X-MAX250 2017 日本発売や価格は?スペックや最高速インプレッション

X-MAX250

インドネシアで先行発売されているX-MAX250がいま、国内でも注目を集めています。MAXシリーズの称号を得た250ccクラスのビッグスクーターは、インドネシアでも人気を得ています。

今回は、国内販売の噂(発売日・価格)やスペックや仕様・インプレッションなどを合わせてご紹介させていただきます!

2017 X-MAX250の日本発売日

X-MAX250

引用元:http://www.yamaha-motor.co.id/product/xmax

新排気ガス規制が施工される2017年、ヤマハでも多くの人気車種がラインナップから姿を消し、250ccクラスではWR250Rやセローをはじめ、ビッグスクーター人気を牽引してきたマジェスティまでもが生産終了が決まっています。

現在ヤマハのラインナップは、MTシリーズやYZF-Rシリーズ、MAXシリーズなど世界戦略車を国内でもシリーズ化して販売することで、ブランドイメージの定着化と人気に火をつけています。

この流れを受けて、マジェスティに変わるヤマハのビッグスクーターの顔として発売を期待されたのがX-MAX250です。

未だ正式な発表はされていないだけに、X-MAX250の日本国内販売の期待が高まっています!

※日本国内での発売日が2018年1月25日に決定しました!

2017 X-MAX250の日本発売はいつごろになるのか

X-MAX250

引用元:http://www.yamaha-motor.co.id/product/xmax

未だ日本発売は未発表のX-MAX250ですが、インドネシア向けとしてすでに発売されているだけあり、車輌はすでに完成しています。筆者の予想ですが、2017年のモーターサイルクショーで完成モデルとしてX-MAX250が展示される可能性が高いと思います。

すでに生産終了を発表しているモデルが多くあるなか、ラインナップも減りつつ販売するバイクの在庫もなくなっている状況のようなので、遅くとも来年の上旬には発売されると考えています。

2017 X-MAX250のカラーリングと価格

インドネシアで発売されているカラーラインナップを参考にすれば、日本仕様になっても大きく変更することはないはずですので、チェックしてみましょう。

アルティメットブロンズ

X-MAX250

レーシングイエロー

X-MAX250

マスクライングレー

X-MAX250

エレガントホワイト

X-MAX250

引用元:http://www.yamaha-motor.co.id/product/xmax

インドネシアでラインナップされているカラーリングは以上の4色になります。スポーティーなイエローやホワイト、都会的で落ち着いた雰囲気のグレーとブロンズが設定されています。

現在、インドネシアで発売されている新車価格は「55.000.000,ルピー」となっています。日本での新車価格は65万円から70万円だと考えられます。

これからご紹介する仕様やスペックなどを知るとお買い得感を感じるかもしれません!

2017 X-MAX250のスペックや仕様

X-MAX250

引用元:http://www.yamaha-motor.co.id/product/xmax

MAXシリーズの称号を踏襲したX-MAX250のスペックや仕様をチェックして、日本国内発売前に魅力を探っておきましょう!

スペックを数値でチェック

全長×全幅×全高2185mm×775mm×1465mm
車輌重量179kg
ホイールベース1540mm
シート高795mm
エンジンの種類DODC水冷単気筒 ブルーコアエンジン
最高出力16.8kW / 7000rpm
最大トルク24.3Nm / 5500rpm

表の数値はインドネシア仕様のX-MAX250の数値ですので、あくまで参考例となりますが、MAXシリーズらしくパワフルで車輌重量も軽い仕様となっているようで、高い運動性能や走行性能が期待できそうな仕様となっています!

ブルーコアエンジンを搭載した低燃費かつパワフルな特性

X-MAX250に搭載されているエンジンは「ブルーコアエンジン」で、国内で販売されているN-MAX125やN-MAX155にも採用され、好評を得ているエンジンです。

回転数に応じて、バルブの稼働数制限することで燃費の向上や耐久性向上、加速性能の向上が期待できます。また、エンジン内部パーツもブラッシュアップされ、高出力な特性となっています。

最新の電子制御技術の採用

250ccクラスのスクーターでは採用されることが珍しいトラクションコントロールを採用しています。

この機構はエンジンの回転数やさまざまなセンサーから信号を拾ってシチュエーションに応じて路面に的確なトラクションをかけることができます。

運動性能の高いX-MAX250の走りを安全面と走行面からサポートすることで、ライダーの意図する走りを容易に実現しています。

また、マジェスティと同様にスマートキーシステムを採用しました。これは、キータイプの鍵ではなく、キーレスタイプとすることで、煩わしいキー操作を省いています。

スポーツスクーターと呼ぶにふさわしい足回り

250ccクラスのスクーターでは、主にインナーチューブが短くストローク量の少ないフロントフォークを採用しています。

しかし、X-MAX250ではスポーツバイクと同様にストローク量を十分に稼いぐタイプのフロントフォークを採用することで、走行性能を大幅に向上させています。

また、ブレーキ周りにはフロントダブルディスクとABSの組み合わせにより、強力な制動力とどんなシチュエーションでもブレーキングに集中できる仕様となっています。

都会的でスポーティーなエクステリア

MAXシリーズらしいエッジの効いたスポーティーなデザインに採用される灯火類をLEDとすることで、都会的で高級感のある仕上がりとなっています。

また、シート下のスペースにはフルフェイスが2つ収まり、ツーリングや通勤などでも活躍が期待できる収納力を誇っています。

2017 X-MAX250のインプレ動画から最高速を確認

X-MAX250

引用元:http://www.yamaha-motor.co.id/product/xmax

X-MAX250の最高速にチャレンジした動画から最高速性能を確認しましょう。

海外の動画になりますが、高速道路の下りを利用して155km/hを記録していました!

平坦な道では速度が若干落ちる可能性がありますが、250ccクラスのスクーターでは十分な最高速性能と言えそうです。

これだけのキャパシティがあれば、ロングツーリングなどで高速道路を巡行する際も余裕のある回転数を使って走行することができそうですね!

2017 X-MAX250のインプレ動画から走行性能を確認

X-MAX250

引用元:http://www.yamaha-motor.co.id/product/xmax

スペックや仕様から運動性能の高さを感じさせましたが、実際に走行している動画を参考にして、走行性能を確認してみましょう!

さきほどの最高速をチェックする動画同様、海外の動画で混雑した道をヒラヒラと走行する動画となっています。

ビッグスクーターといえば重く運動性能は優れたイメージがありませんが、低中速域での動きが軽快で都会的な走りは快適にこなしています。

中高速域での走行性能も気になるところですが、さきほどの最高速動画からX-MAX250が持つ走行性能の高さを確認することもできました。

2017 X-MAX250はどこで購入すれば良いのか

X-MAX250

引用元:http://www.yamaha-motor.co.id/product/xmax

現在、X-MAX250を販売しているショップがあります。そのショップは並行輸入で独自に輸入されたもののようで、誰よりも早く購入したい方にはおすすめですが、保証の面や部品調達の確認をする必要があります。

日本国内販売が正式に決定した場合、YSPをはじめとするヤマハ正規販売店での購入が最も早く納車され、安心して購入できるのでおすすめとなります。

まとめ

X-MAX250

引用元:http://www.yamaha-motor.co.id/product/xmax

今回は日本発売が噂されているX-MAX250をご紹介しました!

MAXシリーズの期待を裏切らないスペックと仕様は、早期の国内販売を期待を大きくするものでした!

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

X-MAX250

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA