カワサキ Z1000 R Edition 新型2018 年モデル スペックインプレ 日本発売は?

Z1000 R

カワサキがラインナップするネイキッドライン「Zシリーズ」のフラッグシップモデルとなるZ1000は、スーパースポーツバイクのエンジン性能や走行性能を踏襲し、ストリートファイタールックのデザインを採用したアグレッシブな1台です。

2018年モデルとなるZ1000に、さらにスポーツ志向を強めるレーシングスペックの装備を追加したR Editionがラインナップされます。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、購入金額を大幅に安くすることができる"バイクの下取り方法"をまとめています。

⇒ バイクの買取相場を知る方法と高く売却するコツ

2018年モデル Z1000 R Editionの基本装備やスペック

Z1000 R

引用元:https://www.kawasaki.eu/en/products

全長×全高×全幅2045mm×790mm×1055mm
シート高815mm
車輌重量221kg
ホイールベース1435mm
エンジンの種類水冷DOHC4気筒16バルブ
最高出力142PS
最大トルク11.3kgf・m
燃料タンク容量17L

車輌重量221kgと1000ccクラスのバイクの中ではトップクラスの軽量な車体を採用しながら、最高出力142PSのモンスターパワーを出力するZ1000のエンジンは、ワイドにアクセルを開ければ圧倒的なエンジンパワーを出力しますが、低中速域での扱いやすさがあることもZ1000の魅力となっています。

Z1000 R

Z1000 R Editionの特徴は、モンスターパワーをよりコントローナブルに扱うために、優れた制動力と安全性能を両立させている点です。

そのために、世界各国のレースシーンでファクトリーチームの多くが採用するブレンボ製の大径ディスクを採用し、さらにラジアルマウントされたモノブロックキャリパーを採用するなど、最高級パーツでブレーキ周りを構成しています。

これらレーススペックのブレーキ周りには、高性能ABSと組み合わせることで、コーナリング侵入時や路面コンディションが悪い時でも、アグレッシブなブレーキングが可能となっています。

Z1000 R

足回りには、オンロード・オフロードシーンのレースシーンで絶大な信頼と性能で高評価を得ているスウェーデン発オーリンズ製のレーススペックフロント倒立フロントフォークサスペンションとリヤサスペンションを組み合わせることで、中高速域でのスポーツ走行での快適性から、街乗りでの優れた乗り心地までライダーをあらゆるシチュエーションでもサポートしています。

Z1000 R

Z1000が持つどのバイクにも似つかない独創的なデザインを踏襲し、灯火類にはLEDを採用するなど、アグレッシブなだけでなく、都会的で高級感のあるイメージを融合させています。

2018年モデル Z1000 R Editionのカラーラインナップと日本発売について

Z1000 R

Z1000の中でも特別仕様となるR Editionには、ブラックを基調としながらも随所にカワサキらしい色あざやかなグリーンを落とし込んだスタイリッシュなカラーリング1色展開となっています。

日本国内正規モデルとしては発表されていないモデルですが、ネイキッドモデルの中では絶大な人気を誇るZ1000シリーズの上級グレードは、東京モーターショーで展示されることが期待されるモデルです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

Z1000 R

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA