Z900RS CAFE 価格や日本発売日 予約状況 スペックインプレ

Z900RS CAFE

2017年に開催された東京モーターショーで公開されたばかりのZ900RSは、バイクファンの期待を超える仕上がりで登場したことで大きな話題となりました。

さらにカワサキの勢いを象徴するかのように、ミラノショーではZ900RSの派生モデルとなるZ900RS CAFEが発表されました。

カワサキの伝統的なネイキッドスタイルを継承するZ900RS CAFEは、2018年のバイクシーンを最も盛り上げる存在となりそうです。

Z900RS CAFEの日本での発売日や価格、予約状況、スペックやインプレを紹介しています。


Z900RS CAFEの日本発売日


Z900RS CAFE
引用元:http://kininarubikenews.com/archives/11435



カフェレーサーライクなデザインのZ900RS CAFEは、欧州から先行して発売されることが決定しています。

カワサキの正式なリリース情報によると、2018年の春頃に日本国内発売することが決定していて、3月から4月頃から販売するとのことです。

カワサキの正規販売店を中心とする店舗では、Z900RS CAFEの予約受付を開始しています。

ベース車両のZ900RS同様、爆発的な人気となることは間違いないでしょう。

最近のカワサキの傾向から、人気のニューモデルは初期ロッドが早々に完売状態となるケースが多発しているため、購入を検討している方は早めに予約を入れることをおすすめします。

Z900RS CAFEのカラーリング


Z900RS CAFE

カワサキ伝統のローソンレプリカやKR250の耐久レーサーを彷彿とさせるソリッドのクラシカルなライムグリーンがショーで発表されました。

日本国内仕様ではライムグリーンに加えて、Z900RSにもラインナップされている火の玉カラーやシンプルなブラックも発表されることが考えられます。

2017年から大型バイクのトレンドとなったノスタルジックなデザインと往年の名車をオマージュしたカラーリング。この組み合わせはベテランライダーだけではなく、バイクにカッコ良さを求める若い世代の心にも響く仕上がりとなっています。

Z900RS CAFEのスペックや装備


Z900RS CAFE
全長×全幅×全高2100mm×845mm×1190mm
車輌重量216kg
ホイールベース1470mm
シート高800mm
エンジンの種類DOHC水冷マルチエンジン
排気量948cc
最高出力111PS
最大トルク10.0kgf
燃料タンク容量17L


Z900RSと基本的なスペックに大きな変更はありません。全幅と全高がよりコンパクトな構成となり、ハーフカウルを装着している分、車輌重量が1kgしています。


Z900RS CAFE

クラシカルなカフェレーサーライクをイメージしたフロントハーフカウルを装着。さらにクラシカルなセパーレートハンドルのように低いハンドルバーがスポーティーなイメージを構成しています。


Z900RS CAFE

シングルシートカウル風の味わいのあるシートと造形美の美しいグラブバーがカワサキ伝統のネイキッドスタイルを彷彿とさせ、旧車好きも納得の演出がされています。

Z900RS CAFE

Z900RSと同じ形状のエキゾーストマフラーを採用しながらも、マットなメッキを施すことで、クラシカルなデザインに最適化されたものへ。


Z900RS CAFE

クラシカルなデザインを採用していますが、スタイリッシュなデザインのLEDヘッドライトやテールライト、ウインカーを組み合わせることで機能的な要素も盛り込まれています。

クラシカルなデザインのバイクは、利便性を犠牲にしているイメージがありますが、標準装備としてツーリング時に重宝するETCを標準装備しています。

クラシックバイクに最新のエンジンや電装系を綺麗に載せ替えてしまったかのうような美しい仕上がりとなっています。

Z900RS CAFEのインプレ


Z900RS CAFE

新作のメインフレームのトレリスフレームを採用することで、最適なしなりと剛性量を生み出しています。

さらに、カワサキのハイスペックバイクに装着されるホリゾンタルリヤバックサスペンションや倒立フロントフォークの組み合わせにより、切れ味のあるコンーナリング性能を実現しています。


Z900RS CAFE

これらの基本構成は、欧州で発売されたばかりのZ900をベースとしていることがスポーツ性能の高い運動性能を発揮する要因となっています。

さらに切り替え可能なトラクションコントロール機能を搭載することで、悪天候や路面コンディションに大きく左右されることなく、安定した路面追従性を実現しています。

カワサキの「Zシリーズ」の走行性能とエンジン性能を踏襲した走りは、スポーツバイクを凌ぐ性能でライダーの五感を刺激する仕様となっています。

Z900RS CAFEの価格


Z900RS CAFE

現在、Z900RS CAFEの価格に関する正式な情報はリリースされていませんが、新車価格は130万円ほどになることが予想されます。

ベース車両となるZ900RSの標準装備を活かし、フロントカウルやシートなどの小変更で製作されていることから、妥当な価格帯と言えるのではないでしょうか。

特別グレードなどのリリース情報はないですが、カラーリングによって新車価格が左右することが考えられます。

Z900RS CAFEの最新動画




「オトコ・カワサキ」のイメージが強い同社のブランドイメージは、欧州の街並みにもフィットするスタイリッシュでスマートなブランドイメージとなりました。

Z900RS CAFEの登場は「さらにバイクが面白くなった時代」が来たときの、パイオニアとなるのではないでしょうか。

まとめ


日本国内販売が正式に決まったZ900RS CAFEは、Z1のような憧れの存在となるようなカッコイイ大人の仕上がりとなっています。世界的に愛される存在になるであろう、歴史的瞬間を楽しみに待ちましょう。

2018年新型バイクまとめ

新型・新車バイク最速情報 2018年モデル ネイキッド・スクーター

2018.02.18

中古バイクの上手な選び方

中古バイクの選び方:排気量別(原付・125・250・400cc・大型・スクーター )

2017.12.01

中古バイクの選び方:走行距離の目安(原付・125・250・400cc・大型 )

2017.11.24

新車・中古車が値引き金額から、さらに安くなる裏ワザとは?

「このバイク、予算オーバーだ…」
「値引き交渉したいけど苦手で…」
「ディーラーを回るのが面倒だ…」
「新車を最安値で手に入れたい…」
「車種を比較する時間ないな…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」


など、新車の購入を
検討しているけど悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。


家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しいバイクに手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザ
ご紹介します。

バイクを下取りに出して購入資金をゲット!


やはりこの方法が結果的に一番値引き率が高くなります。

管理人一押しの下取り業者は"バイク王"です。

詳細はコチラから確認 ⇒ バイク王で無料お試し査定してみる





複数の買取業者に一括査定を申し込める便利なサービス! ⇒ バイク比較.com


メーカーやバイクショップでの7年間の勤務を経て会得した、ほぼ確実に値下げできる交渉・大幅な値下げ方法を紹介しています。

⇒ バイクの支払い総額を値下げする6つの方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA