の影響で燃費が悪く感じることはなさそうです。

気になる足つき性ですが、クラスのライバルと比べると、810mmという数値は高く感じるかもしれません。しかし、マルチエンジンということを感じさせない車輌重量と横幅がスマートなシートの組み合わせで、エントリーユーザーでも安心してバイクに乗ることが可能です。

スペック値だけでみても、フルモデルチェンジのような変更となっていることがわかりました!

CB650Fのインプレからエンジン性能をチェック


CB650F
引用元:http://www.honda.co.jp/CB650F/



写真でもわかるように、スポーツバイクでは多くのモデルが採用しているダウンドラフトレイアウトを採用し、ファンネルがショート化されたことで高回転域においてのパワーが圧倒的にアップしたようです。

大幅なパワーアップ化に伴い、バルブ周りの設定を見直すことで、燃費を損なうことなく、さらに力強いトルクを発生させています。高回転のパワーもあげつつ、低中速域でのトルクも力強くしたことで、鋭いレスポンスも特徴的です。

CB650Fの走行性能をチェック


CB650F
引用元:http://www.honda.co.jp/CB650F/



大幅にパワーアップしたパワーを路面に伝える足回りもリニューアルし、スポーツ志向の強い仕上がりとなりました。

特にフロントフォークには、デュアルインベンティブバルブサスペンションを採用。これにより、どのシチュエーションでも粘りのあるしなやかな動きを実現しただけでなく、ライダーの特徴に合わせたセッティングのしやすい仕様となっています。

スポーツ志向が強くなった印象がありますが、それはキャパシティーが広がったということで、高めのポジション設定のセパレートハンドルやステップ位置など、ツーリングでもこれまで通り快適な走行を楽しむことが可能です。

CB650Fのオススメのカスタムパーツ


CB650Fが発売されて3年が経ちますが、カスタムパーツのラインナップも豊富になりつつあるようです!

モリワキエンジニアリング MXマフラー





参考価格 ¥153,300

カスタムの王道でもあるマフラーは、さらなるパワーアップと軽量化をすることができます!写真のようなフルエキゾーストタイプは、スリップオンタイプに比べ、大幅なスペックアップが見込め、魅力のカスタムです。

MRAツーリングスクリーン





参考価格 ¥15,444

ネイキッドタイプのCB650Fでツーリングに行くと、高速道路では走行風がもろにライダーに吹き付け、負担になりがちです。そのため、カスタム要素もあるスクリーンを装着することで、走行風の負担からライダーを解放してくれます。

取り付けや取り外しもかんたんなため、ご自身で気軽に付け替えできるのも魅力の一つです!

マトリス リヤサスペンション





参考価格 ¥99,441

運動性能の高いフロントサスペンションと組み合わせることで、さらにスポーティーな走りを実現し、速度域の低い街乗りでも快適に走行することができます。セッティングの幅も広がり、ご自身に合った仕様にすることも可能です。

2014年モデルからの共通部品が多いだけに、カスタムパーツの幅広さが魅力の一つでもありますね!

まとめ


発売されたばかりの2017年CB650Fをご紹介させていただきました!見た目では魅力がわかりづらいだけに、販売店で一度チェックしてみてくださいね!

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.11.18

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA