XSR900 2018年新型 スペックインプレッション 足つき性は?動画

XSR900

2017年10月に開催された東京モーターショーを見てみて、これからの主流は名車をオマージュしたクラシカルでノスタルジックなバイクとなることを予感させました。

ヤマハからは、MT-09をベースとした優れたエンジン性能と走行性能をノスタルジックなデザインに組み合わせたヘリテージモデルとなるXSR900の販売を欧州や日本国内を中心に開始し、2018年新型モデルへとモデルチェンジすることが決定しました。

XSR900ののスペックインプレッション、カラーリング、足つき性について紹介しています。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2018年モデル 新型 XSR900の新しいカラーリング


2018年モデルとなるXSR900は、スポーツネイキッドモデルであるMT-09のエンジン性能や走行性能を引き継いだ主な仕様を踏襲。

ノスタルジックな外装のカラーリングを変更することで、さらに洗練されたスタイリッシュなデザインとなっています。

ビビッドレッドカクテル


XSR900
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/xsr900/index.html


ブラックメタリックX


XSR900

マットグレーメタリック3


XSR900

2018年モデルとなる新型XSR900のカラーリングは、これら3パターンが設定されていて、シンプルでスタイリッシュなカラーリングを基調としています。

タンク上部には質感とカラーリングの違う素材を使用してツートンカラーとすることで、欧州車のような高級感のある仕上がりとなっています。

これら3色のカラーリングに採用されている足回りやエンジン周りの構成パーツのカラーリングに関しては、ブラックアウトされた仕上がりとすることで、スタイリッシュな外装を採用しているXSR900全体の印象を引き締めています。

2018年モデル 新型 XSR900のスペックや足つき性


XSR900
全長×全幅×全高2075mm×815mm×1140mm
車輌重量195kg
ホイールベース1440mm
シート高830mm
エンジンの種類DOHC水冷並列3気筒エンジン
排気量845cc
最高出力116PS
最大トルク8.9kgf
燃料タンク容量14L
燃費29.4km/L

2018年モデルとなる新型XSR900の変更点は、カラーリングのみとなることから、2017年モデルの主要スペックを踏襲したスペックとなっています。

シート高は830mmと設定されていて、大型排気量となる900ccクラスのエンジンを搭載したネイキッドモデルの中では、優れた足つき性を実現しています。

シートの横幅もシャープな形状となっていることから、数字以上に足つき性が良く感じる仕様となっていますが、足つきに不安を感じる方には、カスタムパーツとして市販されているローダウンキットやローシートを装着することで、車高や座面を低くし、足つき性を改善することも可能です。

並列3気筒エンジンを搭載していることもあり、車両重量はかなり軽く、エントリーライダーから女性の方でも優れた取り回し性能を体感でき、気兼ねなく乗ることができるバイクとしておすすめできる1台となっています。

2018年モデル 新型 XSR900のインプレッション


XSR900

ノスタルジックな外装を装着したクラシカルな出で立ちが特徴的なXSSR900は、足回りや搭載するエンジンをMT-09と共有することで、ルックスとは相反するアグレッシブでスポーティーなエンジン性能と走行性能を持つモデルとなっています。

大型排気量ながら軽い車輌重量を実現した車体レイアウトを採用し、キレのあるコーナリング性能とハンドリングを実現。

街乗りなどの都会的な走りからワインディングなどを軽快に走行できることが、XSR900の魅力の一つとなっています。

また、XSR900にはトラクションコントロール機能を採用することで、様々な路面シチュエーションや天候に左右されることなく、安定した路面追従性とトラクション性能を発揮。街乗りからツーリングまで快適な走行性能を実現しています。


XSR900

しかし、フロント周りにはクラシカルで小型のヘッドライトのみが装着されていることにより、高速道路などを使用する巡航速度が上がる場面では、走行風をもろに受けてしまい、長時間ライディングするシチュエーションで疲れやすい一面もあるようです。

それらを改善すべく、カスタムメーカーから販売されているメーターバイザーやフロントカウルを装着することで、防風性を向上させ、さらにカスタムパーツ特有のドレスアップ効果も楽しむことができます。

スポーツバイクの傾向として、大型排気量になるほどライディングする際の服装をバイカーらしく、カチッとさせなければならない風潮がありますが、XSR900はカジュアルなスタイルでも乗りこなせることも人気の要因となっているようです。

2018年モデル 新型 XSR900のインプレッション動画




主に高速道路でXSR900のタンデム走行や女性ライダーが試乗するインプレッション動画です。

コンパクトな車体構成となっているXSR900は、タンデムした状態を客観的に見ると窮屈そうな印象を受けますが、乗り手としてはクッション性の良いシートやサスペンションのセッティングの恩恵もあり、快適なツーリングを堪能できる仕様となっています。

また、女性の方でも乗りやすいライディングポジションが特徴的で、幅広いライダーのレベルに適応できる許容の広さも魅力の一つとなっています。

まとめ


XSR900

個性的でスタイリッシュなカラーリングを新たに追加した2018年モデルとなるXSR900は、これから多くのモデルがラインナップされることが予想されるヘリテージモデルを引っ張っていくような魅力溢れる仕上がりとなっています。

MT-09 2017新型 カスタムマフラー、スクリーン 中古車情報

2017.11.01

XSR700 日本国内販売は2017年10月?発売の予想(予定)

2017.07.10

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018~2019年モデル ネイキッド・スクーター

2018.07.08

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA