インディアン FTR1200/FTR1200S スペックインプレ 発売日(予約)や価格

FTR1200-1

かねてからカスタムコンセプトモデルが公開されていたインディアンのFTR1200。正式に発売が決定し、すでに生産がスタートしていてFTR1200の全貌が明らかになりつつあります。

今回はFTR1200の気になるスペックや仕様の情報を中心に、国内販売や価格の情報などを合わせて紹介いたします。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


インディアン FTR1200/FTR1200Sの仕様


FTR1200-2
引用元:https://www.indianmotorcycle.com/en-us/flat-track-race/ftr1200/



カスタムコンセプトモデルとしては先行公開されていたFTR1200ですが、製品版FTR1200はコンセプトモデル通りフラットトラックレーサーそのものです。

インディアン伝統の1203ccのV型エンジンを美しいフォルムのトレリスフレームに搭載。大柄な車体サイズを感じさせないコンパクトな仕上がりに。

トラッカースタイルのバイクと言えば、国内では250ccクラスの小排気量をイメージしますが、インディアンが提案するFTR1200は、これまでのバイクの概念を大きく変えるコンセプトが印象的です。


FTR1200-3

ワークスレーサーを彷彿とさせるFTR1200のエンジンは、水冷V型エンジン。クルーザーのイメージが強いインディアンとは相反する、パワフルなエンジン性能がポイントの一つでしょう。

スタイリッシュなLEDヘッドライトとテールライトを採用し、現代的な要素もしっかり組み込んでいます。

エンジンを支える足回りには、43mmの高性能な倒立フロントフォークをはじめ、ブレンボ製ラジアルマウントキャリパーが優れたクッション性と制動力を発揮します。


FTR1200-4

上級グレードのFTR1200Sには、サブタンク付リヤサスペンション・IMUの採用など、スポーツ性能がさらにアップした仕様に。

IMUの搭載により、コーナリングABSが安全性能を向上させているメリットも。これはスポーツ走行時だけでなくツーリングシーンにおいても大きなメリットとなるでしょう。

また上級グレードのSには、フルカラーTFTメーターを標準装備。スマートフォンとの連携を可能とし、視認性が優れた高級感あふれる仕上がりになっています。


FTR1200-5
引用元:https://www.autoby.jp/_ct/17210411



また高速道路などで重宝するクルーズコントロールを採用するなど、ツーリング性能の高さを象徴するパーツも魅力的ですね。

トラックレーサーを象徴するタイヤは、ダンロップのDT3Rを専用設計し標準装備しています。ダンロップの名作K180を彷彿とさせていますが、圧倒的なエンジンパワーに対応した仕様に。

その他にも走行シーンに応じて最適なエンジンパワーを出力することが可能なエンジンパワー切り替えモードを3段階用意。

無骨なスタイルからは想像できないほど、スーパースポーツバイクレベルの電子制御パーツと機能パーツで構成されたモンスタートラックレーサーに仕上がっています。

インディアン FTR1200/FTR1200Sのスペック


FTR1200-6

全長×全幅×全高2287mm
車両重量222kg
ホイールベース1524mm
シート高805mm
エンジンの種類DOHC水冷V型2気筒エンジン
排気量1203cc
最高出力120HP
最大トルク115Nm
燃料タンク容量13L

インターモト2018で公開されたばかりのFTR1200のスペックです。

ダートレーサーながら120HPものモンスターパワーを発揮し、搭載するエンジンの割には軽量な車体設計が特徴的ですね。

日本国内仕様が同じスペックで登場するかはアナウンスされていませんが、同じレベルのスペックで登場すると期待して良いでしょう。

インディアン FTR1200/FTR1200Sのインプレ


FTR1200-7

インディアンが初公開したFTR1200は、ダートレースを想定して製作したトラッカーモデル。

さきほどの仕様からもわかるように、その内容はスーパースポーツバイクのように繊細な電子制御部品とモンスターエンジンで構成されています。

そのため高速道路を速い速度域で巡航することを得意とし、ワインディングなども軽快な走行性能を堪能することができるでしょう。

この辺りは、スポーツモデルやネイキッドモデルのようなイメージがあると良いかもしれません。

FTR1200が本領を発揮するのは、やはりフラットダートです。

120HPものモンスターパワーを発揮することから、フラットダートで使いこなすにはかなりのスキルが必要になるでしょう。

しかしバイクのキャラクターを知って乗りこなせるようになれば、レースからストリート・ツーリングなど幅広いバイクライフを満喫することができます。

FTR1200のカラーリング


サンダーブラック


FTR1200-8

ベースグレードとなるFTR1200は、アウターチューブがブラックアウトされています。

それに合わせてボディも全てブラックアウトした渋い仕上がりになっていますね。

FTR1200Sのカラーリング


レーサーレプリカ


FTR1200-9

インディアンレッド・オーバースティールグレー


FTR1200-10

チタニウムメタリック・オーバーサンダーブラックパール


FTR1200-11

上級グレードとなるFTR1200Sは、アウターチューブがゴールドにアルマイトされています。

カラーバリエーションも3色展開していて、インディアンらしいポップなカラーを選ぶこともできます。

国内仕様のカラーリングも未発表のままですが、グレードと同じくカラーバリエーションも同じ展開になりそうです。

インディアン FTR1200/FTR1200Sの発売日


FTR1200-12

発売日:未定

日本国内販売はおろか、北米や欧州での発売日も明らかにされていません。

2018年10月のインターモト2018で公開されたばかりのFTR1200。すでに市販車レベルの造り込みがしてあることから、国内では2018年末から2019年2月ころが発売日になるのではないでしょうか。

年末にかけて国内インディアンディーラーの情報をチェックしたいところです。

インディアン FTR1200/FTR1200Sの価格


FTR1200-14

新車価格:未定

新車価格についても正式な情報はリリースされていません。

ストリートシーンにもフィットするスタイルですが、スペックや仕様からしても高級路線をいくバイクであることは間違いありません。

200万円を超える価格帯になることは間違いないでしょうが、インディアンファンからすればお買い得感すら感じる設定になるかもしれませんね。

インディアン FTR1200/FTR1200Sのカスタムコンセプト


FTR1200-13

もとはカスタムコンセプトモデルとして登場したFTR1200。トラックレーサーらしいアップマフラーとゼッケンプレートがワイルドで走行性能の高さを象徴しています。

数は少ないでしょうが、FTR1200にフィットするカスタムパーツは国内でも手に入るようになるでしょう。

インディアンのバイクをカスタムして、ストリートシーンでも軽快に乗りこなせたらカッコイイでしょうね。

インディアン FTR1200/FTR1200Sの関連動画




まとめ


少しずつではありますが、全貌が明らかになりつつあるFTR1200。

インディアンらしい仕上がりの高さとセンス溢れるデザインは日本国内のバイク業界に革命を起こすことになりそうです。

今後は日本国内販売に関する正式な情報がリリースされるでしょう。インディアンの今後の動向にも注目していきたいですね。

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.11.18

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA