新型YZF-R25 2017年モデル 納車時期や値段の値下げは可能?

YZF-R25 2017

2014年のデビューイヤーから250ccクラススポーツバイクカテゴリー内の他メーカライバルたちを圧倒してきた、YZF-R25は2017年にマイナーチェンジをして新たに発売されました。

250ccクラスのスポーツカテゴリーで求められる要素は、フルカウルモデルながら、エントリーモデルとして初心者の方から女性の方まで難なく跨がれる足つき性と軽快に取り扱うことのできる要素が挙げられます。

次に、エントリーモデルとなれば、低速域での扱いやすさが重要視されており、それにはトルクフルなエンジンが必要とされています。

他メーカーのライバルたちは、これらの条件をクリアし、カワサキのninja250やホンダのcbr250rを筆頭に現在のブームを作り上げてきました。これらのライバル達は、扱いやすさを重視した結果、最高出力が低く設定され、軽快ながらスポーツ走行には不満がでるユーザーが多数出ました。

YZF-R 25には、最高出力36PSと、発売当時はクラスダントツのピークパワーと軽快な走行性能が相まって、街乗りでも快適に乗ることができる軽快さとサーキット走行でも存分に楽しめる走行性能を両立することに成功しました。

そんなYZF-R25は、マイナーチェンジとして熟成されたユニットを使用し、カラーチェンジをしました。

今回は、2017年新型YZF-R25のカラーリングや車両価格、納車時期や値下げの情報を合わせてご紹介させていただきます!

新車・中古車の購入金額を安くする方法

これから新車や中古車を購入される方のために、バイクの購入金額を大幅に安くすることができる"6つの方法"をまとめています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!


新型YZF-R25 2017年モデルのカラーラインナップや車両価格


ディープパープリッシュブルーメタリックC


YZF-R25 2017
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/yzf-r25/


マットブラック2


YZF-R25 2017

ホワイトメタリック6


YZF-R25 2017
新型YZF-R25 2017年モデルのカラーラインナップは、3色展開のカラーラインナップとなっています。

価格:
YZF-R25 ABS ¥599,400
YZF-R25 ¥556,200

仕様は前年同様、ABSの有無を選択できるようになっています。

人気色はmoto GPや全日本ロードレースなどで活躍しているマシンカラーを彷彿とさせるブルーが人気のようで、続いてブラック、ホワイトとなっています。

新型YZF-R25 2017年モデルの現在の納車時期


YZF-R25 2017
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/yzf-r25/index.html


新型YZF-R25 2017年モデルの納車時期は、販売店に在庫がある場合とそうでない場合で日数に違いが出てきます。

販売店に在庫がある場合は、納車整備と登録手続きで1週間から2週間ほどで納車されることがほとんどです。

販売店に在庫がない場合、メーカー取り寄せからスタートしますが、現在だと販売店への入荷にそれほど時間はかからないようで、入荷してからの納車整備と登録手続きで3週間から4週間ほどで納車されるようです!

購入手続きが終わったら今すぐにでも手元に欲しくなるところですが、少し我慢して納車を心待ちにしましょう!

新型YZF-R25 2017年モデルの車両価格が値下げされるという噂


YZF-R25 2017
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/yzf-r25/index.html



2017年モデルのYZF-R25が値下げされるかもしれないという噂が流れ始めた理由には、マイナーチェンジされた新型YZF-R25が新排気ガス規制 (平成28年)に対応させなかったことが挙げられます。

これにより、来年以降はYZF-R25の生産をしないか、フルモデルチェンジするのかの選択になりますが、現在の250ccクラススポーツクラスの人気と、YZF-R25自体にも人気があるなか、このまま生産終了させることは考えにくく、フルモデルチェンジするのではないかと予想しております!

おそらく、新型CBR250RRのスペックを追従する形で、新型YZF-R1やYZF-R6の形状を踏襲したデザインのハイスペック仕様として、2018年にはリリースされるのではないかと!

かなり願望が込められた意見ですが、2018年のモーターサイクルショーで出展されたらかなりの話題となりそうです!

少し話は外れましたが、仮にフルモデルチェンジした250ccクラスのバイクが発表された場合、2017年新型YZF-R25を販売店が独自の値下げをするのではないかと、予想しております!

これは、販売店の在庫状況やメーカー在庫に左右されると思いますが、もしこれが実現すれば、2017年モデルの新型YZF-R25が欲しい方には朗報となりますね!

新型YZF-R25 2017年モデルの値下げは可能なのか


YZF-R25 2017
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/yzf-r25/index.html



2017年新型YZF-R25を今すぐ欲しい方には、販売店が提示している値段よりも安く購入できたら、その浮いたお金でカスタムやツーリングを楽しむことができますね!

販売店に値下げをお願いするときは、販売店との関係が悪化しないよう信頼関係を構築した上で、交渉に臨むことがベストだと思います。

例えば、購入する販売店が決まったら、何度か販売店に足を運び社長さんや店員さんに顔を覚えてもらうことが重要で、そこから購入時に乗っているバイクがあれば下取りに出すなどして、購入時にカスタムなどをお願いすることで総額を安くしてもらうことができそうです!

安く購入することも大事ですが、販売店と信頼関係を築くことで走行会やツーリングのイベントに参加できたり、バイク関連のことを教えてくれるメリットもあります!

新型YZF-R25 2017年モデルはどこで買えば良いのか


YZF-R25 2017
引用元:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/yzf-r25/index.html


新型YZF-R25 2017年モデルは、全国各地にあるヤマハ専門店YSPで購入するか、ヤマハのスポーツバイクを取り扱っている販売店で購入するような選択肢になるかと思います。

YSPではヤマハ専門店独自の保証や特典が多くある傾向がありますが、価格帯は定価に近い傾向があります。

ヤマハのスポーツバイクを取り扱う販売店では、規模が小さい販売店であればより親密な関係を築ける可能性が高くなり、それにより様々な場面で融通を利かせてくれることもあり、価格帯も安く設定されていることが多くあります!

どちらで購入しても素晴らしいバイクライフを送れることは間違いないのですが、こういった傾向があることを踏まえて販売店に行くと、バイク選びも一層楽しくなるかもしれません!

まとめ


新型YZF-R25 2017年モデルのカラーリングや価格、納車時期などを中心にご紹介させていただきました!

2017年モデルをはじめ、来年のヤマハの動向にも注目していきましょう!

2019年・2018年モデル 新型バイクまとめ

新型バイク最速情報 2019年モデルまとめ ネイキッド・スクーターetc

2018.10.17

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.09.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

業界No.1規模の業者で豊富な買い取りデータや販売経路を持っていることから買取価格が期待できます!

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる




一つの買取業者だけでは買い取り額が安くなりそうで不安という方…。

複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービスならコチラ! ⇒ バイク比較.com





メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA