CBR650R 2019年新型 インプレ スペック 発売日や価格

cbr650r-2019

ホンダは、2019年モデルとして待望の新型スポーツモデル「CBR650R」を正式リリースしました。

現在のCBRシリーズのデザインを踏襲したアグレッシブなエクステリアに、伝統的な技術と新たな機構を組み合わせた先進的な仕様になっているようです。

今回は新型モデルとして登場したばかりのCBR650Rについて、スペックや発売日や価格に関する情報も合わせてチェックしてみましょう。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2019年 新型 CBR650Rの主な仕様と注目ポイント


cbr650r-2019-2

引用元:https://www.honda.co.jp/CBR650R/



2019年モデルとして登場した新型CBR650Rは、CBR650Fをベースにフレームやスイングアームをブラッシュアップ。

バイクのキャラクターを左右するエンジン仕様も熟成し、アグレッシブなデザインに「扱いやすさ」を融合していることが象徴的です。

新型CBR650Rを知るうえで押さえておきたいポイントをカテゴリー別にチェックしてみましょう。

エンジン


cbr650r-2019-3

ピストンヘッドの形状を最適化し、新たにイリジウムプラグを標準装備しました。

それに合わせて、エンジンフィーリングを高回転向上のためにブラッシュアップしています。


cbr650r-2019-4

ツインラムエアダクトを採用し、さらに新型エアクリーナーを吸気系にセット。アクセルワークのツキの良さが「扱いやすさ」を演出する重要な一部に。

軽いクラッチワークとバックトルクをコントロールするアシストアンドスリッパークラッチ。走行中のエンジン回転数に最適なトルクを発揮するHSTC。

CBR1000にも採用している最先端の電子制御技術を惜しみなく投入していることも注目ポイントの1つですね。

フレーム・足回り


cbr650r-2019-5

新たに高い剛性と軽量化を実現した新フレームを採用しました。

フロントフォークにはハイスペックな倒立フォークをセット。リヤサスペンションとの組み合わせはCBR650Fよりもスポーティーでクッション性の高い仕様になりました。


cbr650r-2019-6

ハイスペックなスポーツバイクの代名詞ともなったラジアルマウントブレーキキャリパー。さらに高性能ABSをセットしています。

ハイセンスな5本スポークホイールもアグレッシブなデザインに一役買っていますね。

デザイン


cbr650r-2019-7

まず目を引くのが切れ長で低くセットされたLEDヘッドライト。ミドルクラスバイクには見えないコンパクトでレーシーなデザインにまとまっています。

急ブレーキ時には、ハザードランプが高速点滅する安全機能も装備。この機能は高速道路でかなり重宝しそうですね。


cbr650r-2019-8

コクピットには、コンパクトで高性能なフルデジタルメーターを採用しました。

加熱する600ccクラスの覇権争いの台風の目になりそうな、高性能でハイスペックな仕様に仕上がっています。

2019年 新型 CBR650Rのカラーリング


グランプリレッド


cbr650r-2019-9

マットバリスティックブラックメタリック


cbr650r-2019-10

2019年 新型 CBR650Rのスペック


cbr650r-2019-11
全長×全幅×全高2130×750mm×1150mm
車両重量207kg
ホイールベース1450mm
シート高810mm
エンジンの種類DOHC水冷直列4気筒エンジン
排気量648cc
最高出力95ps
最大トルク6.5kgf
燃料タンク容量15L
燃費性能31.5km/L

2019年 新型 CBR650Rのインプレ


cbr650r-2019-12

CBR650Fのエンジンをベースに、エンジンパーツをブラッシュアップした新型CBR650Rは中間トルクが太くなることで扱いやすい特性になっています。

直列4気筒エンジンを搭載した600ccクラスの特性は、どうしても中間トルクが薄くなりがちでした。

このネガな一面をエンジンや休憩のリファインで補うことで、クラッチワークにシビアになる必要がないでしょう。

さらにフレームやスイングーアーム、倒立フォークなどの組み合わせによりサーキットやワインディングなどのスポーツ走行を積極的に楽しめるようになりました。


cbr650r-2019-13

高速域でのコントロール性能とハンドリングの向上により、CBR650Fよりも安全にアグレッシブな走りを堪能することができます。

ステップ位置は後方に下がり、ハンドル位置を下げたことでスポーティーなライディングポジションになりました。

CBR1000のスポーツアイデンティティを踏襲しながあら、ツーリングシーンにおいても安全面を確保している万能なバイクと言えそうですね。

2019年 新型 CBR650Rの発売日と新車価格


cbr650r-2019-14

発売日:2019年3月15日

新車価格

マットバリスティックブラックメタリック:1,036,800円
グランプリレッド:1,069,200円

2019年 新型 CBR650Rの関連動画



まとめ


新たにスポーツバイクのカテゴリーに加わった新型CBR650R。

ホンダらしい妥協のないハイスペックな仕様は、スポーツとツーリングのどちらも楽しみたいライダーにフィットする最高のバイクでしょう。

2019年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク 2019年モデル

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2019年4月21日

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA