トライアンフ Scrambler 1200 XC/XE スペックインプレ 発売日や価格

Scrumbler1200-1

トライアンフから2019年 新型モデルとなるScrumbler1200シリーズの国内販売を正式にリリースしました。

オン・オフを器用に両立できるスタイルと走行性能を兼ね揃えた仕様は、盛り上がりをみせているアドベンチャーモデルを凌駕するハイセンスな仕上がりが特徴的です。

今回の記事では、新型Scrumbler1200シリーズのスペック、発売日や価格の情報を中心に、気になるインプレ情報を交えてご紹介します。

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


Scrumbler1200 XC/XEの仕様


Scrumbler1200-2
引用元:https://news.webike.net/2018/10/25/143821/



トライアンフ伝統のパラレルツインエンジンを搭載し、ハイセンスなスクランブラースタイルにパッケージングしたScrumbler1200。

2019年モデルにはスタンダードタイプのXCと上級グレードのXEがラインナップすることが決定しています。

まずはそれぞれの特徴をチェックすることで、Scrumbler1200の魅力を掘り出してみましょう。

Scrumbler1200 XCの特徴


Scrumbler1200-3

搭載するエンジンはボンネビル1200をベースにし、Scrumbler1200専用チューニングを施したスペシャル仕様。

優れた制動力を実現するため、フロントにはブレンボ製ラジアルマウントモノブロックキャリパーを採用。リヤにもブレンボ製大口径キャリパーを組み合わせています。


Scrumbler1200-4

サスペンションはフロントにSHOWA製を採用し、リヤにはOHLINS製を組み合わせ、XCにはストローク量を200mmに設定。

Scrumbler1200-5
その他、注目のテクノロジー
  • TFTデジタルメーター
  • 5種類のライディングモード
  • トルクアシストクラッチ
  • バックライト式ハンドルスイッチ
  • ライドバイワイヤ
  • 切り替え式トラクションコントロール
  • キーレスシステム
  • クルーズコントロール
  • USB電源
  • イモビライザー
  • タイヤ空気圧モニタリングシステム
  • スマートフォン連動可能なトライアンフアプリ

Scrumbler1200 XEの特徴


Scrumbler1200-6

さきほどのXRに加え、下記の仕様が異なります
  • 同様のサスペンションを採用し、ストローク量を250mmに増加
  • スイングアームのロング化
  • アルミ製ハンドガード、ブレースの標準装備
  • IMUを活用したABSとトラクションコントロール
  • 6種類のライディングモード

Scrumbler1200 XC/XEのカラーリング


Scrumbler1200 XCのカラーリング


カーキグリーンアンドブルックランズグリーン


Scrumbler1200-7
引用元:https://www.triumphmotorcycles.jp


ジェットブラックアンドマットブラック


Scrumbler1200-8

Scrumbler1200 XEのカラーリング


コバルトブルーアンドジェントブラック


Scrumbler1200-9

フュージョンホワイトアンドブルックランズグリーン


Scrumbler1200-10

2019年モデルの新型Scrumbler1200のカラーリングは全部で4パターン。

スタンダードタイプにはハイセンスなラインがワンポイントに。ハイグレードタイプにはトライアンフらしさを感じるツートンカラーを設定。

どのカラーもスクランブラースタイルにフィットする仕上がりになっていますね。

Scrumbler1200 XC/XEのスペック


Scrumbler1200-11

Scrumbler1200 XCのスペック


全幅×全高840mm×1200mm
車両重量225kg
ホイールベース1530mm
シート高840mm
エンジンの種類水冷SOHC並列2気筒エンジン
最高出力90PS
最大トルク110Nm
燃料タンク容量16L

Scrumbler1200 XEのスペック


全幅×全高905mm×1250mm
車両重量227kg
ホイールベース1570mm
シート高870mm
エンジンの種類水冷SOHC並列2気筒エンジン
最高出力90PS
最大トルク110Nm
燃料タンク容量16L


両グレードの違いは、全高の高さが際立っていますね。

上級グレードには、前後サスペンションのストローク量を50mmアップさせた仕様になっていることが反映されたスペックになっています。

シート高に30mmの違いがあることも、グレードを選ぶ際のポイントになりそうですね。

搭載しているエンジンは、ボンネビル1200のものをベースにしています。このエンジンをさらにScrumbler1200専用チューンすることで、よりパワフルなエンジン性能を実現しました。

エンジン仕様には大きな違いはありませんが、車体サイズに違いを持たせることでオフロード性能とツーリング性能に個性を感じさせます。

Scrumbler1200 XC/XEのインプレ


Scrumbler1200-12

タフでワイルドなスクランブラースタイルで形成されているScrumbler1200は、どのグレードも高性能な電子制御パーツで構成されたバイクでしたね。

特に上級グレードのXEには、サスペンションのストローク量を50mmそれぞれアップすることで、クッション性と走破性をさらに向上させています。

フラットダートから軽い林道くらいならば、優れた走破性を活かしてタフなオフロードライドを楽しむことができるでしょう。

大排気量特有のハイパワーを扱うには、それなりのスキルが必要になります。

しかしScrumbler1200に採用されているIMUと連動したABSやトラクションコントロール、さらにはエンジンパワー切り替え機能を活かすことで優れたコントロール性能を発揮することも可能です。

Scrumbler1200のメリットはオフロードシーンだけでなく、オンロードをメインとしたツーリング性能の高さにもあります。

フロントカウルこそないものの、高速道路を利用したツーリングでも快適な走行性能を活かし、ロングツーリングも得意とするでしょう。

利便性の高さを発揮するのは、標準装備しているUSB電源やスマートフォン連動のナビゲーション・音楽などでしょう。

さらにはブルートゥースとGo Proを連動させて、コントロールすることも可能となり、バイクライフの楽しさが広がります。

いずれのタイプもオン・オフともに幅広く楽しむことができますが、XCがオンロードよりの仕様となっていて、XEがロングストロークを活かしたオフロード性能の高さを発揮しています。

オフロードシーンにも積極的に使用したい方には、XEがおすすめです。

Scrumbler1200 XC/XEのインスピレーションキット


Scrumbler1200-13

発表されたばかりの新型Scrumbler1200には、XC・XEそれぞれに80種類ものカスタムオプションパーツが設定されています。

ハンドガードやアンダーガード、エンジンガードなどのタフなデザインを採用したガード類をはじめ、アロー製カスタムマフラーなどのチューニングパーツまで網羅しています。


Scrumbler1200-14

さらにタフなデザインにフィットするリヤキャリアやサイドバッグなどのツーリング性能を向上させるオプションパーツもラインナップ。

ライダーの用途や好み、予算に合わせて愛車をカスタマイズすることが可能です。

純正オプションとしてラインナップしているので、製品の完成度が高いことは大きなメリットになるでしょう。

Scrumbler1200 XC/XEの価格


Scrumbler1200-15

新車価格:150~170万円(予想)

トライアンフジャパンでの取り扱いが決定していますが、新車価格に関する情報はリリースされていません。

現段階でわかる情報から、150万円から170万円ほどの価格帯になると想定できます。

ライバルとなるのは国内外のアドベンチャーモデル。価格帯で比較してみても少し手頃に感じることができそうですね。

Scrumbler1200 XC/XEの発売日


Scrumbler1200-16

発売日:2018年12月14日

12月中旬より順次、トライアンフ取扱店にて販売を開始します。

販売店をはじめ、国内の二輪イベントでは新型Scrumbler1200を試乗できるチャンスもありそうです。

国内の正規販売店では、すでに事前予約受付を開始しているケースもあります。

Scrumbler1200 XC/XEの関連動画




まとめ


タフなモデルが人気の大型カテゴリーに新たな旋風を吹かせることになる新型Scrumbler1200。

どちらもタイプもシチュエーションに応じたスペックを発揮し、ベテランライダーを唸らせるデザインと走行性能を発揮するでしょう。

2019年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク 2019年モデル

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2019年4月21日

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA