Ninja650 2018年モデルインプレ スペックや価格と発売日 納車状況

Ninja650 2018年モデル

2017年に施工される予定の新排気ガス規制の影響もあり、カワサキだけでなく国内メーカーの大半のラインナップが生産終了となるなど、激動の年となりました。

そんななか、カワサキからラインナップされているNinja650が新排気ガス規制をクリアした仕様としてフルモデルチェンジして国内販売することが決定しました。

2018年モデルNinja650のスペックのインプレ、価格、発売日、納車状況等について紹介しています。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2018年 新型 Ninja650のスペックについて


Ninja650 2018年モデル
引用元:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninja650/



2018年モデルとしてフルモデルチェンジしたNinja650は、さらにエッジの効いたデザインを採用するだけでなく、車体を構成する足回りやフレーム、エンジンの内部パーツなど細部にわたってブラッシュアップしました。

まずは新型Ninja650のスペックをチェックしていきましょう。

全長×全幅×全高2055mm×740mm×1135mm
ホイールベース1410mm
車輌重量193kg
シート高790mm
エンジンの種類DOHC水冷4並列2気筒4バルブ
排気量649cc
ボア×ストローク83.0mm×60.0mm
圧縮比10.8:1
最高出力50kw (69PS) / 8000rpm
最大トルク65N・m (6,6kgf・m) / 6500rpm
燃費32.1km/L
燃料タンク容量15L

フルモデルチェンジした新型Ninja650は、完全新設計となるパーツで構成することで、2017年モデルよりも20kg近い軽量化を実現しています。

さらに、最高出力と最大トルクに関しても大幅にパワーアップすることに成功していて、パワーウエイトレシオで見ると、かなりパワフルな仕様となっていることがわかります。

次項では、車体全体で大幅にスペックアップした全容を新たに追加された装備とともにチェックしていきましょう。

新型 Ninja650の装備について


Ninja650 2018年モデル

カワサキのスポーツツアラーモデルであるNinja1000の攻撃的なデザインを継承し、アップライトなセパレートハンドルを採用するなど新型Ninja650においてもスポーツ走行を楽しめるツアラーとしての位置付けは同様の仕上がりとなっています。

2018年モデルで完全新設計されたトレリスフレームと軽量なアルミ製スイングアームで構成することで、走行時に最適なしなりと剛性を車体に与え、大幅な軽量化とともに軽快な走りを実現しています。

ベースエンジンは2017年モデルとしながらも、スポーツモデルの多くが採用しているアシスト&スリッパークラッチを採用することで、シフトダウン時のエンジンブレーキを軽減し、さらにクラッチワークを軽快にすることで、ツーリングやスポーツ走行時でも快適な走行をアシストしています。

さらに、カワサキのスポーツモデルの多くが採用しているホリゾンタルバックリンク式リヤサスペンションを採用し、摺動性の高いフロントサスペンションと組み合わせることで、優れた走行性能を実現しています。

また、スポーツツアラーモデルとして嬉しいポイントとして、ETCが標準装備しています。タンデムシート下にETC本体が収納され、メーター内にインジケーターが埋め込まれ、スマートに装着してあります。

スポーツバイクのような運動性能とツアラーの持つ快適性を両立させたモデルで、幅広いシチュエーションでエキサイティングな走りを楽しむことができるモデルです。

しかし、大型クラスの中ではエントリーモデルとしての顔もあり、シート高の低さや車体の軽さは女性の方でも扱いやすい仕様となっていて、乗り手を選ばないキャラクターが魅力の一つとなっています。

新型 Ninja650の発売日と新車価格とカラーラインナップ


Ninja650 2018年モデル

2018年モデルの新型Ninja650の発売日は、2017年8月1日となっています。

メタリックスパークブラック


Ninja650 2018年モデル

キャンディプラズマブルーエボニー


Ninja650 2018年モデル

カラーラインナップは以上の2色で、カワサキらしい男らしさを感じるラインナップになっています。

新車車輌価格:807,840円

新型 Ninja650の納車状況について


Ninja650 2018年モデル

最近のカワサキには、大型バイクの新型が登場すると早期で完売状態となる傾向があります。

それは、新型Ninja650にもいえることで、すでに予約分の納車ははじまっていて、カラーリングによっては残りわずかの状態となっている店舗も出てきています。

完売状態となった場合、次期モデルの登場まで待つ可能性もあるため、購入を検討している方は、お早めにご決断ください。

【まとめ】

2018年モデルとしてフルモデルチェンジした新型Ninja650は、快適性と走行性能を大幅に向上され、エントリーユーザからベテランまで楽しめる仕上がりとなっていました。

2018年モデル Ninja650 関連記事

Ninja650 2018年 KRT Edition 発売日や価格 予約について

2017.09.16

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.02.18

中古バイクの上手な選び方

中古バイクの選び方:排気量別(原付・125・250・400cc・大型・スクーター )

2017.12.01

中古バイクの選び方:走行距離の目安(原付・125・250・400cc・大型 )

2017.11.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる





複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービス! ⇒ バイク比較.com


メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA