CRF150F 2017 スペック・キャブレター 公道仕様は?

CRF150F 2017

モトクロスのエントリーバイクとして北米を中心に人気を得ているCRF150Fが2017年モデルとしてリリースされました。

今回は、CRF150Fに関するスペック(キャブレター)や仕様、公道仕様についてまとめてご紹介したいと思います。


2017 CRF150Fのスペックや仕様


CRF150F 2017
引用元:http://powersports.honda.com/2017/crf150f.aspx



エントリーライダーでもモトクロスを気兼ねなく楽しめる仕様として人気のあるCRF150Fに搭載されているエンジンは、SOHC空冷2バルブ単気筒エンジンを搭載した、扱いやすさを重視したエンジン特性となっています。

エンジン始動方式をセルスターター仕様とすることで、お子様でもスイッチ一つで始動でき、走行中に疲労困憊のなかキックを蹴る必要もなくなりました。

サスペンションには、クッション性の良い前後サスペンションを採用し、さらにリヤ周りにはプロリンク式とすることで、中高速域での運動性能を大きく向上させています。

ファンバイクでありながら、本格派モトクロッサーであるCRF150Rと同様にレーシーな外装のデザインを採用し、スタンディングやシッティングを繰り返すスポーツ走行に対応したシートを採用しています。

なお、北米で販売されているCRF150Fは、キャブレター仕様となっていますが、始動性がよくアクセルレスポンスもスムーズな仕様となっています。

2017 CRF150Fの日本国内の発売や価格


CRF150F 2017
引用元:http://powersports.honda.com/2017/crf150f.aspx



現在、ホンダからCRF150Fの日本国内発売のアナウンスはされていません。日本国内でラインナップされているモトクロスカテゴリーのエントリーモデルは、CRF50FやCRF125Fがラインナップされています。

CRF50Fに関しては、小学生以下を対象としたお子様向けのエントリーモデルルなのに対し、CRF125Fはそれ以上から女性や大人を対象としたエントリーモデルとなっています。

そんななか、CRF150Fが日本国内で発売される可能性は低いですが、CRF125Fと比べると、パワフルでトルクフルな特性となっているので、国内販売されればモトクロス人口が増えるかもしれませんね!

価格については、日本国内販売された場合、33万円ほどになると考えられます。

2017 CRF150Fの公道仕様について


CRF150F 2017
引用元:http://powersports.honda.com/2017/crf150f.aspx



北米で発売されているCRF150Fは、クローズドコース走行専用のファンバイクです。そのため、灯火類を装着して陸運局で登録をすることは不可能になります。

モトクロスバイクのなかでも、扱いやすい仕様のためエンジン特性や耐久性を考えると公道でも使いたくなるところですが、排気ガス規制をクリアしていないことあり、登録は難しいです。

2017 CRF150Fのエンデューロ仕様・大人仕様


CRF150F 2017
引用元:http://powersports.honda.com/2017/crf150f.aspx



ファンバイクとして人気のCRF150Fですが、レースカテゴリーとして今最も人気のある「エンデューロレース」にCRF150Fのような扱いやすいバイクで出場するライダーが増えています。

モトクロスでは、大きなジャンプやエンデューロに比べてスピードレンジが高いこともあり、エントリーライダーには敷居が高い一面があります。

一方エンデューロでは、大きなジャンプが少なくスピード域もモトクロスに比べれば低いため、レース運営側もファンクラスなどを設定して盛り上がりをみせています。

CRF150Fでレースに出る難点は、大人には車体が少し小さく感じる点です。これは、ハンドルをアップタイプに変更したり、ハイシートを装着するなどして改善すれば、大人でも楽しめる仕様となります!

まとめ


CRF150F 2017
引用元:http://powersports.honda.com/2017/crf150f.aspx



今回は北米で発売が開始された2017年CRF150Fをご紹介しました。このような扱いやすいファンバイクで、人目を気にせず泥まみれになってバイクを楽しみましょう!

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.11.18

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA