YAMAHA トリッカー(TRICKER)2019年新型 スペックインプレ 発売日・価格 燃費やツーリング性能

tricker-2019-1

2017年の生産終了から間もなく、ヤマハから新型トリッカーとして新たに国内販売することが正式に決定しました。

同社のセローと同じく幅広い層から支持を得ていたトリッカーは、2019年モデルでどのような進化を遂げているのでしょうか。

今回は新型トリッカーの注目すべき仕様から発売情報を中心に、燃費性能やツーリング性能などの情報を合わせてご紹介します。

これから中型排気量のバイクを検討している方は、是非とも参考にしてみてくださいね。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


2019年 新型 トリッカーの仕様


tricker-2019-2
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tricker/index.html


新たに進化したエンジン


tricker-2019-3

新型トリッカーには第3世代環境規制をクリアすべく、新たにプログラムが組まれたFIを採用。さらにキャニスターを配置することで厳しい発揮ガス規制をクリアしています。

驚きなのは、走行性能に大きく関わる最高出力が2PSアップしたこと。クリーンなエンジンを実現しながらエンジンパフォーマンスを向上できたのは、ヤマハの開発能力の高さが伺えます。

さらに最高トルクや燃費性能も飛躍的に向上しているから驚きです。車体重量こそ2kg増加していますが、そのネガな一面はパワーアップしたエンジン性能が難なくカバーするでしょう。

先代から変わらない伝統のデザイン


tricker-2019-4

先行発売された新型セローは、新型化にともなりエクステリアのデザインを一部変更しました。

一方で今回発表された新型トリッカーは、従来の伝統的なデザインを踏襲しました。変化を求めるライダーには物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、これまでのトリッカー人気を支えていたのは親しみやすいエンジン性能と車体サイズ、なにより愛くるしいデザインです。

そのデザインが踏襲されたことで、従来のファンには安堵が生まれ、新規ユーザーにはクラシカルなデザインに新鮮味すら感じるのではないでしょうか。

2019年 新型 トリッカーのカラーリング


ディープオレンジメタリック


tricker-2019-5

マットブラック


tricker-2019-6

2019年モデルには上記の2色がラインナップしました。

初代トリッカーを彷彿とさせるポップなカラーは健在といったところ。遊び心のあるエクステリアのデザインには、ストリートシーンに映えるポップな仕様がフィットしますね。

リムのカラーもそれぞれ個性があって、オレンジにはオレンジにアルマイトしたリムを採用。ブラックにはシンプルなシルバーを採用することで、カラーリングにマッチした仕上がりの高さを感じます。

2019年 新型 トリッカーのスペック


tricker-2019-7
全長×全幅×全高1980mm×800mm×1145mm
車両重量127kg
ホイールベース1330mm
シート高810mm
エンジンの種類SOHC空冷単気筒エンジン
最高出力20PS
最大トルク2.1kgf
燃費性能45.2km/L
燃料タンク容量7.0L

2019年 新型 トリッカーのインプレ


tricker-2019-8

クリーンで前年モデルよりもエンジンパワーが向上した新型トリッカー。

街乗りからツーリングまで幅広い用途で活躍できるトリッカーの燃費性能とツーリング性能についてチェックしていきましょう。

燃費性能について


tricker-2019-9

前述したように、最高出力や最大トルクがパワーアップした新型トリッカー。

ハイパワー化したのだから、それに伴って燃費性能が前年モデルよりも悪くなると予想するのが自然です。

しかし2019年モデルでは、燃費性能を前年モデルに比べて6kmkm/Lほどスペックアップしました。

車両重量も2kg増加してこの燃費性能を達成できたことは、どのライダーにとっても大きなメリットになるでしょう。

ツーリング性能について


tricker-2019-10

軽量でコンパクトな車体サイズは前年モデルから健在で、優れた足つき性はツーリングシーンにおいても絶大な安心感を感じることができます。

新型トリッカーの軽快な走行性能は、小回りを必要とする街乗りを得意としています。力強いトルク性能がさらに扱いやすさを生み出し、ビギナーライダーでも安心して扱うことができます。

この特性はツーリングシーンでも同等のパフォーマンスを発揮します。

ツーリングに必要不可欠な高速道路での走行性能は、100km/h巡行を難なくこなすことができるレベルです。スポーツバイクのような防風性能や快適性は期待できませんが、マイペースで巡行する分には十分です。

オフロードバイクですから高速走行を得意とはしませんが、新型になってさらに向上した燃費性能は、さらに優れたコスパを発揮するでしょう。

ツーリング先にあるフラットダートや林道も楽しむことができ、気軽にオフロードを楽しめる要素もトリッカーにはあります。

北海道に行くと、セローやトリッカーで長距離ツーリングやキャンプツーリングを楽しむライダーが多いことも、優れたツーリング性能を持っている証拠ですね。

2019年 新型 トリッカーの価格


tricker-2019-11

新車価格:467,640円

前年モデルと比較すると、新型トリッカーは4万円アップで落ち着きました。

最近のバイクは電子制御化が進み、ハイスペックなバイクが多くなる傾向があることから新車価格が高騰しています。

同じ250ccクラスのバイクでも、なかには70万円を超える高価なバイクも発売するようになりました。

新型トリッカーが新車価格を50万円以下に抑えてくれたことは、これからバイクライフをスタートさせたい方には朗報となるでしょう。

安いからチープなのではなく、限られた予算で必要なエンジン性能と機能を高い品質で手に入れることができるのです。

ビギナーライダーや女性ライダーには是非ともチェックしてもらいたいバイクです。

2019年 新型 トリッカーの発売日


tricker-2019-12

発売日:2018年9月20日

すでに発売を開始している新型トリッカーは、ヤマハ正規販売店であるYSPなどで実車をチェックすることができます。

購入を検討している方は、YSPであれば試乗車を用意しているケースもあります。生まれ変わった仕様を実際に乗ってチェックしてみてはいかがでしょうか。

2019年 新型 トリッカーの関連動画




まとめ


前年モデルまでの伝統的なデザインを踏襲し、エンジン仕様をブラッシュアップした新型トリッカー。

バイクライフに身軽さとタフさを求めるライダーにとっては、新型トリッカーが選択肢の一つに入るのは必然でしょう。幅広い用途とユーザーを取り込むことになるトリッカーから今後も目が離せませんね。

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2019.01.10

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA